« 温度計を買いました | トップページ | 通知表の読み方 »

2009/07/15

インターネットラジオ OTTAVA にお願いしたいこと

iPodなどの音楽携帯が流行っている今日この頃ですが、ウォークマン全盛の頃から、私は不思議と音楽を持ち運びたいという欲求はあまりなかったんですね。
カセット時代のウォークマンはいろんなタイプを数台持ちましたが、結局どれも長続きせず、あまり使わずに終わってしまいました。

考えてみると、私にとって、音楽をBGMにするときには、思考を邪魔されないというのがポイントになっているようです。ウォークマンやiPodは、自分が音源を持っている曲を入れるわけで、当然お気に入り中心なのですが、繰り返し聞いて馴染んでいる分、曲を追っかけてしまえるのですね。つまり思考の一部が曲を聴くことに向かってしまう。
これがときどきうっとうしくなることがあるのです。かと言って全く音楽無しだと寂しい。あたかも空気や自然界の音のように無色に近い音楽がほしいということがあるのです。特に深夜帯。

自分が知らない、予想できない音楽が、ただ流れていくというのが、自分にとってはありがたいんですね。そういうわけで、自分がよく知っている曲を寄せ集めても、どうも新鮮さがないというかつまらないというか、耳に深く入ってきて耳障りというか、今ひとつ安らげないのです。
そういう意味では、ラジオなんかはわりと好きです。自分がよく知らない音楽や話題、ニュースなどが淡々と流れ続けるのは「にぎやかし」としては最適です。以前はNHKの深夜便などを流したときもありましたが、言葉が流れてくるとこれはこれで邪魔が大きい。車を運転するときなどはいいんですが、考え事を詰めていくときには向いていない。この種の欲求に対して最適なものの一つは、USENだと思います。一切のアナウンス無しで適当なジャンルの音楽がただ流れ続けるわけです。ただ、USENは料金が高いし今の仕事場には引けません。そう考えると喫茶店に行けばいいのかもしれないけれど、音楽の趣向が合致していつでも好きなだけいられる店は全然ないわけです。

というわけで、毎晩のように流している OTTAVA の夜間放送(?)ですが、室内楽メインでほとんどアナウンスがないのが、上記の要求にとてもよく合っているのですね。ただ、毎晩のように流していると不満も多少出てくるわけで。まあCMもなしで無料で聞かせてもらっている分えらそうなことは言えないんだけど。
要望の一つは、もうちょっと曲のレパートリーを広げてもらえないかなあということ。タイトルも知らない曲がほとんどなんだけれど、それでも10回以上も繰り返して聞いていると、メロディーを覚えてしまって、無意識に曲をなぞってしまうし、少し飽きてしまう。同じ曲は二度とかけるなとはもちろん言わないけれど、数日に一度くらいのローテーションになるとうれしいかなあと。
もう一つの希望は、曲が中断されるのは止めてほしいなあということ。ぼーっと流しているだけなんだけど、メロディーが途切れると、何となく不満が残ってしまう。尻切れトンボの映画というかコース料理の前半だけ食べさせられたみたいというか。一般の番組(例えばOTTAVAリクエストみたいな)で長い曲がかけられないのは分かるんだけど、時間制約が薄い時間帯では最後までかけてくれないかなあと思うんですね。
最後の希望としては、曲名を知らせてくれないかなあということ。ストリーミング放送のタイトル表示部分とかで楽曲の情報を提供してくれないかなあと思うのですね。知らないままがいいと言いながらも、時々誰の何という曲なのかとか、誰の演奏なのかとかが気になることがあるのです。曲を買いたいと思うこともあるし。他のクラシック専門局でやっているみたいに、CDや楽曲の販売サイトと連携してもいいと思うんですが。ただ、音源を買いたいときは、mp3ではなくてCD音質で欲しいですが。

« 温度計を買いました | トップページ | 通知表の読み方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/45637436

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットラジオ OTTAVA にお願いしたいこと:

« 温度計を買いました | トップページ | 通知表の読み方 »