« やっと雨 | トップページ | 田植え体験 »

2009/06/24

いいなあ…と思う話。

J-CASTニュース : 50~70%引きは当たりまえ 高級ホテル「タタキ売り」状態

東京都内の高級ホテル市場が不況の直撃を受け、崩壊寸前だ。利用者をなんとか確保しようと、宿泊料金は値引き合戦が熾烈で、1泊(ツイン、食事なし)1万円を下回る料金設定も登場。どこも50~70%引きは当たり前のようになっていて、いまや「タタキ売り」状態だ。
というわけで、いろいろ挙げられている例では、

インターコンチネンタル東京ベイ(竹芝)
ツイン(食事なし、2人1室)は、4万9665円が1万2000円。

シェラトン都ホテル東京(白金)
ツイン(食事なし)の4万1370円の部屋が9800円。

セルリアンタワー東急ホテル(渋谷)
通常2人1室6万460円の部屋が1万9800円~2万300円。

ザ・リッツ・カールトン東京(六本木)
「デラックスダブル」(2人利用)が通常2人で10万1089円のところ、4万9665円。

コンラッド東京(汐留)
「ヒルトン彩発見 12月31日まで 最大45%OFF!」

帝国ホテル東京
日月限定プラン(ツイン)が一人あたり1万7000円。
1泊限定「シティナイトステイ UP GRADE」(食事なし)だと、通常料金が2人で5万5440円のところ、2万6500円で泊まれる。

ニューオータニ
通常2人で4万1980円の部屋が「カップルにオススメ! ガーデンタワーSTD」を利用すれば1万8000円。

************************
というわけで、空いてる時期はいいですなあ。

こうしたホテルを見つけるのには、

1.yoyaQ.com - 割引で泊まれるホテル予約・旅館予約サイト
2.ホテル予約・旅館予約[一休.com]

がいいそうで、まあ覚えておいてもいいのかなと。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

それから、こっちは本気で「いいなあ~」と思った話。

房総R不動産: さびしい - 物件一覧

房総半島の田舎のちょっとくせありの物件が並んでいるんですが、これらがどれもイイ!んですなあ。

房総R不動産というのは、説明によると、

房総R不動産とは、単に不動産の紹介サイトではなく、
房総でのライフスタイル、この場所の楽しみ尽くし方を表現するメディアです。

サーフィンにうってつけな外房のワイルドな海、
対岸の夜景が美しい内房の穏やかな海、
新鮮でおいしい魚介類、豊かな農作物と広い土地、
そして点在する穴場の店や、おおらかで暖かい人々。

東京からおよそ一時間半圏内に、こんなエリアがあったのです。
僕たちは房総のポテンシャルに気がつき、通っているうちに魅力に取り憑かれ、
そして土地や家を買ってしまいました。

完全に移住したわけではありません。
都心と房総を、気分や忙しさに合わせて行ったり来たりしています。
オンとオフの適度な距離感、それが心地いいのです。
スローライフのような田舎暮らしでもなく、リゾートでもない。
日常の延長線上にある都市と地方の中間領域。
今までのように「仕方なく住む郊外」ではなく、
僕らの価値観が積極的に選択する「新しい郊外」。
それが房総だったのです。

「東京R不動産」では、都心居住のための物件と可能性を発掘しました。
今度は、房総を舞台に「新しい郊外」の可能性を発見していきたいと考えています。

というわけで、これはまたかっこいいじゃありませんか。

都会に生活基盤を持つ人間が、普段着のままで田舎にしみ出していくという感じ。
仕事とかいろいろあってなかなか街を離れられないけれども、無理せず近場に宝を見つけ出すみたいな。

まあこうした商いが成り立つのは大都市東京圏があるからだとはわかっていますが、しかし地方都市でもやれないことはないんじゃないか。
鹿児島市なんか市街地は住宅価格はえらい高いんですよね。平地がないのに都市規模が無駄に大きいもんだから、他の同規模の地域に比べると高いわけです。はっきり言って神戸とかと変わらんですよ。
だけど、30分ほど車で走って山を一つか二つ越えると、どえらい過疎集落がいくらでも出現するわけです。1時間も走ると、もう房総半島なんかどんだけ都会ですかといいたくなるような土地がわんさかあるわけで。

ということは、「東京R不動産」的発想で行けば、鹿児島市内に職場があっても別に市街地に住宅を構える必要はないし、市街地に家があっても、半分別荘みたいな小屋や土地を持っていてもいいわけです。ていうか、むしろ東京とかより簡単にできるんじゃないか。

鹿児島市にありながら限界集落みたいになっているところがいくつかありますが、そういうところだって、もう宅地とするか別荘地として売り出した方がいいんじゃないか、そうしたら、ちょっとお金持ちのハイブロウ(死語?)な人たちが住みだして、集落が生まれ変わっていくのではないかと思ったりもするのです。

房総R不動産のスタッフの人たちのブログがまたいい味を出しているので、読んでみてください。
この馬場正尊さんという人の本(「新しい郊外」の家)もあるらしい。

いいなあ。いつかは田舎暮らしを夢見てがんばろう。

« やっと雨 | トップページ | 田植え体験 »

行ってみたい」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/45441398

この記事へのトラックバック一覧です: いいなあ…と思う話。:

« やっと雨 | トップページ | 田植え体験 »