« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の18件の記事

2010/03/30

ニュースを思いつくままに

中国人実習生、未払い賃金など2700万円求め提訴 鹿児島地裁 : 南日本新聞エリアニュース

(2010 03/30 06:30)
 外国人研修・技能実習制度で枕崎市の縫製会社サツマソーイングで働いていた中国人実習生3人が29日、最低賃金を下回る賃金で長時間働かされたとして、同社と一次受け入れ機関の南日本アパレル協同組合(薩摩川内市)、国際研修協力機構(東京都)などに対し、未払い賃金と損害賠償など計約2700万円の支払いを求めて鹿児島地裁に提訴した。未払い賃金の支払いを求める外国人実習生の提訴は、鹿児島県内で初めて。
 原告は、中国安徽省出身の孫麗娟さん(32)と江蘇省出身の顧紅梅さん(31)、管衛華さん(32)。
 訴状によると、3人は中国の送り出し機関を介して2007年3月31日に来日し、1年目は研修生、2年目以降は技能実習生として紳士用シャツの縫製作業に従事。残業は平均月180時間程度で、200時間を超える月もあったが、残業代は県の最低賃金を下回る時給300~400円で計算されていた。また、パスポートや外国人登録証は取り上げられ、自由な外出はできなかったという。
 サツマソーイングは「訴状を見ていないが、送り出し機関から言われた待遇で受け入れた。弁護士に相談し、(訴訟を支援している)県労連と話し合いながら対応したい」としている。

低気温のエクスタシーbyはなゆー: 日本の大衆が「在日朝鮮人の排斥」を求めて行動を起こし始めた
・JNN世論調査で過半数が無償化の対象から朝鮮学校を外すことに賛成。


世の中在日韓国人朝鮮人を差別する人は多い。しかし3月16日に立川駅頭での「朝鮮高校排除」に反対する署名活動を取材していて驚いた。往来の人びとが積極的に署名するからだ。

朝鮮高校を無償化から排除することに反対する署名に応じているのは、若い人が圧倒的に多い。日本人の高校生などがどんどん署名していた。こんなの初めて見た。

阿久根市長:報告会に乱入 反市長派議員に「ばーか」 - 毎日jp(毎日新聞)

 開会中の3月議会に出席を拒んでいる鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)が29日夜、反市長派議員による議会報告会に“乱入”。議員らに「市政には参加させない」などと言い放ち、議員らと一時もみ合いになった。

 報告会は市長宅から数十メートルの公民館であり、反市長派議員10人と約80人の市民が参加した。市長は開始前、「反対派がうそを言うかも」と、出席理由を説明していた。

 報告会で議員から市長の出席拒否を非難する声が出ると、市長が突然マイクを握り、市職員の高給批判など自説を展開。ヤジを浴びながら約5分間話し続け、壇上の議員に「あなたたちは市政に参加させません」と言い放った。帰り際に市長が議員を「ばーか」と罵倒(ばとう)したため、もみ合いになる一幕もあった。

 竹原市長は今月4日以降、本会議と予算特別委員会の出席をすべて拒み、委員会では一部の課長に答弁拒否を命じるなど混乱が続いている。【馬場茂、福岡静哉】
2010年3月29日 23時09分(最終更新 3月29日 23時24分)

asahi.com(朝日新聞社):阿久根市長を給与未払いで告発 懲戒免職の元係長 - 社会

鹿児島地裁は同年10月、判決が確定するまで免職処分の効力停止を命令した。
 しかし、竹原市長はこれを無視。以降も職場復帰を拒み、給与も支払わなかったため元係長が提訴し、今月、鹿児島地裁は未払い分を支払うよう市に命じた。
 労働基準法では、賃金未払いの場合、30万円以下の罰金が科される。弁護団は判決直後、竹原市長が支払わないことを見越して刑事告発する考えを示していた。
 判決を受け、鹿児島地裁川内支部は遅延損害金などを含めた未払い給与約222万円について市の財産差し押さえ命令を出している。
2010年3月30日11時48分

子供手当ネタ。
中国人、韓国・朝鮮人が大嫌い、要するにアジア諸国、アフリカ諸国などへの蔑視が体に染みついていて未だに植民地主義的な名誉白人意識から抜け出せない産経新聞系の記事とそれへの反響。
お金ください! 「子ども手当て」に外国人殺到で大混乱 - 政治・社会 - ZAKZAK
( *`ハ´)「お金くれアル!」子ども手当てに外国人殺到で自治体窓口大混乱:ハムスター速報
お金ください! 「子ども手当て」に外国人殺到で大混乱 ほとんどが中国人 自治体窓口大混乱::めたぱにゅーす。

******************************
ニッポンは、今、こんな国です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/28

無駄遣い

起きたら雨でした。なので山行きは取りやめ。

すると晴れてきたので、意を決して洗車することに。実に1年ぶりです。

洗車場を探してネット検索…紫原に一つ…。と、遠い…。
でもまあ、小ドライブだと思って行くことにしましたが、洗車グッズが足りないことに気がつきました。
で、オートバックスへ。

いろいろ買って1700円ほど。思いがけない出費でしたが、これからも使えるのでよしとします。
で、洗車場に向かう途中。

ガソリンスタンドが「洗車フェア」をしているのに出くわしました。
へぇ~洗車フェアかぁ。丁寧に洗ってくれるのかなぁ。
で、ちょっと迷いましたが結局試してみることに。

尋ねると、手洗い・ワックスがけもしてくれるとのこと。
ものは試しだと思って、頼むことにしました。
30分ほどかけて、車内も清掃してくれて、最後は手で拭き上げてくれて、2625円。結構いい感じです。

何のために洗車グッズを買ったんでしょうねえ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/27

どこまで見えるかな

せっかく計算したので。

先日佐多岬から三島村の島々、竹島と硫黄島を眺めましたが、もう一つの島、黒島はわかりませんでした。
それ以来、佐多岬から見えるのかなあ…と疑問に思い続けていたわけです。

ところで、こちらのブログによると、
*********************
ところで、とうとう”伊勢湾フェリー”廃止されちゃうんだ・・・。
伊良湖から鳥羽まで、小学生のとき、利用したことあるよ。
伊勢湾って、地図だと狭く小さく見えるけど、伊良湖から
出港すると水平線ばかりで何もなく、すごく広かった思い出が
あるよ。
*********************
とあります。伊勢湾は陸が見えないぐらい広いというのです。
これで佐多岬の件を思い出して、どれくらい見えるのかを計算してみることにしました。
もちろん、高いところからだとよく見えるわけですから、立っている場所の高さは大事です。
あと、高いものほどよく見えるはずですから、向こうに見えているものの高さも大事です。

で、結論から言うと、こんな式で計算できると思います。
地球の半径:R
見ている目の高さ:h1
眺める対象の高さ:h2
とすると、
見える限界の距離 = R * ( arccos(R/(R+h1)) + arccos(R/(R+h2)) )

水平線までの距離の和になっています。
お互いが見える限界より近ければ見える、という話ですね。

で、伊良湖岬(「いらご」なんですね、始めて知りました)から鳥羽までは20kmないぐらい。片側10kmとして、10kmを水平線までの距離とする高さは約6m。フェリーは通常もっと高いので、おそらく陸の影が切れることはないはずです。おまけに小島が散在しているので、よけいに陸は見えるのではないかと。
つまり、「水平線ばかりで何もない」状態だったというのは、視程の関係で見えなかったということではないかと思います。

で、佐多岬と黒島との関係ですが、
佐多岬近辺の標高:約100m
黒島の最高峰:621m
ということで、計算すると、見える限界の距離は124kmぐらいになりました。
両者の距離は約70kmなので、十分見える範囲にあります。でもわからなかったのは、
1.方角の関係:見る方向を間違っていたか、近くの山や木の影で見えなかった
2.水蒸気などでかすみ、視程がそこまで良くなかった
のどちらかが原因なのでしょう。

実際、海上で70kmの視程ってどれくらいの条件なのか、ググってみましたがよくわかりませんでした。ただ、六甲山から紀伊半島を眺めた経験で言うと、70kmの視程ってのは相当いい条件じゃないと得られないように思います。

