« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の4件の記事

2009/08/07

海水浴に行ってきた

昨日は阿久根大島まで海水浴に行ってきました。
台風の接近で屋久島は波高5メートルという予報が出ていて心配しましたが、行ってみると驚くほど波がありませんでした。海水浴場が外海に面していないし、防波堤に囲まれてもいるためでしょう。
阿久根大島海水浴場ですが、船で島に渡るのが雰囲気が出ていいです。意外に海水浴場のエリアは小さいですが、夏休みなのに思ったより人が少なくて楽しめました。お日様が照ると、海面がエメラルドグリーンに輝いてきれいでした。海水浴場の透明度はそれほどなかったけど、もっときれいな場所もたくさんありそう。
今度はどこかシュノーケリングとかできるところに行ってみたいなあ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/05

前回は花火の灰にまみれた話を書きましたが、昨日の夜は桜島の灰にまみれました。

夜、お風呂屋さんから帰ろうとすると灰がすごく降っていて、服は黒いしみがぽつぽつと、目は灰が入って痛いし、口はジョリジョリだし、大変でした。市街地なのに温泉街のような硫黄臭いにおいが立ちこめていました。
帰りの車でも、道は霧が深くて前が見えないくらいの砂埃で、吹雪を巻き上げているみたいで真っ白でした。もう大変です。風も出てきて巻き上げてしまうし、家の中もザラザラです。
このところ桜島は連日噴火していて、噴火後まもなくだと、風向き具合でこんなふうにえらいことになります。

なのに…地元テレビですら全然ニュースにもならず、今朝誰と会っても灰の話のハの字も出ません。今日は鹿児島人の強さを感じました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/04

夏到来ですね。

鹿児島は今日は34℃。
ここ数日でしたことを日記風に。(って日記だ、このブログ。)

この前の土曜日には、オロシティの花火を見ました。
花火そのものの大きさは小さいですけど、産業道路の緑地帯から打ち上げられる花火を向かい側から見るわけですから、迫力がすごい。音がうるさい。ドーンというよりバーンという破裂音。爆弾みたい?
あと、灰が降ってきます。桜島の灰じゃないけど。体中ざらざら、口の中がじゃりじゃり、時々目が痛い。きっと健康に悪いに違いない。でも面白い。
終わった後もあたりには硝煙が立ちこめて、暗い中を群衆がうろうろしていて、灰がバラバラ降っていて、なんか暴動とか戦争とかがあったみたいな雰囲気。結構面白いです。

翌日の日曜日は枕崎の花火を見ました。
川辺を経由する道は夕方所々渋滞して、ちょっと早めに行った方がいいかも。花火会場には駐車場があるはずなんだけど、看板がちょっとあるだけで案内もなく、行ってみたら満車で入れず、市内を車でさまよう羽目に。結局、離れた住宅地に路駐。かなり疲れた+気がとがめました。満車ってコトが分かればもっと早めに対処できたと思うんだけど。
オロシティの花火は6000発、枕崎は1万発とのこと。規模も花火のサイズも遙かに大きいんだけど、打ち上げの場所が港から遠くて(たぶん500m~800m先)、迫力という面ではオロシティの方が面白いかな。でもいかにも花火大会らしい花火をのんびり楽しめます。東京の花火大会だととにかく大混雑でうんざりするんだけど、こっちはみんな波止場とか適当な場所に座り込んで宴会したりしながらわいわいがやがや。花火も中休みがあったりして、まーったり過ごせます。
枕崎の花火の目玉は3尺玉で、最後に1発上がりましたが、これはめちゃくちゃでかくてびっくりしました。いや、それ以前の玉も結構大きくて迫力があったんだけど。
花火の後は「魚処まんぼう」という店でカツオ料理。これがうまかった!マグロのほほ肉とかカツオの心臓とかも美味しかったし。加えて鹿籠豚料理に焼酎もそろったのにこれは試せず残念の極み。次の宿題ができました。

同じ日曜のことですが、波止場に行って桜島を写生。絵の具をさわったのは30年ぶりくらいかな。
はじめは面倒くさかったのですが、描き始めると結構一生懸命になりますね。波の音を聞きながら桜島と向き合った数時間。絵の出来はさっぱりですが、よいレジャーになりました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/02

コンポストに豆乳を投入

しばらく放置して乾燥が進んだコンポストでしたが、昨日思い切って豆乳を1リットル入れてみました。期限切れで2年ほど経ったものです。長い間冷蔵庫の場所ふさぎになっていましたが、怖くて捨てられませんでした。今回コンポストを作ってみて、意外に多くの水を入れても平気なのがわかったので、一気に1リットル投入してみたのでした。
1リットル入れるのは初めてで、さすがにうちの小さいコンポストでは一部泥のようになりましたがなんとか段ボール自体に染みてくることはありませんでした。豆乳の大豆固形成分は約10%とのことで、1リットル入れたので固形分は100グラムくらい入れたことになります。うちの普段の生ゴミ補給量と比べると、あり得ないくらい大量の補給ということになります。

投入後半日ほどすると40℃~45℃に温度が上昇。水分補給によるものか大豆成分によるものかは分かりませんが、豆乳前の温度が室温と同じ約30℃だったことからすると結構発熱しています。
ただ…においが結構強い。大体は腐葉土っぽいにおいですが、ちょっと腐敗臭に近いむっとするようなものも感じます。盛んに水分が蒸発したものが風が入りにくい室内でよどんでいるような印象です。とりあえず発酵が一段落するまで換気扇で抜いてやることにしました。
ぬかを大量に入れたときも発酵臭はしましたが、今回はそれとはかなり違います。豆乳を入れるとこうなるのか、それとももともと痛んでいたのでこうなったのか、あるいは水分過多のせいなのかはわかりません。
いずれにしろ数日もすれば乾いてきて臭いも収まると思うので、それから米のとぎ汁とかを足すことにします。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »