« 今のコンポスト | トップページ | 茂木健一郎さんはどうしちゃったんだろう »

2009/11/06

さつま号の乗り心地というか感想というか

さつま号はもう100回以上乗っているわけですが、トロピカル号はまだ一度も乗ったことがないんですよ。だから以下ではさつま号のことだけ書きます。悪しからずご了承下さい。

で、さつま号のことですけど、「さつま号」でググると、もうたいていのことは分かっちゃうわけですよね。例えば、

・阪急バスと南国交通が交代で走ってるとか、
・バスはセレガとエアロクィーンだとか、
・休憩は夜1回早朝1回で、
   大阪発なら、夜はほとんど龍野西SAだけど時々瀬戸PA、朝は溝辺PA、
   鹿児島発なら夜は北熊本SAで、朝は三木SAだとか

はすぐ分かっちゃうわけです。なので、私が付け加えられる特に真新しいことはないわけですが、個人的な感想を少しばかりメモしたいと思います。ご参考になれば。

*******
●休憩場所について

あまりちゃんと把握してませんけど、休憩場所到着時間は、大体、
北熊本SA 21:30頃、三木SA 05:00頃
龍野西SA 22:30~23:00頃?、溝辺PA 06:30頃?
です。

上記休憩場所の様子はNEXCOのSA紹介ページで見られます。ただ、ちょっと注釈すると、
1.基本的に深夜と早朝なので、SA、PAの売店とかは満足に営業してない。
2.ラーメンとか土産の売店とかは開いているけど屋台的な名物は入手不可能。
3.停車時間は15分が普通。時々10分とか20分とか。ラーメンとか食べたいときは猛ス
ピードで食べないと間に合わない。
4.溝辺PAは何もない。トイレだけ。自販機あったかな?
5.三木SAが一番充実していると思う。けど宝塚ホテルのパンはまだ閉まっていると思う。
*******

●座席について

まず、バスの座席ですが、全部で10列、広さは、まあ普通の3列夜行バスと変わりません。もちろん狭いし、お世辞にもゆっくり寝られるとは言えません。寝台列車のベッドが天国に思えます。何でも中国の夜行バスは寝台付きのがあるそうで、日本でも実現してほしいです。
シートは南国交通がちょっと狭いかな。でもリクライニングの角度は阪急バスの方が小さくて倒しにくい印象です。南国交通のシートは倒すと腰の部分まで少し持ち上がってきます。これがいいかは好みが分かれるところでしょう。私の好みは最近のドリーム号などのシートなんですけど、残念ながらさつま号のシートは一時代前のものという感じがします。

●どこの座席がいいか

で、経験から言うと、最後尾が一番辛いです。後ろの人を気にしないでいいのはいいんですけど、
1.背もたれの倒れる角度が小さい。
2.暑い。エンジンなどの熱だと思います。寒がりの人はいいかも。
3.振動が大きくて騒音が大きい。
というのが気になります。
ただ、最後尾から2番目というのは楽かも。

あと、一番前もちょっと足下が狭いので辛い。ただ窓側なら、足を高く投げ出して寝るという方法が採れます。
それと、トイレの前のシート、3Cか4Cか5Cかそのへんですが、これもリクライニング角度が小さいので損した気になります。

で、窓側と真ん中だと、窓側がいいと思う人が多いかもしれませんが、これは微妙。というのは、
1.座席を埋める順が窓側からなので、真ん中だと意外と後ろに人がいない場合がある。
2.両側に壁がないので、意外と圧迫感がない。
3.荷物棚へのアクセスが比較的やりやすい。
という利点があるからです。
もちろん、
1.窓などを利用した休息姿勢を取れない
2.両側に人がいて気になる
3.空調の調整ができないし、ライトも使いにくい
などのデメリットもあるわけですが。

●消灯後は思い切って背もたれを倒しましょう
後ろの人は窮屈になるわけですし、事情のある人もいると思いますが、基本的には、めいっぱい倒した方がいいと思います。お互いに。圧倒的に寝やすいので。
ただ、いきなり倒すと怒ったり文句を言ったりする人が結構いますので、事前に断るのがいいと思います。夜行バスに慣れていない人、初体験の人は、自分の前の背もたれがものすごく倒れてくるので、びっくりする人がいるみたいです。

●前の席がリクライニングして座席から抜け出せないとき
肘掛けを下に倒すと脱出しやすくなります。あらかじめ肘掛けの動かし方を確認しておくといいです。

●阪急バスのシートには枕が着いている
かえって邪魔だと思うんですが。マジックテープで付けてあるだけなので、私は外して寝ています。

●アイマスクが便利
前の方の席だと、消灯後も結構まぶしいです。特に阪急バス。時計やトイレ使用中のランプなどがあるんですね。他にも結構明かりが漏れてくるので、光が気になる人はアイマスクするといいと思います。夜が明けてからまだ寝たい人にもお勧めです。

●携帯枕も結構いい
空気でふくらませて首に巻くタイプの枕も、頭をもたれさせたり腰の支えにしたりといろいろ使えます。

●毛布を腰に入れたりもできます。
空席があるときは、余った毛布をちょっと借りて使うことも。腰が辛い人はタオルやマフラー、ストールなどを巻いて挟むと結構いいです。

●音が気になる人は耳栓もいいです
mp3プレーヤーとかipodとか、ヘッドホンを付けたまま寝る人も結構いますね。

*******

●空調について

基本的に25度に設定しているようです。ただ、就寝中は多少低めにしてくれてたりするのか、体温が下がるせいなのか、ひんやり感じることがよくあります。
数年前までは暑かったり寒かったり、かなり車内では苦労したし、何度か乗務員さんに調整をお願いしたこともありましたが、最近はかなり気を遣ってくれているみたいで、安定してきました。ただ、基本的にバス後方に行くほど温度が高めになるようです。
温度調整は、暑がりの人、寒がりの人本当に様々なので、みんなが満足というのは不可能だと思います。私なんか暑がりなので、隣の人がジャケット着ているのに、Tシャツ一枚でエアコンの風を浴びていたりしますし。結局、着るものなどで対策するしかないと思います。あと、空気吹き出し口の調整でかなり状況が変わりますので、適当に変えてみるといいかも。

●車内トイレ

基本的にすごく狭いし使いにくいです。何より走行中は揺れるので大変。
手洗いがありますが、ほとんど使えないと思った方がいいです。壊れてるんじゃなくて、小さくて使いにくいのです。水がこぼれやすいし。トイレを出てからお手ふきを使った方がいいと思います。
あと、男性の方へ。立っておしっこするのは止めてほしいです。とにかく狭くて揺れているので、回りに飛び散りやすいのです。後の人がとても困ってしまうので、おしっこでも何でも座ってやってください。お願いします。m(_ _)m

●飲み物など

バス中央のトイレの手前に給湯器があってインスタントコーヒーやお茶などを自分で入れられるようになっています。
でも私はあんまり利用したことはないんです。バスって結構揺れるので、こぼすのが不安なんですね。座席にはもちろんカップホルダーが付いてますけど、カップに8分目くらいも入っていると、ちょっとした揺れでこぼれるんです。飲むときも気を遣いますし、バランスを取りながら飲むのも大変なので、あまり利用しなくなってしまいました。
紙のおしぼりがあるのですが、これは意外と使えます。
それと、一番前、1Aの席の前にクーラーがあって、そこに阪急バスならお茶パック、南国交通ならコーヒーのパックが入っています。こっちの方はストローで吸うタイプなので安心だし、たくさん用意してくれているので、皆さんよく利用していますね。

●車内のビデオなど

なんでかわからないけど、テレビを流してますね。個人的には迷惑なんだけど。せめて音声はヘッドホンのみにかぎってほしいんですけど。

南国交通のときだけだったと思いますけど、映画を上映しています。数ヶ月に1回くらいの割合だと思うけど、出し物が変わります。これは音はヘッドホンのみなので、余り気にならないと思います。
ちなみにどんなのがかかっていたかというと、私が分かる範囲で、
カンフーハッスル
県庁の星
釣りバカ日誌のシリーズからいくつか
バイカーボーイズ
ブラック・ダイヤモンド
などなど…
今はまた別のをやってますが…わかりません (>_<)
頻繁に乗ると、何度も同じのを見ることになって、興味もないのに筋を覚えてしまいます…。

●乗務員について

基本的に礼儀正しいし安全運転で問題はありません。時々、ちょっと遅すぎるんじゃないの?といいたくなるくらい丁寧な運転だと思います。
ただ…南国交通の時なんですけど、時々、車内放送が…すごく大音量の乗務員さんがいらっしゃるのですね。眠っているとものすごくびっくりします。車内放送の音量は、もう少し加減してほしいなあ。

******************************************

ながなが書きましたが、大体こんなところです。どうでもいいような情報ばかりですが、何かのお役に立てば幸いです。

« 今のコンポスト | トップページ | 茂木健一郎さんはどうしちゃったんだろう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/46685334

この記事へのトラックバック一覧です: さつま号の乗り心地というか感想というか:

« 今のコンポスト | トップページ | 茂木健一郎さんはどうしちゃったんだろう »