« 忘れてはならないこと。 | トップページ | 灘高の人の話2本 »

2010/05/12

鹿児島・神戸間の高速バス覚え書き

連休などは除いて平常時のバスについて。安く上げる方法に焦点を当てる。

先に言っておくと、鹿児島から大阪方面に出る場合、早割を使ったり格安券を使ったりすると飛行機でも高速バス並みの料金で行けることがある。ただし、空港と市内との間の移動コストで結構な差が付いてしまう。
バスは都心から都心につないでいる。しかも主要ポイントを経由するので応用が利きやすい。そのあたりで価格面の強みが出てくる。

※追記(2010年10月11日)
スカイマークがまた鹿児島神戸便を飛ばすことになった。運賃は格安券では発見できないが、平日なら正規料金でも8800円、前割10なら7800円で、スカイバーゲンなら5800円と、かなりお得感が出る。ただし、週末は11800円と高め。
ただし、スカイマークの出発時間と便数が安定しない。毎月のように時間が変わるので、定期的に移動している人間にとってはかえって計算に入れにくいし、しかも時間帯が早朝と昼間で使いにくい。

***************************
さて本題のバスの話。

さつま号
基準となるのは、「さつま号」。片道12000円、往復21000円。
西宮北IC経由なので、北神方面には強みがある。

シティライナーウェスト
近年、南薩観光の「シティライナーウェスト」が参入した。
片道9800円。神戸市街方面ではこれが最安値かと思われる。
6枚綴り回数券:54000円(1枚9000円)(有効期間1年のみ)
最後部座席は8800円。ただし女性のみ。もっとも、最後部は乗り心地最悪なので避ける方がいいと思う。

参考:ファーストキャビンステイ27
大阪のホテル付き往復で19800円という結構競争的な価格を付けている。
ただし連泊は不可、週末は5000円プラスで24800円。

※ちなみに、南薩観光はこのところ活発な事業展開をしているような気がする。社長が替わったのかなとか思ったり。

※追記(2010年10月11日)
最近、繁忙期でなくてもツアー型のバスが出るようになりつつある。ただし、閑散期にはやはり出ないこともあるようだ。
ほぼ年間を通して運行していると思われるのが、オリオンツアー。南薩観光より若干安めかな…というくらい。

繁忙期を中心として臨時に運行するバスはいろいろあるが、ゲリラ的なのでよくわからない。この時期は料金も下がる。
ロイヤルエクスプレスはその一つで、かなり安めの料金設定。

********************

ところで、熊本・京阪神間の格安バスを使うという手もある。
鹿児島・熊本間も高速バス。「きりしま号」を利用する。

高速バス 熊本-大阪・神戸・京都・USJ 夜行バス|オリオンバス

鹿児島発に比べて料金がかなり安い。実に4000円近く差がある。
通常:5800円
週末など:6300円
混雑日:7500円、8000円
往復割引:合計金額から200円引き

こういう格安業者が入ってこないあたり、鹿児島って僻地なのね…としみじみ思ってしまう。

で、鹿児島・熊本間をつなぐきりしま号だが、(参照:運賃・ダイヤ
大人片道 3,600円
大人往復 6,000円
スーパー回数券4枚綴り 11,000円(1枚あたり2,750円)

というわけで、オリオンツアーの格安バスと合算すると、厳密ではないが、おおよそ次の表が出来る。

熊本で格安バスに乗り換えたときの片道料金

きりしま号
片道 往復 回数券
3600 3000 2750
オリオン 通常 5800 9400 8800 8550
週末など 6300 9900 9300 9050
日によってオリオンの料金が変わるので実際の費用は多少変わるが、最も安いケースで片道8550円となる。 オリオンの往復200円引きを使えるなら、片道換算で最安値8450円になる。

乗り継ぐ場合の時刻表(2010年5月現在)

きりしま号は、毎日6便出ていてわりと便利。
乗り継ぎ時間をもっとも短くする時刻表を作ってみると、こんな感じになる。

鹿児島→京阪神

きりしま号 
[乗]鹿児島本港(高速船ターミナル)15:45
[乗]天文館15:52
[乗]鹿児島中央駅前16:00
[降]熊本交通センター19:13
オリオンバスに乗り換え乗り継ぎ7分
崇城大学市民ホール前/熊本市民会館前19:20発
博多・小倉・久留米経由
神戸06:30頃着
USJ07:10頃着
大阪07:30頃着
京都08:30頃着
熊本交通センターから市民ホール前までは近いので徒歩で5分ほどだと思う。高速バスの到着は、大体時間より早めになることが多いので、ある程度大丈夫だと思われる。 従って、時間通りの運行ならば、結構効率的に移動できる。 ただし、19時頃は交通が混雑する時間帯なので、遅れも見込んだ方がいいかもしれない。オリオンバスは、事前に連絡すればある程度は待ってくれると思うがリスクはある。 1本前のきりしま号に乗るとすれば、鹿児島中央駅は13時発。3時間前の出発になってしまう。

京阪神→鹿児島

オリオンバス 
JR京都駅八条口20:40発
大阪プラザモータープール22:00発
神戸三ノ宮駅23:00発
博多・小倉・久留米経由
熊本09:30頃着
きりしま号に乗り換え乗り継ぎ90分
[乗]熊本交通センター11:00
[降]鹿児島中央駅前14:30
[降]天文館14:36
[降]鹿児島本港(高速船ターミナル)14:42
鹿児島に帰るときには、逆に1時間半から2時間の待ち合わせが起きてしまう。 だが、時間短縮のために鉄道に乗り換えるのは意味がない。 在来線だと4時間半ほどかかる上に熊本駅までの移動も含め4200円以上かかる。さらに、本数も少ない。 新幹線なら2枚きっぷで5800円。いずれにせよ、費用面での優位性はなくなる。

« 忘れてはならないこと。 | トップページ | 灘高の人の話2本 »

しらべもの」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/48342247

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島・神戸間の高速バス覚え書き:

« 忘れてはならないこと。 | トップページ | 灘高の人の話2本 »