というわけで、佐多岬から黒島は、よく晴れていれば可能性はあるけれど、たぶんなかなか見えないんじゃないかなあ…というのが今回の結論になりました。やれやれ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

うわ気持ち悪すぎる→やっぱり…

こんなことがあったそうです。
*********************
じじいどもが首から「女性専用車両から無理やり追い出したら刑法●条に違反します」ての下げて女性専用車両に乗ってきたため車内大揉め。車両あげて本気の総ゲンカ。怒号が飛び交ってます。こんな日にICレコーダー忘れるなんて‥‥
Twitter / 近藤チマメ: じじいどもが首から「女性専用車両から無理やり追い出し ...
*********************

おお?とか思って検索したらこんな顛末に。
女性専用車両に反対する会との遭遇 - さまざまなめりっと

で、何だ?この連中は?と思って検索したらこんな人たちでした。
女性専用車両に反対する会

冒頭に
「09年3月、当会会員が出演したテレビ番組の動画のHP公開について、株式会社日本文化チャンネル桜様より許可を頂きましたので、ここで公開いたします。」
って、チャンネル桜かよ…。類は友を呼ぶって本当ですな。

主張するのはかまわないけど、やり方がえげつないし、卑劣。話にならないです。
もっとも、私は女性専用車両は「差別」とか思わないけどね。物事の片面しか見ない(見えない?)、思慮の成長がない人が時々この手のことを言うけれどね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

春爛漫

201003275_001_small
このところ夜は寒いですが昼はぽかぽか陽気。
青空に錦江湾がゆったりと広がって、海が青々。桜島がのんびりとまどろんでいるようです。
足下に目を落とすと、菜の花の黄色に桜のうす桃色、野の草花が咲き乱れて「春ですよ~」と合唱しているようです。

家の中にこもっている場合じゃない!と思うのですが、職場で地味に仕事をしています(;ω;)

明日は山でも登ってこようかな…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/25

結構すごいコンポスト

一昨日の夜にそらまめのさや、昨夜にサバのアラを入れたコンポストですが、

1.そらまめのさや:すでにあちこち黒ずんで、内側の綿のようなところはぐじゃぐじゃに。
  うわー、食われている!という印象。硬かったさやもグニャグニャになってます。

2.サバの頭の部分がぼろぼろに。たった24時間で?
  柔らかい部分は溶けて液状化してます…。

正直、ちょっと怖くなってきました。どんな菌が住んでいるのか知りませんが、すごい食欲。土は上からまぶしただけなんですよ!ぱらぱらっとまぶしただけだったのに…。そりゃ、ミミズも食われるわ…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンポスト:詰め込みすぎ

指宿はそらまめの産地として有名なんですが、この春は天候不順でさやに傷が付いたりして、農家の皆さんが困っています。
というわけで、各地のスーパーなどでは、そういう傷んだそらまめを、まとめて安価に販売していたりします。

300円から350円ぐらいで、大入り袋に詰め込んだものが売られています。

そらまめ大好き!な私としては願ってもない話なわけで。
早速買ってきて美味しくいただいたんですが、そのさやが結構な量で…

コンポストに埋めきれない!

さやはかなり丈夫なので、分解するのは大変そうです…bearing

それからしばらくして、今度は、文旦を買ってきました。今が盛りで美味しそう!南九州ならではの味、しかも安いしね。

で、文旦はご承知のように、すごく皮が厚いです。
コンポストに入れても、もう全然埋められません。そらまめのさやだけでいっぱいなのに、入るわけがない。柑橘類の皮だから、ただでさえ分解するのが大変そうなのに。
おまけに文旦は3個も買ってあります。どうしたらいいんだ…。

で、昨夜は、半額で安くなってた鯖の干物を食べました。
トースターで焼いたらきれいに焼けて美味しかったんだけど、アラの部分はコンポストに…入るわけがない。

イチゴもダイエーに行くといつも半額になってるんですが、それも2パック、次々と食べたら、ヘタが…。

もうコンポストは生ゴミの山になってます。

米ぬかをもらってきて発酵促進させようかなあとか思っていますが、米を買わないと分けてくれないんですよ。
このまま気長に待ちますかねぇ?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/23

ケータイの電池を交換しました。

ドコモショップ混みすぎ。

古い方の電池は引き取ってもらったのですが、今から思うに、もらっておけば良かったなと。
古い方も、すぐ切れるとはいえ、まだ使えたからね。

ところで、今回は携帯用充電器と電池のどっちかを選べ、ということでした。機種変更するなら充電器の方がいいよ、と言われましたが、充電器の使い勝手はどうなんでしょうか。充電器があってもフル充電できないならイヤだなあとか充電器の電池だって劣化するでしょうよ、とか思いましたが…。

ところで、今使っている機種は D902iS、2006年6月9日発売なのだそうで、3年半くらい使っていることになります。後何年使えるかなあ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

文旦でかすぎ。

鹿児島の果物売り場ではこのところどこに行っても、文旦がうずたかく積まれています。

みかんって冬のものというイメージでしたけど、文旦などは晩柑類と言って、春先に出回るそうです。
参考1.東京都中央卸売市場
参考2.晩柑類Page - JA紀南

文旦、でかいです。大きいのはボーリングの球ぐらいあります。
直径15センチぐらいのものは、ビニール袋に詰めてあって、1個100円ぐらいの値段で売られています。

ちょっと小ぶりのサワーポメロと一緒に、どかっと積んであるので、親子が並んでいるみたいに見えます。

同じ色のグレープフルーツとかは売り場の隅っこに追いやられて目立ちません。
見ても、グレープフルーツ小さっ!って感じ。

で、3個入り300円の袋を買ってきました。重いです。
車の中が、すごくいいにおい!食べる前からおなかいっぱいになりそう。
部屋に持って入っても、明らかに「文旦、おいてあるね」ってわかるくらい。これ絶対隠せないと思う。

で、早速食べました。
袋に「南国特産ぼんたん」って紙が入っていて、そこに切り方がありました。転記します。
**************************
美味しい文旦の食べ方

1.成り口を水平に切り深さ1cm十文字に表皮を切る。
2.皮を四方に開き中身を取り出す。
3.中心から四方に開き一袋ずつはなして食べる。
**************************

…なんかわかりにくいですね。要するに、
1.ヘタのところから少し下のあたりで横にすぱっと皮を切り取ります。丸いふたができるみたいな感じ。
で、実を縦に切れ目を入れて剥きやすくします。たぶん、十文字よりもっとたくさん切れ目を作った方が剥きやすいかも。
2.皮を剥いて中を取り出しますが、ふわふわの白い皮が厚く付いたまま取れるので、
3.白い皮をさらに剥き、房を開いて中の実を食べる
ということだと思います。

で、実際に食べました。
汁気が少なくて食べやすいけど、ナイフ必須ですね。味はあっさり食べやすい。
今も指が文旦の香りに染まっています。

1個を一人で食べたら、もうおなかいっぱいです。おやつのつもりだったけど、晩ご飯食べられません…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/22

ひどすぎる話

asahi.com(朝日新聞社):高校無償化法案、衆院を通過 朝鮮学校は対象外 - 政治

*******************************
 焦点の朝鮮学校については、鳩山内閣は当面は無償化の対象から外す。そのうえで教育内容を検証する第三者機関を4月中に発足させ、「日本の高校に類する教育」が行われているかどうかをふまえ判断する方針だ。ただ、国会では「国会審議をふまえ文部科学大臣の責任で判断する」との答弁にとどめている。
*******************************
遅ればせながら今更知りました。
まさか、ここまで露骨な差別を本当に制度化するとは思っていませんでした。うかつでした…。
民主党が元来排外主義的な集団だとは思っていましたが、しかし漠然とした期待はしていたのです。たとえば秘密外交の公開などは政権交代の好影響だと思っていました。
しかし、様々な力学もあるでしょうが、このところ急速に本来の右傾化傾向を表面化させつつあるように思います。

しかし、この法案への賛否はある意味難しい。
反対すると、やっと一歩進み始めた教育支援への動きに竿することになる。しかし賛成すると、朝鮮学校への差別を持ち込むことになる。
社民、国民新、公明、共産が賛成したそうです。朝鮮学校の扱いへの態度はそれぞれ異なるでしょう。

こうしたあまりにもばかげた、そして他民族への憎悪をむき出しにした政策を食い止められなかったという点で、私はとても自分を情けなく思っています。もちろん私の努力が事態を変える決定打ではないことは重々承知の上で。
自分が一員であるこの社会が、実はこんなに冷酷で、しかも破廉恥で情けない社会なのだということは、肝に銘じておきたいと思います。朝鮮学校への差別を早く止めさせるよう、声を上げていくつもりです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

究極の選択?

