« 焦点が合わなくなってきた | トップページ | 相撲のすごさを再確認 »

2010/01/07

ソニーがSDカードを発売へ

ソニーがSDカードを発売へ

ソニーがSDカードを発売へ(ITmedia News) - Yahoo!ニュース

メモリースティックも続ける予定というけれど、事実上の敗北宣言。メモリースティックからの撤退も時間の問題かと。

これが引っかかったのは、もう一昨年の秋になるけれど、こういうニュースがあったから。

センター試験もエコ重視/英語プレーヤー再利用型に | 全国ニュース | 四国新聞社

2008/10/03 18:22
 大学入試センターは3日、センター試験の英語リスニングで使うICプレーヤーを、2010年から新型機に変えると発表した。環境に配慮し、使い捨て型から再利用可能なタイプにする。

 06年から導入した英語リスニングは、受験生1人1人に配布されたICプレーヤーで問題の音声を聞く方式。メンテナンスなどプレーヤーを再利用するコストが新品の価格より高くなるため、試験終了後に回収していなかった。

 新型機は改良の結果、メンテナンスのコストを抑えることができ、回収した機器を再調整、動作チェックをした上で次の年のテストで再利用する。このほかランプをより明るくしたり、本体裏面に滑り止めを付けたりするなどの工夫も施す。音声メモリーが「メモリースティック」から「SDカード」に変わるが、センターは「メーカーが変わったかどうかは回答できない」としている。

 新型機の価格は1台当たり従来より100円安い2880円を想定。(※下線部強調は引用者。)


というわけで、メーカーがソニーからパナソニックとかに変わったのかと思っていたけれど、そうでもなかったみたい。ソニーのままでSDカードに変更なら、それは大ニュースなので、そりゃ「メーカーが変わったかどうかは回答できない」わけだ。
というわけで、今年のセンター試験から、プレーヤーは持って帰れません。出題を後でチェックすることをできなくなるのが残念ですね。

« 焦点が合わなくなってきた | トップページ | 相撲のすごさを再確認 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/47228020

この記事へのトラックバック一覧です: ソニーがSDカードを発売へ:

« 焦点が合わなくなってきた | トップページ | 相撲のすごさを再確認 »