« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の4件の記事

2010/11/24

想像力とは人を想う力だと思う

国境を越える想像力 - Apes! Not Monkeys! はてな別館

日本人と非日本人とをことさらに区別してみせる人たちがいる一方で、世界にはこういう人たちもいたのだし、今だっているはずだということを忘れないようにしたい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

愚かな行為

北朝鮮砲撃:朝鮮学校の無償化手続き停止も…官房長官 - 毎日jp(毎日新聞)

 仙谷由人官房長官は24日午前の記者会見で、北朝鮮による砲撃事件を受け、朝鮮学校への授業料無償化制度適用について「現在進めているプロセスをいったん停止する方向に動くと考えている」と述べ、事態の沈静化まで適用に向けた手続きを凍結する考えを示した。仙谷氏は同日午前の閣議でも「朝鮮半島が緊張してくる中で、現時点では手続きを停止することが望ましい」と発言したことを明かした。

 ◇文科相、申請不受理示唆
 高木義明文部科学相は24日の閣議後会見で、「砲撃は平和を脅かす極めて遺憾な行為で、朝鮮学校の授業料無償化制度適用についての影響は極めて大きい」と述べ、朝鮮学校からの無償化申請を受理しない可能性を示唆した。

 朝鮮学校については今月5日、高木文科相が日本の専修学校と同等の基準で無償化制度適用の審査をすることを決め、30日を期限に申請の受け付けが始まっていた。

 高木文科相はこれまで一貫して「政治と教育の問題を混同してはならない」との態度を取っていたが、この日の会見では「それを踏まえた上で、重大な判断が迫られる可能性がある」と述べた。

 文科省によると、無償化制度の対象になる朝鮮学校は全国に10校あり、現段階で7校が文科省に申請の意思を伝え、準備を進めている。朝鮮学校の生徒は全国に約1800人おり、申請が受理されれば年間11万8800~23万7600円の支援金を受け取れることになっている。

 朝鮮学校関係者の一人は「同じ民族同士で戦うことは非常に悲しい。ただ、この問題と高校無償化とは関係がない。私たちは今、最後の詰めをしているところだ。ずっと結論を先延ばしにし、ようやくという段階になってこのような発言は非常に残念」と話している。【篠原成行、井上俊樹、野口武則】


「この問題と高校無償化とは関係がない。」
すべてはこの言葉に言い尽くされている。
これほど単純なことがなぜ通らないのだろう。
「在日朝鮮人」が一体何をしたというのだろう。なぜ「北朝鮮」という言葉一つでここまで徹底的に排除されなければならないのだろう。
我々の社会は、「日本人」という連中は、ここまで「よそ者」を平気で疎外できる存在なのか。いいかげんにもううんざりする。
我々の祖父・祖母たちは、中国人や朝鮮人たちを、オランダ人やイギリス人、オーストラリア人たちを、虐待し、略奪し、強姦し、殺戮してきた。それからまだ100年も経っていない。我々はその血を濃く引いた者だという証拠が今日また一つ明らかになったのだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/16

パワーポイント最悪

パワーポイントの2002を使っていますが、以前から使いづらいと思っていましたが今回はもう腹が立っております。

漢字が6文字続く言葉を他のエディタ(具体的には秀丸とかメモ帳とか)からコピーペーストすると、なぜか中国語(台湾)に認識され、フォントが勝手にPMingLiuになってしまいます。

すんげー不便。

で、Wordから貼り付けてみると、日本語のまま。
たとえば、「鹿児島臨海工業地帯構想」を秀丸で書いて、それをパワーポイントにコピペすると、中国語に認識されて、フォントも変わってしまいます。
で、いったんWordに貼り付けてから、再度Wordでコピペすると、日本語になります。Wordでは日本語のままね。

これって絶対にバグだと思うんだけど、検索してもどこでもヒットせず。
ひょっとしてパワーポイントが壊れてるとか?

同じような症状が出てる人、いないんだろうか。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2010/11/04

インク代が…

先日、エプソンのEP-903Aを買いました。前から買いたいなあと思っていた機種です。

シャツやズボン一つ買うにも、何ヶ月も逡巡し、迷いまくって結局買えない…ほど、決断力がない私がこれを買ったのには、いくつか理由があります。

1.実家がEP-901Aを使っていて、それがなかなかに使い心地がよい。
   それに引き替え、自分のプリンタには結構不満が大きかった。
   だから、自分でも欲しいなあ…と思っていたのです。

2.A4コピー紙に写真をたくさん印刷しなければならなくなって、プリント速度が速い機種が欲しかった。
   使っていたプリンタは5年前の機種で、しかも安物なので遅かったです。
   最新の機種に換えるだけでも速度が速くなることが期待できました。

3.使っていたプリンタが壊れた。
   おそらくプリンタヘッドの不具合だと思うので、取り替えればいいのでしょうが、これを機会に買い換えたかったのです。

…しかしこれぐらいに根拠が重ならないと、プリンタ一つ買えない私って一体なんなのでしょうか…。っていうか、なんでプリンタ一つ買っただけで世界中に向けて言い訳してるんだろう?

**************
で、そのEP-903Aでフルカラー写真を200枚ほど印刷したのですが、いやあ、インクの減りが早いですな。
・A4コピー紙全面に
・用紙種類:普通紙
・印刷品質:標準
・カラー:カラー
・色補正:自動
と、全くのデフォルトで220枚ほど印刷。すると、
・プリンタの箱に付いてくるインクを初めから全部
・インク:IC6CL50(6色パック)2箱
をほぼ使い切る結果に。

厳密に言うと、シアン、イエロー、ライトシアンがほぼ終了。ブラック、マゼンタ、ライトマゼンタは結構残っています。
で、IC6CL50は最安値で4800円ぐらい、近くのコジマだと5800円ほどなので、A4用紙220枚で最低でも1万円から1万2千円ほどかかった勘定になります。つまり、1枚プリントすると、インク代が少なくとも45~55円はかかっています。これ、印刷品質は「標準」ですからね。

まあ、カメラのキタムラに依頼するとA4で1枚660円、3枚セットのキャンペーン価格でも1枚あたり330円だし、カカクコムの最安値でも181円なんですけどね…。
でも写真屋さん並の用紙と品質で印刷したら、費用は結局写真屋さんに頼むのとあまり変わらないのかも。

**************
で、大量印刷するとインク代も大変ですが、手間も結構かかりました。
印刷速度は快適なのですが、
・出力した紙をうまく落として貯められる工夫をしないと、紙を10枚か20枚ごとに取り除かないといけない。
まあこれは当然なのですが、

・インク交換が結構忙しい。
これはちょっと盲点でした。今回220枚印刷してインクの補充が2巡したわけです。
で、EP-903Aは、6色なのでカートリッジも6本あります。つまり6×2=12回の交換が発生しました。
220枚印刷で12回交換なので、平均で18枚印刷するたびにインク交換です。もちろん、全くの新品からスタートしたので、初めは交換時期はほぼシンクロしていて、インクを交換して数枚印刷すると次のインクの交換というタイミングでしたが。

というわけで、大量印刷だから、最初に設定したら後は放っておける…と思ってましたが、結局ずっと付きっきりで、あまり他の仕事ができませんでした。
というわけで、今は午後10時ですが、これから仕事の遅れを取り戻さないといけないわけです…。今晩もまた徹夜です(泣)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »