« いいなあ…と思う話。 | トップページ | 梅シロップ »

2009/06/29

田植え体験

昨日の日曜日、棚田で田植え体験をさせてもらいました。
朝方に車を走らせること約1時間、谷間の集落に到着すると、なんと50人ほどもの参加者がいてびっくり。子供連れ、大学生、おばちゃん集団と多士済々の顔ぶれ。Tシャツに裸足の人あり、レインコートに田植え足袋の人ありと、こしらえも実に様々でした。

お天気はあいにくの雨模様でしたが、前日に買い込んだ雨合羽を着て、手植えを初体験。
はじめは息が合わなくてもたもたしましたが、徐々に慣れて苗を植える手も早くなり、三角枠を転がすタイミングも合うようになって、1時間半もすると無事終了。
ねっとりした泥の感触も楽しくて、疲れを感じる間もない感じでした。遊びに来ていた子供たちは泥だらけ。川から引いた清水を頭からかぶって即席シャワーにしてましたが全身ずぶ濡れ。寒くないんですねえ…。

手植えした田んぼは小さいのが2枚。田植機が入らないので…ということでしたが、それでも30人くらいは参加していたでしょうか。素人集団とはいえ、これだけの人手でこれだけしかできないんだなあと実感。隣のその10倍くらい広い田んぼは田植機で1時間もかからず終了。これにかかった人手は実質一人です。戦後農業の来し方を改めて考えさせられました。

田植えと並行して、すぐ脇の渓流で魚取りもしました。地区の人が前夜に仕掛けをしておいてくださったのですが、あいにくの土砂降りのせいか、数匹ハヤ(カワムツ?)がかかっていたくらいでした。

その後、地区の人たちにお昼をごちそうになったあと、近くの畑で梅ちぎり(梅狩り?)をさせてもらいました。びっくりするくらいたくさん実った梅園で、嫌と言うほど梅をちぎらせてもらいました。
案内してくださった方々は、みんな「完熟したのは使えないから青いのを持って行きなさい」というのです。梅=梅酒という方程式が完成しているんですね…。
でも、完熟した梅はほんのり桃のような香りで、本当に美味しそう。「そのまま食べたらいいよ」の言葉通り、もいだら皮をむいてそのまま口の中へ。甘酸っぱくて本当にスモモみたいです。「ジャムにしたら美味しいよ」とも言われたのも納得です。
結局、大きな袋に一杯梅をもらったのですが、一人ではとても処理しきれないので少しだけにしてもらいました。梅酒なんか漬けたことないのに、えらい宿題をもらってしまいました。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

田植え体験のあと、ついでに近くをいろいろドライブしてみました。
温泉をはしごして(こことかこことかこことか)、ガラス工芸の実演を見て、旧国鉄の線路跡をたどり、濃い霧の中、夜の峠道参考)をさまよって、途中で豪雨に遭遇したりしながら、夜中近くに帰りつきました。

久しぶりに遠出してみて改めて感じましたが、やっぱり鹿児島は奥が深いですね。食べ物はうまく、温泉などのスポットにあふれ、方々で思いがけず深い歴史に遭遇し、自然は荒々しく。いくらでも遊べますねえ。ただ時間とカネがないだけで…。

« いいなあ…と思う話。 | トップページ | 梅シロップ »

行ってきた」カテゴリの記事

農山村・漁村」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/45490523

この記事へのトラックバック一覧です: 田植え体験:

« いいなあ…と思う話。 | トップページ | 梅シロップ »