« うわ気持ち悪すぎる→やっぱり… | トップページ | 無駄遣い »

2010/03/27

どこまで見えるかな

せっかく計算したので。

先日佐多岬から三島村の島々、竹島と硫黄島を眺めましたが、もう一つの島、黒島はわかりませんでした。
それ以来、佐多岬から見えるのかなあ…と疑問に思い続けていたわけです。

ところで、こちらのブログによると、
*********************
ところで、とうとう”伊勢湾フェリー”廃止されちゃうんだ・・・。
伊良湖から鳥羽まで、小学生のとき、利用したことあるよ。
伊勢湾って、地図だと狭く小さく見えるけど、伊良湖から
出港すると水平線ばかりで何もなく、すごく広かった思い出が
あるよ。
*********************
とあります。伊勢湾は陸が見えないぐらい広いというのです。
これで佐多岬の件を思い出して、どれくらい見えるのかを計算してみることにしました。
もちろん、高いところからだとよく見えるわけですから、立っている場所の高さは大事です。
あと、高いものほどよく見えるはずですから、向こうに見えているものの高さも大事です。

で、結論から言うと、こんな式で計算できると思います。
地球の半径:R
見ている目の高さ:h1
眺める対象の高さ:h2
とすると、
見える限界の距離 = R * ( arccos(R/(R+h1)) + arccos(R/(R+h2)) )

水平線までの距離の和になっています。
お互いが見える限界より近ければ見える、という話ですね。

で、伊良湖岬(「いらご」なんですね、始めて知りました)から鳥羽までは20kmないぐらい。片側10kmとして、10kmを水平線までの距離とする高さは約6m。フェリーは通常もっと高いので、おそらく陸の影が切れることはないはずです。おまけに小島が散在しているので、よけいに陸は見えるのではないかと。
つまり、「水平線ばかりで何もない」状態だったというのは、視程の関係で見えなかったということではないかと思います。

で、佐多岬と黒島との関係ですが、
佐多岬近辺の標高:約100m
黒島の最高峰:621m
ということで、計算すると、見える限界の距離は124kmぐらいになりました。
両者の距離は約70kmなので、十分見える範囲にあります。でもわからなかったのは、
1.方角の関係:見る方向を間違っていたか、近くの山や木の影で見えなかった
2.水蒸気などでかすみ、視程がそこまで良くなかった
のどちらかが原因なのでしょう。

実際、海上で70kmの視程ってどれくらいの条件なのか、ググってみましたがよくわかりませんでした。ただ、六甲山から紀伊半島を眺めた経験で言うと、70kmの視程ってのは相当いい条件じゃないと得られないように思います。

というわけで、佐多岬から黒島は、よく晴れていれば可能性はあるけれど、たぶんなかなか見えないんじゃないかなあ…というのが今回の結論になりました。やれやれ。

« うわ気持ち悪すぎる→やっぱり… | トップページ | 無駄遣い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/47924361

この記事へのトラックバック一覧です: どこまで見えるかな:

« うわ気持ち悪すぎる→やっぱり… | トップページ | 無駄遣い »