程度問題だとは思うけど、どっちが我慢できないかと言われると、私の場合は、眠気。活動中の空腹はかなりダメージだけど、寝られるくらい時間があるときなら腹が減ってるのは我慢できるなあ。空腹って、放っておくとそのうち慣れたりしない?でも眠いのは確実に判断力をむしばむからなあ。
だいたい、「飢え」じゃなくて「空腹」ぐらいだったら、しばらく後回しにしたってとりあえず栄養失調にはならないわけだし。ヒトという種は基本的に飢餓状態には強い動物だと思うし。
というわけで、私は眠気解消を優先します。…といって、だらだら寝る言い訳だったりして(笑)


ブログネタ: 究極の選択! 猛烈な空腹とすごい眠気、どっちを優先する?参加数拍手

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/16

意外においしそうなレシピ集

おでんを作ったらおでん盗まれた ニコニコVIP2ch

ちょっとレパートリーを増やすのによさげ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

怪談を超えてきた…何か動いた方がいいのかな

件の阿久根の市長の話。いよいよ市の口座が差し押さえされるかも(裁判所の命令に市が不服申し立てしなければ確定)という前代未聞の事態になってますが、この市長、完全に独裁者です。

市長が強権で開いたつるし上げ集会。
処分を恐れ 8人出席へ 阿久根市長の懇談会 / 西日本新聞
「駆け引きに勝つ」と竹原市長 鹿児島県阿久根市 - 47NEWS(よんななニュース)

で、実況していた人がいたそうで。
市民懇談会実況 - 本日の産経SHOWと阿久根政界NOW

M04 (synfunk) on Twitter

なんかもう、アレすぎる。
為政者が世襲だった時代がいかに恐ろしい世の中だったかがよくわかりました。民主制の時代でもこれだからなあ。

一つ非常に納得した市長の言葉が一つ。
「私は自衛隊にいました。そこで教わった組織のルールがわかりますか?それは、上司の顔色を伺えということ、上司が何を考えてるか自ら考え、命令前に意にそうように動く様になれということ」
やっぱり自衛隊ってそういう所なんだなあ。旧軍と体質変わってないんだねえ…。これじゃまた戦争に負けるな(苦笑)
まあ中学校とかもそういうところだよねぇ。管理教育っていうね(古い?)。

阿久根は近くないけど行けない距離でもないし。どうしたもんかね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/15

佐多岬から日南へ(2/2)

前回の続きです。

夜になって、志布志でガス欠になりかかり、コンビニで聞いてみると「夜営業しているガソリンスタンドはない」とのこと。ケータイで検索して鹿屋まで行って給油しました。田舎でガス欠は致命的です…。
で、真夜中に日南線の夏井駅で休憩していると、いきなり列車が停車。終電も何もない時間のはずなのに…。
乗客は一人も乗っていません。がらーんとした車内に白々と電気だけがまぶしくて…。
かなり怖かったですが、たぶん、津波の影響で遅れた列車が着いたのだと思います。JRは軒並み運休していましたので。

今回のドライブではいろいろな動物に出会いました。

Small201002280301_099
佐多岬では猿を見て…(花を食べていました)

Small201002280301_103
途中の道では黒牛が遊んでいたり…

Small201002280301_112
都井岬に行ったら野良馬がいてびっくりしました。
都井岬の野生馬は有名なのですが、それを全然知らず、ただ「先っちょぽいから」という理由で行ってみたら、いきなり馬がいたのでびっくりしました。「駒止め」っていう門で馬のいる岬と人の住んでいる世界とが区切られているのですが、「駒止め」の意味がわからず、「昔のお殿様が放牧でもしてたのかな」くらいに思っていました。←愚か者

ちなみに、都井岬ホテルがこの日たまたま営業最終日だったそうです。知ってたら無理してでも泊まったのに、残念なことをしました。

Small201002280301_136
都井岬にも猿がいました。猿の軍団に道をふさがれて困ったのだけど、小猿が可愛くて撮った一枚。

このほかに、夜だったけど、ウサギとタヌキにはたびたび遭遇、一時は轢きそうになって大変でした。それから鹿にも出会いました。サルにウサギとタヌキにシカ、馬に牛と、日本の昔話のレギュラー動物ですね。

それから、翌日ですが、日南海岸を北上して、油津に行きました。かつて栄えた港として有名な町で、風情のある石橋があると聞いたことがあったので、一度行ってみたかったのです。
Small201002280301_168
昔日の繁栄を彷彿とさせる木造3階の建物。雑貨や工具類のお店で、現役。中もレトロですが品揃えもすごいです。いろいろと店主の気合いを感じさせる店。

油津の歴史的な街並みはすごく小さくて、1時間ぐらいで見て回れます。逆に言うと隅々までじっくり見て回れて楽しい。路地のたたずまいなど、住み着きたくなるいい町です。
イタリアのまちあるきをすると思うんだけど、日本の有名な町はちょっとまちあるきにはちょっと大きすぎるんですよね、京都とか。イタリアの小都市が面白いのは、旧市街地がこぢんまりしているのが大きいと思うんです。油津はそうした点では最適です。小さすぎるくらい。人口数万人の小京都的な地方の町は実は京都にはない心地よさがあると思うんだけど、どうでしょうか。

で、これが油津の石橋。運河の掘削はかなり古いのですが、石橋自体は比較的新しい。といっても明治時代ですけど。
Small201002280301_190

これも知らなかったのですが、「寅さん」がロケをしていたのですね。
第45作 男はつらいよ 寅次郎の青春|寅の巻全作品データベース|『男はつらいよ』|松竹株式会社
資料館があって、当時の写真とかがありました。
でも「寅さん」より興味深かったのが、唯物論研究会の岡邦雄がいきなり紹介されていたところ。何でも岡邦雄の奥さんが油津出身の偉人の娘で、その係累を油津の図書館の人が苦労して探し出していろいろ当時のことを聞いたということですが、歴史の地道な掘り起こしは「寅さん」のロケより価値があるように思います。こういう積み重ねが町を育てていくんでしょうね。

で、油津の次に飫肥に行きました。ここも名前だけ知っていてどんなところか知らずに行きました。(汗)

行ってみてびっくり。江戸時代がそのまま残っているみたいな街並み、しかも普通に使われている生きた町です。
出水市の武家屋敷群も現役の町なのにたたずまいが江戸時代でびっくりしましたが、ここも相当すごい。

Small201002280301_201
これは飫肥城跡にある大手門。

Small201002280301_213
大手門の脇にある武家屋敷。維新後、城を出た殿様が住んでいたそうです。
高床式で床と床下がすけすけ。その上に畳を置いただけですから、冬はすごく寒かったと思います。

飫肥は小村寿太郎が出た町だそうで、資料館ではいきなり明治の外交について勉強する羽目になりました。
いくら地元の偉人でも、ちょっとひいきが過ぎるんじゃないかなあ。寿太郎中心史観というか?

で、飫肥では食べ歩きマップってのを売っていて、これを買うといろいろな入館券+食べ歩き引換券をもらえて、ちょっとしたおみやげができます。
これはなかなか良かったです。全然知らなかったおいしいものとか珍しいものを見つけられて楽しいです。

で、これで試食して釣られて買い込んでしまったものが、
1.飫肥の天ぷら:薩摩揚げっぽいけど、ふかふかでおいしい。
2.飫肥の厚焼き卵:普通の厚焼き卵じゃなくて、プリンと茶碗蒸しのあいのこみたいなお菓子っぽい。
  数軒あったので買って食べ比べてしまった。→正直、あまり違いはわからず。
3.醤油:甘くない地醤油がほしかったが、それほど甘くないというのでつい買ってしまった。→いける!

というわけで、思いの外、飫肥ではどっぷり観光してしまいました。

このあと、実は延々と山越えをして、綾町に入り、そこからさらに山越えをして小林市を通って霧島のドライブウェイを抜け、国分に下りて10号線を鹿児島まで帰りました。へろへろでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

佐多岬から日南へ (1/2)

Small201002280301_036
フェリーから望む開聞岳。

先月末にドライブしてきました。
この日はいろいろ大変な日でした。かいつまむと、
1.チリ大地震の大津波が来た。17年ぶりの大津波警報が出て騒然となっていました。
2.山川・根占連絡フェリーの最終日。
二つだけ…。書いてみるとそれほどたいしたことはありませんね。

山川根占フェリーは一度乗りたいと思っていたのですが、この日が最後だとは思っていませんでした。
テレビカメラがたくさん来ていたので「どうしたのかな?」と思っていたら、記念すべき最終日だったのです。最後尾に乗り込んだので、テレビに映ったかも?
Small201002280301_064
これは根占に着いたときに撮った写真。
最終日だというのに、お客さんはそれほどいませんでした。寂しいけれどこれが現実かも。
※類似のルートで大根占・指宿航路というのが残っています。小型フェリーだけど(→なんきゅうフェリー)。

津波到達予定時刻だったけど、山川港はいたってのんびり。誰も津波の心配をしている人はいませんでした。
お天気がすごく良くて見晴らしも良く暖かく、海の上も気持ちよかったです。
ただ、ひっきりなしに自衛隊の哨戒機とおぼしき飛行機が帰ってきていて、津波の警戒なのかなあ…と。それと、沖合に大型船が泊まっていて、これも津波よけなのかなあ…とか。
あ、あと、道を走っていると、やたら消防車に出会いました。たぶん、みんな津波を警戒していたんだと思います。

根占からは佐多岬に向かいました。春の光に農村風景。気持ちいい道でした。
Small201002280301_077

佐多岬は先っちょが有料なので入らず。脇から灯台のある岬を眺めました。
Small201002280301_093

ぼーっと霞んで竹島と硫黄島が見えました。意外な近さにびっくり。
Small201002280301_092
写真では見づらいですが…。肉眼ではかなり大きく見えます。左側平たい方が竹島、山形なのが硫黄島。硫黄島は海に鉄分を含んだ温泉がわいていて、港が真っ赤というすごいところです。行ってみたい島の一つ。

このほかに、馬毛島と種子島も見えました。佐多岬から竹島は約30km、硫黄島が40km、馬毛島が35km、種子島が45kmくらいです。六甲山から見える紀伊半島の先っちょ(大阪府と和歌山県の境目)が約50km、淡路島の向こうにかすかに見える(ような気がする)愛媛県が約100kmだから、実際よく見えるわけですね。

古代の人々は、海の向こうの島影を見ながら、あそこに行ってみたい、行ってやると思いをふくらませて、飛び石づたいに世界を広げていったのでしょうか…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

人吉に行ってきた

日曜日の午後に人吉に行ってきました。
20100314_006_small
くまがわ鉄道の人吉駅です。背景の崖に穴が開いています。大村横穴群といって、6世紀から7世紀、古墳時代の墓なのだそうです。駅を見に行っただけなのに突然こんなすごいものがあってびっくり。
20100314_010_small
くまがわ鉄道です。高校生たちが走って乗り込んでいきました。横穴群の崖の裏には球磨工業高校があって、崖の脇にある登山道?から生徒たちが下りてきます。
20100314_011_small
くまがわ鉄道は大体1時間に1本の割合で出ているようです。温泉に入る往復切符も売られていました。よさげ。
20100314_038_small
夜になって、人吉市街の「新温泉」に入りました。(人吉 新温泉 - Google 検索
昭和9年?に建てられた古い温泉です。ほとんどすべてが昔のまま現役のよう。そのへんの偽物レトロじゃありません。建物もお風呂も何とも言えない風情があります。

お湯は黒褐色でややアルカリ性。湯あかなのか何なのかわかりませんが黒いものがふわふわと。浴槽などのコンクリートは肌がすっかり荒れてざらざら。体を洗う水道などはありません。現代風の快適さを求める人は入ってはいけません。温泉とか共同浴場の原点を考えさせてくれるハードコアな温泉の一つです。実際、21世紀に水洗じゃないくみ取り式の便所に入るとは思いませんでした。
それでも常連さんとおぼしき人たちが老いも若きもやってきて、しっかり現役なお風呂屋さんです。どうか末永く営業されますように。

で、お風呂に入った後は、新温泉の近所…飲み屋街でした…でラーメン屋を2軒はしごしました。
1軒は新温泉の裏に見えるラーメン屋、もう1軒はラーメン竜というところ。どっちも豚骨だけどかなり違ってどちらもおいしくいただきました。

まだ行ってみたい温泉やお店もあるので、また行きたいと思います。今度は泊まりたいなあ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/02

妙見温泉に泊まってきた

前の週末に知人と妙見温泉にあるおりはし旅館の別館、「山水荘」という宿に泊まってきました。お客は数組だけで率直に言ってガラガラ、内湯も露天風呂もいろいろ楽しんできました。お風呂はろくに洗い場もないような素朴な雰囲気で、ひたすら温泉を楽しむという趣向。値段も安くていい宿でした。

妙見温泉は湯治場でもあるようで、一泊素泊まり2500円という所もあるみたい。川のせせらぎしか聞こえず、ろくに人の気配もなく、もちろんインターネットもつながらないし、世間の喧噪を忘れたいとか、何かから逃げたいとか、何かをじっくり考えたいとか執筆したいとかいうときにはもってこいです。自炊場があるのも安心です。

国道沿いをぶらぶら歩くと藤崎酒店という店がありました。酒屋というよりよろずやといった雰囲気。店内には大量の婦人服が天井からぶら下がり、竹製のキセルやらおもちゃやらカッターナイフの替え刃やらが無秩序に陳列棚に並んでいます。そんな中に酒瓶が10本くらい申し訳程度に置いてありました。酒屋なのに酒が陳列の1%にも満たないという…。
ところがその置いてある酒がただ者ではありませんでした。魔王とか伊佐美とか珍しい焼酎ばっかり。しかも東京とかよりも安めの値段設定。一瞬心が揺らぎましたが、それでもやっぱり高くて手が出ず。店主の話では、東京や大阪に送っているのだそうで、やはり酒店ではあるのでした。

この酒屋のそばには「田代水産」という川魚の店があります。ここも魚屋といいつつあれこれの食料品を置いていますが、一応川魚がメイン。鯉の洗いやウナギ、鮎などがたくさん置いてあるのが目を引きます。珍しいと思ったのが、鯉の卵と白子。瓶詰めのもあって、これは珍味じゃないかなあ。いろいろ眺めていたら、近所のおばさんが鯉の洗いを買っていきました。夕飯のお刺身が鯉の洗いというのもなかなかいいですね。

妙見温泉を出た後、霧島周辺をうろうろドライブして、「明るい農村」という焼酎で有名な霧島町蒸留所を見学したり、霧島神宮とか新湯温泉とかを見たりしてきました。

霧島一帯がそうですけど、特に何か名所があるという訳じゃなくても、何気ない農村風景とか、ふと見た山や川の様子とかに、何か心惹かれるものがありますね。霧島の観光には、何かをするということじゃなくて、ただ思いつくままにぶらぶらするというのが一番あっているような気がします。

20020227_006_small

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンポスト:ミミズ消滅

先日ミミズを投入したコンポストですが、完全にミミズがいなくなってしまいました。
ミミズを入れたときは、土(コンポスト)の上にミミズを置き、その上から野菜くずを置いたのです。ミミズの行動を見られるかなと思ってのことでした。
数日前に、傷んできた野菜くずを埋めようと思って少しコンポストの表面を掘り返し、ミミズと野菜を軽く埋めたのです。それがミミズの姿を見た最後でした。

今朝、コンポストの中を丹念に探してみましたが、残骸すら残っていませんでした。完全に分解されてしまったようです…。恐るべしコンポスト…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »