« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の15件の記事

2009/05/31

段ボールコンポスト経過

作成後1週間が経過しましたが、どうなっているか。

空豆の殻とバナナの皮はすっかり真っ黒け、かなりぼろぼろですが、しっかり残っています。まだ1週間だしそもそも土が足りないし、それはそうかな。
発熱してるかなと思ったけど、手をかざしてもわずかにぬくもりを感じる程度。
なんだかごてごてした固まりっぽくなっているところがたくさんあった。一部はぬかが固まっていたみたい。
においは土の匂い。腐葉土っぽいかな。掘り返したときに匂う程度。

とりあえずぬか床と同じように考えて、掘り返しておきました。やや乾燥気味に見えるけど大丈夫かなあ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/29

夜に仕事場で聞いているもの

仕事場にはでっかい窓が付いていて、夜は真っ暗になる。
春を過ぎて窓を開けられるようになると、真っ暗な遠くから、ときどき寝ぼけたような鳥の叫び声や、ミミズクの声、そして今頃の時期からはカエルの合唱が聞こえてくる。それ以外は一切の物音がしない。ヒトの活動なんかどこかに置き忘れてしまったかのような、山深い一軒家にいるような気がしてくる。

そんなところで一人書類を書いたり資料を読んだりしていると、なんだかひっそりとしたものを聞きたくなってくる。
ぽつりぽつりと遠い昔を思い起こさせるようなそんな音楽。
そんな気分の時に最近よく聞いているのがOTTAVAというインターネットラジオ局。
クラシック専門局のようなんだけど、深夜帯になると、ずーっと静かな曲を流し続けてる。それが余り邪魔にならず、気持ちに寄り添ってくれるような感じで気持ちいい。宇宙の中に残ってるのが自分一人と音楽だけというような気がしてきたりする。曲名とか全然分からないんだけど、曲名なんかどうでも良くてただ鳴ってるだけで安らぐ、そんな気分の時にずーっと一晩中流してます。

まあ要するに、仕事が追いつかなくて朝になってるってことなんだけどさ(泣)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/28

無料で役立つウェブサービスの一覧

なんか役立ちそうなので。

あなたの中で 「うわっ!こんなサービスウェブで無料公開してるの?」 「今まで、お金払ってたけど、実は無料で提供しているサイトあったんだ・・」 というように下記のよ.. - 人力検索はてな

****************
ただひたすら添削しまくっている今日この頃。
1ヶ月で赤ペン1本インクを使い切ってしまうペースって、どうよ。まもなく3本目に突入予定。
こんなにひたすら書きまくってるのは受験勉強の時以来じゃなかろうか。
まだペンだこはできてないが、腱鞘炎にならないか不安。

| コメント (0) | トラックバック (0)

段ボールコンポストを試すことにしました

この前の日曜日ですから5月24日ですかね、段ボールコンポストを始めてみました。
もともとほとんど生ゴミが出ないので小さくてもいいかなと思って、用意したのは以下の材料。
1.米ぬか(3kgぐらい)
   ニシムタに米屋さんが入っているので、そこに相談したら
   「うちの商品を買ったら分けてやる」
   と言われました(苦笑)。
   漬物用のぬかを買うのと比べてみて、結局そこでお米を買い、ぬかを分けてもらいました。
   でもまだ1kgくらいしか使っていません。
2.腐葉土(2kgの小袋)
3.ピートモス(腐葉土の2kgと同じ大きさの小袋)
4.くん炭(腐葉土の2kgと同じ大きさの小袋)

以前メモした段ボールコンポストの話では、土+米ぬか+鶏糞のバージョンと、ピートモス+くん炭のバージョンの二つがあったんですが、今回はなんか気分で両方混ぜてみることに。最近はやりのハイブリッド(車じゃないけど)です。まあ、エコだし。

大きい段ボールだと全然量が足りなくて生ゴミが埋まらないので、小さい段ボール箱でやっています。入れたゴミは、バナナの皮とそらまめの殻の2種類。かなり量が多くて半ばむき出しになっています (>_<)

土が全然足りないしはじめは微生物もあまりいないだろうしって訳で、しばらく時間がかかるだろうなあと思っていたんですが、2日後(火曜日)の夜にお茶がらを入れるために開けてみたら、表面が真っ白なカビだらけで、ゴミをひっくり返してみたら、中はずいぶん発熱していました。ちょっとびっくり。

これからどうなるか分かりませんが、家にほとんどいないし帰ったら何もしないで寝るだけなので、しばらく放置が続きそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/25

京都大学時間雇用職員組合

京大でも職場環境が悪化しているようですね…。
京都大学時間雇用職員組合

もともと文部官僚が云々ということで当局(と責任者になる先生たち)の体質には文句もいろいろあったと思うので、別に京大だったらいい職場になるという話でもないわけですけど。

とりあえずメモとして。

| コメント (0) | トラックバック (0)

[メモ]北朝鮮の核実験

本日北朝鮮が地下核実験を行ったとのこと。2006年に次ぐ2回目だそうです。ちなみに、短距離ミサイルも撃ったとのことで(韓国が観測したみたい)、なんだか北朝鮮はこのところしっちゃかめっちゃかですね。

報道によれば、北朝鮮はこの以前から警告していたそう。このところニュースも新聞もまともに見ておらず、全然気づいてませんでした。

以下、毎日新聞から。
4月29日付 北朝鮮:「核実験も」 外務省声明、国連制裁「撤回なければ」 - 毎日jp(毎日新聞)

4月30日付 北朝鮮:「核実験辞さず」報道官声明 日中「織り込み済み」 - 毎日jp(毎日新聞)

それまでの経緯
・4月13日 長距離弾道ミサイル発射(人工衛星打ち上げ)に対して国連安全保障理事会が北朝鮮非難の議長声明を採択。
・4月14日 北朝鮮、6カ国協議への不参加や使用済み燃料棒再処理を宣言
・4月25日 北朝鮮、再処理開始を表明
・4月29日 北朝鮮、安保理が即時に謝罪しなければ「追加的な自衛的措置」として、2度目の核実験や大陸間弾道弾(ICBM)実験を実施すると表明。また、軽水炉原発の建設に向け、核燃料の独自生産のための技術開発を速やかに始めるとも。

4月30日の記事で見る各国の反応

・麻生首相同行筋 「北朝鮮はわざと日中首脳会談の当日にぶつけてきたのだろう。注目を集めて見返りを引き出す、いつもの『瀬戸際外交』だ」と分析
・麻生首相「北朝鮮に対し、過剰に反応することなく、抑制的に対応することが大事だ」と指摘(温首相との会談で)
・温首相「関係各国は大局的見地から冷静な態度を維持していくことが重要。6カ国協議は曲折があるが、ねばり強く困難を克服することが重要だ」

いずれも北朝鮮を6カ国協議へつなぎ止める方向を確認したのみという印象を受ける。

中国にとっても「自国の安全保障に影響する北朝鮮の核実験はミサイル発射とは異なる次元の問題」(北京外交筋)であり、核実験は容認できない。  さらに、6カ国協議再開に向けて中国が外交努力を続けている段階で、北朝鮮が核実験などに踏み切れば、6カ国協議の枠組み維持は困難になりそうだ。中国は当面、6カ国協議の重要性を強調するしか手のない状況に追い込まれている。

・韓国「全面的な挑戦」と非難
・米国「国連安保理の謝罪はない」

というわけで、誰も譲歩する兆しは見せず。

北朝鮮側の事情として、同記事では

・米本土を攻撃できる核能力保有を前面に打ち出すことでオバマ政権に圧力をかけ、早期に交渉のテーブルに着くよう促す狙い
・国内では国防委員会の権限強化(労働党よりも地位が高くなった?)に伴って強硬派の発言力が増しているとみられる
・6カ国協議への不参加や使用済み燃料棒再処理開始などをしてきたが、米国が譲らないので、危機感を高めた

点を指摘している。

というわけで、

米国の対応が遅れた場合、北朝鮮は声明を実際の行動に移す可能性が高い。(4月30日付)
と予測していたけれども、誰からも相手にされず、振り上げた以上、拳は振り下ろす他はなく、おまけに国内でも強硬論が高まっていて、「やっちまえ」となったということかな。なんか突然無茶をしたみたいに思ったけど、成り行きがあったのね。

核実験を受けて、日本政府は安保理招集を要請し、ロシアは「問題は極めて深刻」と表明したとのこと。中国はどうするのかな。30日付の記事の「北朝鮮が核実験などに踏み切れば、6カ国協議の枠組み維持は困難になりそう」という予想がどう展開するか興味深いところ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/24

[イベント]薩摩川内市に「出張!なんでも鑑定団」がやってきます

詳細はこちらから。→市制施行5周年記念事業「出張!なんでも鑑定団in薩摩川内市」

開催日(予定) 平成21年8月8日(土)開場/12:00 開演/13:00
場 所(予定) 川内文化ホール「大ホール」

「お宝」を出す人も見に行く人も、薩摩川内市の人じゃなくてもいいみたい。
ただ、どちらも申し込みが必要。

「お宝」を出したい人は:
  所定の申込書(市役所と支所で配布)+モノの写真
  締切 平成21年6月5日(金)必着

見に行きたい人は:
  往復ハガキ(1名につき1枚必要)
  締切 平成21年7月3日(金)

とのことです。「お宝」はないけど見に行くかねえ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/23

[メモ]薩摩藩の隠れ念仏

隠れ念仏 - フレッシュアイペディア

知覧にある「ミュージアム知覧」で初めて知ったこの話。

鹿児島県ではお墓参りがとても盛んで仏花の需要も大きいけれど、その源流の一つではないかという話を聞いた。
あと、川辺仏壇の技術的基盤になったとも。

廃仏毀釈の話や薩摩藩の統治体制・維新一辺倒の歴史観などもなんかいろいろ絡まり合って、鹿児島という土地の多面性を思わせてくれる。

ミュージアム知覧は、展示内容がとても考えさせられるので、隣の特攻平和会館の方が人気があるけど、こちらの方も実はかなりお薦めの施設です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/22

[メモ]これは破壊的イノベーションになるかも?

中部電力:エビセン量産機を開発 乾燥時間50分を2分に - 毎日jp(毎日新聞) (魚拓

中部電力がなぜ?とも思うが、オール電化と関係ありとのことで納得。

えびせんのことはよくわからないけど、
1.えびせんを焼く
2.たれを付ける
3.乾燥させる
という工程に分かれるみたい。
で、この装置はこのうち、たれを付けるところと乾燥させるところをやってくれるらしい。

で、この効果としては、

1.乾燥時間を劇的に短縮
  ガスや灯油を使った燃焼熱風式:50分程度
  赤外線と熱風を併用した電気式:2分に短縮。

2.エビセンの割れの発生率を激減
  ガスや灯油の方式:割れ発生率=30%。えびせんをひっくり返す工程が必要なため
  今回開発の電気式:割れ発生率=5%。ひっくり返す工程が不要。

ちゃんと考えようと思ったら、時間あたりの生産枚数とエネルギー費、維持費などを含む費用と、あと装置の価格や導入コストを考慮しないといけないけれど、これはひょっとすると、えびせん業界の競争環境を一変させてしまうほどの革新になるのではなかろうか。

今ちょっと面倒なので計算はしないけど、現在のえびせん企業のコスト構造がどうなっているかによって、集約化が起こったりするかもしれないし、逆に小企業の分散化が起こったりするかもしれない。おおざっぱに言って、市場規模と参入コストとのバランスだと思うが、しかしこの装置は1050万円だそうで、えびせん1枚がいくらか分からないけどかなり安価な装置なのではないか。するとこの高効率化と相俟って、えびせんの値段が暴落して少数寡占になったりとか?
そんなことになったら、中部電力は「地場産業の生産性向上に貢献し」とか言っているそうだけど、地場の産業構造を破壊しちゃったりして?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/18

NHKの台湾の番組を非難する人たちがお話にならないらしい

■[酷使様][ヲチ] NHKへの抗議と称したデモが予想通りヘイトスピーチで埋め尽くされてますね(dj19の日記)

まあ誰にでも意識の偏向とかフィルタリングとかはあると思うんだけど、あの番組を見て

日本が嫌いなら中国へ行け!
中共の手先!
中国の犬!
オラ!朝鮮人かコラ!
おまえら売国奴だ!
恥を知れ!人間のクズ!
よく生きてるな自殺しろ自殺!
なめてんじゃねーぞコラ!
というような感想しか持てないというのも余りに悲惨な状態だと思うんですね。余りに哀れすぎて怒りも感じないというか。いや、他山の石としなければいけません。

で、一応「左翼」的人間を自認する私としては、次のようなコメントに目が止まったわけで。

gingin1234 2009/05/17 19:34
左翼が自衛隊基地前でデモをしているのを見ていると、とても良く似ています。自衛隊員に対して、「人殺し」とか「憲法違反者」とか「お前は本当に日本人なのか」とか普通に言いますからね。

行きすぎると、右も左も人種差別に突入するようです。

うーん、自衛隊員にそういうことをいうのは良くないですね。確かに自衛隊自体は批判対象ではありますが、真っ先に消耗品として犠牲にされる隊員を罵倒するのは人民と権力とを混同する誤りとしか言いようがない。気をつけなければなりません。自戒自戒。

…というわけなんですが、どうもこのgingin1234さんの話、妙なんですよね。

そもそも、この自衛官罵倒の内容が、左翼的にぼろぼろなんですよねえ。

・自衛隊員は確かに人殺しの訓練をしていますが、実際に人殺しは(まだ)していない
・自衛隊の存在は憲法違反かもしれませんが、隊員自体が違反しているわけではない
・「お前は日本人なのか」ってのは国粋主義者の台詞で、万国の労働者と連帯し世界革命を志向するマルクス主義者の発想からはあり得ない

ってわけで、どうも違和感ありまくりなんですよ。このような罵倒は。まあ自衛隊憎しが頂点まで行っちゃってる人は「人殺し」とか言うかも知れませんが「日本人か」はどうも理解できない。本当にこんなこと言ったセクトがあったんですかね。

で、昔には何度か反戦デモや基地前でのデモとかにも参加したこともあるんですが、こんなイッちゃった罵声みたいのは聞いたことがないんですが…?
一体どういうデモのどういう場面でこんなことがあったのか知りたいものです、いやまじめな話。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2009/05/17

エアコンの「省エネ」は余り当てにならない。

エコポイントは結構だが...省エネ家電の落とし穴を最新エアコンで検証 - ライフ - 日経トレンディネット

エアコンの「省エネ」を考えるときのポイントがいくつか挙げられている。

1.「省エネ性能」はセンサーを切った状態で測定
最近の機種はセンサーで細かい運転制御をして省エネ効果を狙っているけれど、カタログ記載の「省エネ性能」は、センサーをオフにして測定しているので、センサーの効果が無視されているということ。

まあこれは、センサー付き機種はカタログ記載よりも省エネ効果が強い可能性があるというふうに考えておけばいいだろう。

2.年間電気代は1日18時間運転した場合の数値
実際の家庭では1日数時間しか運転しないのが多いので、実際に節約できる電気代はカタログ記載や店頭で宣伝されているよりもずっと少ないということ。

大体、宣伝文句は大げさになるんだから眉唾に聞いておいて間違いないわな。

この記事に出ている例だと、98年発売の機種と09年発売の機種とを比較しているのだけど、

・1日18時間使用した場合 → 節約できる電気代(差額) 1万9668円
・1日3時間使用した場合 → 節約できる電気代(差額) 3278円

というわけで、1万6千円以上も違ってくる。まあ当たり前だけど。

おまけにこの機種は14畳用だからもっと小さい部屋用だともっと節約幅は小さくなるはず。

要するに省エネとか電気代の節約とかを主眼とした買い換えは余り意味がないということになる。
エアコンの買い換えは、寿命とか機能とか移設する手間とか、そういう都合で考えた方がいいってことだね。

3.低価格モデルとの価格差が大きく差額を埋めるには15年前後かかる

「省エネ性能の高い上位モデルは、空気清浄、加湿、美肌機能などさまざまな付加機能もあるが、経済性だけから見れば得とはいい難い。低価格機と比べて電気代は安くなるが、価格差が大きいため、この差額を電気代で解消するには15年前後は必要。」

とのこと。まあそりゃそうだろうなあと思う。特別な機能が必要なければ、低価格モデルで十分だってことだ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

今回意外だったのが「風量は『弱』より『強』のほうが省エネ」ということ。

理由が今ひとつ判然としないのだが、風量が強い方が早く室内に目標温度を行き渡らせることができるということだろうか。
つまり、弱い風量で設定温度を下げる(冬期なら上げる)よりも、風量を強くすれば、その分設定温度を高めに(冬期なら低めに)できるということかなと思う。

私としては、あまり風を感じたくないので、風量は弱くしたいのだけれど、今後はちょっと考えてみたいと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

エコランと渋滞回避運転術との共通点

「渋滞学」の権威、西成活裕東大教授が伝授! 目からウロコの“究極”の渋滞回避術 - デジタル - 日経トレンディネット

ポイントをかいつまんで。

大前提:渋滞を解消する特効薬はない。

その上で、「渋滞を起こさない運転方法」について

1.車間距離を十分空けること。高速道路の場合、車間距離40m。
   車間距離を大きく取って前の車の速度低下を吸収することが眼目。

2.割り込みたいクルマはどんどん割り込んでもらい、先に行ってもらえばよい。
   速く走っても渋滞にはまっている時間が長くなるだけ。「渋滞の長さが1~2kmであれば、渋滞領域の4~5km手前から時速70kmで行けば、渋滞領域に到達する頃には渋滞がかなり小さくなっている。」
   「例えば小仏の場合、渋滞の長さが2kmくらいであれば、相模湖インターチェンジから時速70kmで走行していけば、渋滞に巻き込まれることなくノンストップで小仏トンネルを通過できます。でも、時速100kmのまま行ってしまうと、小仏トンネルあたりで時速10kmに下がってしまいます。「どちらが良いですか?」と言う話です。」
   「割り込まれても決して焦らず、じっと耐えることが重要です。「燃費が悪いな、かわいそうだな」と思っておけばいいのです。」

3.渋滞の中では、2、3台前のクルマが動き始めたら、自分もある程度、見切り発車して動き始めること。
   2、3台前のクルマを見ながら運転することで反応時間が速くなり、渋滞の先頭が解ける速さも増す。
   渋滞中の車間距離は15mが適当。割り込まれやすい距離だが我慢すること。

4.数台から10台程度がまとまって車間距離を長めに・ゆっくり走ることで、渋滞は起きなくなる。
   渋滞領域の手前5kmあたりから、時速70kmでゆっくり走ることで、渋滞は大分解消される。早く行こうとすることが、逆に渋滞を成長させてしまう。「いかに渋滞を弱めるか」ということを考えることが大事。


【豆知識】
・NEXCOの渋滞情報は、長さに関してはあまり当たらないが、時間帯に関しては誤差30分前後でほぼ当たっている。

・時速100kmで走行していたクルマの速度を70kmに制限することで、逆に後ろに渋滞を作ってしまう場合もある。

??
・「相模湖インターチェンジから小仏トンネルまでの間を、警察庁とJAFのステッカーを貼ったクルマ4台で時速70kmで走行しました。“印籠効果”のあるステッカーを貼ってあるので、一般のクルマは我々を追い越すことができません。すると時速60kmまで下がっていた速度が80kmまで回復し、交通渋滞を起こさずに済んだのです。」
時速70kmで走ってるのに、どうして時速80kmになったんだろう?

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

意外にも自分の運転パターンとよく合致していてちょっと驚き。

1.なるべく車間距離を大きく取る。
2.数台前の車の動きを見て対応する。

この2点は日常的にしていること。別に渋滞云々は関係なくて、単になるべく加速・原則を小さくしたい=ガソリン代をケチりたいというだけなんだけど。
あ、あと、同乗者の乗り心地も気にしているかな。

昔、大型トラックの運転手はとにかく信号などで止まるのを嫌がる、というのは、いったん止まると次に十分スピードが上がるまでに相当燃料を食うからだ、という話を聞いたことがあって、それ以来、なるべく慣性走行するくらいに一定ペースで走ることを心がけている。
ただ、そうするとどうしても車間距離は大きめになるし、なるべく遠くの道路状況を見て早めにじわっと速度・車間距離の調整をすることになるから、時々、後ろの車がいらいらして煽ってくることがあるのが難点。数台前の状況を見れば、煽ったって仕方がないことくらい分かると思うんだけど、それでも煽ったり無理な追い越しをかけたりしてくるからなあ。こっちが黒塗りスモークガラスのベンツとかならやらないんだろうけど、おとなしいファミリーカーだからなめてかかってくるのかもね。まあ、そういうのにはたいてい慣れてしまって勝手に煽らせてるけどね。たいがい、そういう小さいツッパリ(?)の無益さぐらいは理解する頭を持ってほしいもんです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/15

[メモ]オンラインフォトエディタ

たった1分でかっこいい写真に変身できる!Webツール :: Love & Design ::

こちらで紹介されているのが以下の二つ。

Pixenate - Edit photos online, fast and easily - No plugins required.

Phixr - Online Photo Editor

PCや回線によっては起動が重く感じられるかも。

簡略でわかりやすいレビュー
Photoshopなんてもういらない!オンラインで写真加工 厳選10ツールを使ってみた。(もちろん全部無料) | DesignWalker

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/10

段ボール箱でコンポストができるそうですね

段ボール箱で生ゴミ処理が出来るなんて本当かなと思うんですけど、「ダンボールコンポスト」でググるといろいろあるので(参照)、どうやら本当みたい。

やり方はいくつかあるみたいですが、基本は、

・段ボール箱の底を二重にするなどして丈夫にする。
・段ボール箱にピートモスとか土とかの「基材」を入れる。
・ブロックの上に乗せるなど底も通気性をよくしておく。
・雨のかからないところに置く。
・生ゴミを入れる。入れるときにはかき混ぜたりして空気を入れてやる。

ということでいいらしい。

考え方としては、
・好気性の分解が起こるようになるべく通気性をよくすること
・水が溜まらないように蒸発しやすいようにすること
がポイントみたいですが、段ボール箱は紙製でこの点都合がいいらしい。おまけに紙製なのに意外に丈夫で半年くらいは大丈夫だそう。
もっとも、このポイントを満たせば段ボール箱にこだわる必要はないわけです。段ボール箱を使うのは安価ないしタダで入手しやすく捨てるのも簡単という理由みたいで、丈夫なのがよければ、木箱なんかでもいいかも。溜まった水が垂れず、通気性を確保できるということで、ゴアテックスを内側に使えばいいんじゃないかという人もいました(参照)。

入れる生ゴミの量やペースにもよるみたいですが、40リットル容量の段ボール箱で3ヶ月から半年ぐらいは生ゴミ処理が出来るそうで、処理が終わった段ボール箱はしばらく寝かせた後に肥料として使えるそうです。

「基材」には、
・ピートモス+もみがらくん炭を使うケース(これが主流みたい?)
・土+米ぬか+鶏糞を使うケース(香嶋正忠さんの方法?後述)
・腐葉土+米ぬかを使うケース(これも香嶋さんの方法?)
・土+米ぬか+ミミズ(ミミズバージョン)
ぐらいの種類があるみたいです。(参考

あと、注意点としては、
・小ハエとダニの発生に注意する(別に発生してもいいんだけど単に不快だから)
・生ゴミ分解速度は発酵温度にかなり依存する。寒いと進みにくい。入れるゴミの種類によっても発酵熱が出やすいものがあるらしい。

というくらい。においもほとんど気にならないし、手入れもほとんど気にしなくていいみたい。

というわけで、エコなお試し好きな私としては是非やってみたいんですが、うちはほとんど生ゴミが出ないのでした…。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
ところで、この段ボールコンポストの起源についてはネットでは諸説あってよく分かりません。 このページでは「新聞に紹介された神戸市の香嶋正忠さんの発案によるダンボール箱での生ゴミ堆肥化」とあって、かなり根拠がありそうですが、これはどうも1998年のコラムらしい。一方、Wikipediaの段ボールコンポストの記事には、「屋内で堆肥化するために北海道で発祥したといわれる」ともあります。もっとも、前者のコラムを書かれた乾淑子さんは札幌の方のようで、Wikipediaの記事と重なる部分もあります。 「香嶋正忠」でググるとたくさんヒットして、段ボールコンポストの発明者とされているのが多いようです(参照)。その中で新聞記事の抜粋らしいものを見つけました。97年10月の記事のようですね。 これによると、「神戸市須磨区の元中学校教諭の香嶋正忠さんは、米ぬかと鶏糞を混ぜた土の入った段ポール箱で生ごみを肥料にする独自のリサイクル法を考えついた」とあります。(2001年度に香嶋さんの小論文があります。これは参考になります。)すると、ピートモス+もみがらくん炭を使う方法はどこから来たのかが気になります。だれかわかりませんかね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

[メモ]肥薩線沿線ガイドブック「肥薩線百年の旅」

肥薩線沿線ガイドブック「肥薩線百年の旅」を作成しました(鹿児島県総合観光サイト:ゆっくり・悠・遊 観光かごしま)

64ページもあって「大作」と言っていいのではないでしょうか。

■主な設置箇所
 姶良・伊佐地域内の各市町・各観光案内所
 鹿児島県観光連盟
 鹿児島県(観光課,かごしま遊楽館,大阪事務所,福岡事務所,各地域振興局)
 鹿児島中央駅の観光案内所 など

とのことなので、駅前とかにもらいに行こうかな。
PDFでも公開してくれているのですが、さすがに64ページもあると冊子体の方が便利ですしね。

ところでこちらの読売新聞の記事
肥薩線ガイド「百年の旅」発行、沿線の温泉地など紹介 : 九州・山口の温泉最新ニュース : 九州発 : YOMIURI ONLINE(2008年12月3日)
によると、

「2万3000部作成。A4判、カラーで16ページ」

とあるんだけど、上の観光サイトだと、「AB判64ページ構成で1万部作成」とあるんですよね。実際に表と裏表紙も含めて64ページなんですが、取材時にどこかで間違ったんですかね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »