« 窮屈な社会 | トップページ | 麻里花とその周辺 »

2010/04/06

歴史は繰り返す…か。

1.「アジア系の人が590人分の子ども手当を申請、それが即日認められた」「その様子を現場で見ていた」

川崎市の高津区役所で590人分の子供手当てしてたアジア系の人いたニートな2ちゃんねらー日記

**************************
川崎市の高津区役所で590人分の子供手当てしてた アジア系の人いた
さすがに別室に連れてかれてた どうなったんだろう
**************************
どさっとアジア系の人が書類を窓口において
590人分のショルイアリマスと流暢な日本語で言ってた
ダンボールでもってきて、その半分ぐらいが書類でうまってた
**************************
高津区役所いってきた。
どうなった?ってきいたら個人のことなので詳細は答えられないが
手続きは順調に終了しましたと回答
ちょっと困った顔でした。
**************************
子供手当ての審査は即日なので
成立したっぽい
**************************

Togetter - まとめ「非実在市役所で非実在の子供手当て支給が問題になってたまとめ」

**************************
子供手当。ちゃんと指示しないと現場が混乱してるぞおお!!何百人の外国人養子。本当に支給するのか? 明確にアナウンスしないと変な商売している者が出てきているようじゃないか!! 555hamako 2010-04-05 11:46:08
**************************
@555hamako 高津市役所で590人分の子供手当てを申請した人がいたらしく、しかも通ってしまったみたいです。767万円だそうです。 http://bit.ly/c4ZjXo #kodomoteate #ikuji #papajp okashi1724 2010-04-05 12:04:21
**************************
@555hamako: 高津市役所で590人分の子供手当て件、別の方が市役所に確認したところデマとのことでした。 cr_market 2010-04-05 12:15:33
**************************
しゃあないので私が確認したった。590人の子ども手当情報は、もともと川崎市高津区ということになっていたようだが、いつの間にか高津市に。そもそも高津市なんて市はないみたいだぞ。それすら確認せずに情報の拡散をした人たちがいたわけだ。ハマコーとか。続く。 kureichi 2010-04-05 15:28:51
**************************
本日、15時25分、川崎市高津区役所に電話をした。担当の子ども家庭課によると、「まったくのデマです」とのこと。それどころか、不自然な数の申請さえひとつもないそうだ。海外に子どもがいる人たちについての申請も受けておらず、現在その対応を協議中とのこと。デマにもほどがある。 kureichi 2010-04-05 15:30:23
**************************
RT @kureichi: 本日、15時25分、川崎市高津区役所に電話をした。担当の子ども家庭課によると、「まったくのデマです」とのこと。それどころか、不自然な数の申請さえひとつもないそうだ。海外に子どもがいる人たちについての申請も受けておらず、現在その対応を協議中とのこ ... cr_market 2010-04-05 15:59:23
**************************
帰ってきた見たら、RTがすごくて驚いた。しかも高津区役所を市役所と書き間違えているし。あとこんなに広がる一次情報である @usagiou さんのことも含めておけばよかったと反省。 cr_market 2010-04-05 16:16:34
**************************


2.アフリカ人から「10歳未満の子どもが40人の母国にいることにして、2015年までに7000万円稼いで帰国して事業を興す計画」を聞いた

**************************
昨日の夜、六本木で飲んでてとんでもない話を聞いた。
お前 ら、中国人、韓国人で怒り狂ってる場合じゃないぞ。

南米、アフリカのコミュニティでも「正規の手続きで子ども手当てを入手する方法」の解説メールが出回ってるらしい。
特にアフリカのコミュだと母国の子どもがいることをデッチあげる方法とか、手続き上必要な情報のご まかしかたとかを指南してるらしい。
アフリカでも国によっては複数の夫人が合法だから、養子じゃなく実子で10~50人の子どもが母国にいることにするらしい。実際には、それだけの嫁さんや子どもがいるのは金持ちだけで、日本に出稼ぎにきてるのは職にあぶれた貧困層の連中だが、役所は判断付かない。
この制度が続く限り金を稼いで、母国に凱旋帰国するらしいぞ。
俺が聞いた奴は10歳未満の子どもが40人の母国にいることにして、2015年までに7000万円稼いで帰国して事業を興す計画だとさ。満面の笑みで「日本人ありがとう」って言われたよ orz
**************************

3.「ザイール政府公式発行の証明書付き」で子供200人分の請求が来たのを目撃。

FF35しようずwwwwwwww ネトウヨ「590人分の子ども手当を申請する外人を見た!」→区役所「嘘を流されて非常に迷惑してます」

**************************
156 名前: Trader@Live! [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 21:53:41 ID:ZU4KrHAz
ミンス滅ぼさなければ日本が滅ぶ
他スレより転載
698 名前: 名無しさん@十周年 投稿日: 2010/04/02(金) 14:03:02 ID:HjpCpGki0
窓口が200人って声を上げたせいで、役所の中が凍りついたよ><
ザイール大使館員付き添い付きでザイール政府公式発行の
証明書付き子供200人分の請求きた。

162 名前: Trader@Live! [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 22:07:03 ID:kQ80Y3jk
>>156
今現在ザイールという国は存在していないはずだが・・・?

170 名前: Trader@Live! [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 22:28:49 ID:ZU4KrHAz
>>162
コンゴ民主共和国になってたんだった、気付かず騙された。
まぁどちらにしろミンスは滅ぼさないとダメなのは変わらない。
**************************

ほかにもまだ「デマ」の事例は収集できると思うがもう十分だろう。
すなわち、「自分は…を見た」という直接体験レポートとして投稿されている。
いうまでもなく、最初にこの「嘘」を作文し投稿した人間が存在している。こういう人間が普通の顔をして善良な市民として生活していることを忘れてはならない。彼・彼女は、我々のごく身近にいるかもしれない。

それともう一つ。
口コミ、伝聞情報は世の中にあふれている。その中にはこんなたぐいのデマも含まれている。これは日常的な現象だ。
しかし、あまりに荒唐無稽なこと、倫理的に認めがたいことはなかなか世の中に流布しない。情報の受け手に「これはおかしい」「これはよくない」という判断が働いて疑う気持ちが生じるし、それを伝える側もそれを「何かおかしい」というニュアンスで伝えるからだ。
しかし、今回のデマは、多くの人が信じて広めてしまった。なぜか。
単純にいえば、このデマに多くの人が信憑性を感じたからだ。なぜ感じてしまったのか。その背後に、

「貧乏で欲深でエゴイストのあいつらなら、いかにもやりそうなことだ」
「羞恥心も社会性も持たず、もらえるものならホイホイ手を出すガキみたいなやつらだからな」
「人気取りばかりで政治も行政も素人の民主党の穴だらけの政策、世間の厳しさを知らない甘ちゃんの鳩山政権だから、食い物にされるに決まっている」

というような気分が広く共有されているのではないか。(「ミンスは中国韓国の手下」みたいなことをいう人達もいるが、それはあまりに特殊な層だと思うのでとりあえず放っておく。)

こうした漠然とした「外国人は信用できない」「外国人は何をするか分からない」という反感が、こうしたデマを易々と広めてしまう要因だと思えてならない。
こうした反感の一つの象徴を次に示そう。

4.子ども手当は外国人に無制限に支給されるため国の財政が破綻するという主張

子ども手当再審議要求デモ:ハムスター速報

**************************
ノドから手が出るほど子ども手当を欲しがる外国人はたくさんいる。
(中略)
海外に100人養子縁組をすれば、単純に月260万円(満額)もらえるんだよ。
子ども手当が大金を得るビジネスにされてしまうかもしれない。
しかも悪用をチェックするのは相当困難だと予想されている。
子だくさんの外国人が日本に殺到。子ども手当一回の四球でも日本の財政が危ぶまれている。
そして、そのツケを払うのは未来の子供たちなんだ。
**************************
こんな問題が・・・
『孤児院で子供100人を養子に』
毎月260万円(人数制限が無いので歯止めが利きません)
『ブローカーに子供5人分の証明書の偽造を頼む』
毎月13万円(チェックできず給付される可能性)
『母国で親類の子供10人養子にすれば仕送りで家が建つ』
毎月26万円(手当で生活が成り立つことも)
(後略)
**************************


子ども手当「外国人に590人分支給」 「まったくのデマ」で騒ぎに (2/2) : J-CASTニュース

**************************
テレビ番組でネパール人男性の申請が報じられた東京・豊島区役所では、中国やネパールの人などから数件問い合わせがあった。しかし、「母国に子どもがいるケースは、児童手当の制度でも当てはまります。それに比べて、特に問い合わせが増えたり外国人が押し寄せたりしていることはありません。うちでは、養子などの問い合わせは、まったくないです」と言う。

一部報道にあった東京・荒川区役所や埼玉県川口市役所でも、問い合わせは数件しかなく、混み合ってもいないという。児童手当の通常業務時と変わらないとしている。荒川区役所では、該当のケースで申請があったのは中国人1人だけだそうだ。
**************************

拝外排外(*)主義的なj-castニュースですら(もっとも、窓口に問い合わせた結果を率直に書いているのは好感が持てる)
「もっとも、申請が始まったばかりで、様子見をしている可能性もある。ブローカーの暗躍といった危険性が指摘されており、不正受給については今後も十分な警戒が必要のようだ。」
としか書けない有様(笑)。
(*)誤字訂正:2010/04/14

市町村に対する政府の指示は次のようなものだ。

「平成22年度における子ども手当の支給に関する法律における外国人に係る事務の取扱いについて」のポイント(厚生労働省)

■支給要件の確認の厳格化
(年2回以上の面会)
(概ね4ヶ月に1度の継続的な送金)
(来日前の同居)
(実質を備えないと疑われる事案への厳正な対応)

■証明書類の統一化
■第三者による翻訳書の添付
■外国人が出国した場合の対応
■地方公共団体からの相談窓口の設置、不正に関する情報交換・提供

**************************

さて、こうした外国人への反感、しかもそれはアジアアフリカ諸国を中心とする低所得国とその中の貧困層(要するに自分たちより貧乏で哀れな奴ら)に集中的に向けられているのだが、こうした反感が広く共有され、それが大きく高まる機運があるとどういうことが起こりえるか。

関東大震災と阪神淡路大震災 1923年の日本人による朝鮮人虐殺はなぜ起こったか

私はこの事件をどうしても想起してしまう。
排外主義や差別は、平常時には、あまり表面化しない。迫害は、それを受ける人たち以外には、ほとんど意識されない。被差別者でない多数の人にとって、平凡で平穏な暮らしが続き、自らと排外主義や差別との関係について意識することはほとんどない。
しかし、ある時、何かをきっかけにして排外主義が大きく吹き出すことがある。それは時に朝鮮人虐殺のような凄惨な事件にまで拡大する。
「朝鮮人が暴動を起こす。」はじめは漠然とした不安をつぶやいた小さな一言だったかもしれない。しかしそれが、朝鮮人に不安を持つ周囲に共鳴し、噂が噂を呼び、やがて「事実」として伝えられ、朝鮮人への不安が次は憎しみへ、そして殺意へと高まっていき、自分たちの家族と社会を暴力と略奪から守るために、侵略者たる朝鮮人を打ち殺す運動が組織されていく。この高まりの過程で、「そんなことが可能なのか」「事実はどうなのか」「朝鮮人を見つけ次第襲うというのは正しいことなのか」という反省・振り返りは、ほとんど機能しなかった。その理由の一つは、社会に根強く浸透していた朝鮮人に対する排外主義があっただろうことは想像に難くない。

上記「関東大震災と阪神淡路大震災 1923年の日本人による朝鮮人虐殺はなぜ起こったか」は、次のように書いている。

**************************
もちろん、朝鮮人の命を救ったり保護した日本人がいたことも事実です。しかし、人々はそんな「うわさ」「デマ」を笑い飛ばすこともできたでしょうに、実際には全体としてはそれを受け入れたのでした。国民が「排外主義」思想--自分たちだけが優秀だとして、よそ者を敵視、排除しようとする考え方--に染まっていくのは、この時が出発点になります。
**************************

近年の風潮―たとえば外国人の地方参政権の問題、高校無償化の問題などに見られるような外国人排斥の機運―は、当時の風潮と重なっているように見える。
韓国併合は1910年、関東大震災の朝鮮人虐殺が1923年、そしてこれらの一つの帰結であった日本の敗戦が1945年。この間35年がかかっている。
社会の変化は往々にして目に見えないほどの変化で静かに進行する。今、私たちは重大な岐路に立っているのかもしれない。

« 窮屈な社会 | トップページ | 麻里花とその周辺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/48010955

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史は繰り返す…か。:

« 窮屈な社会 | トップページ | 麻里花とその周辺 »