« 同じ穴のなんとやら | トップページ | 記事メモ:都教委が「明らかな間違い」の排除を高校に命令 »

2013/06/27

とりあえず記事メモ:外国人研修・技能実習生への性暴力事案

とりあえず記事メモ。

古いニュースですが恥ずかしながら知りませんでした。
続報は見つかりませんでした。刑事告発など、どうなったのでしょう。

弱い立場の中国人元研修生 性的暴力と提訴「あなたは好みで選んだ」 ― スポニチ Sponichi Annex 社会

 外国人研修・技能実習制度で2009年11月に来日し、千葉県旭市で農作業に従事していた30代の中国人女性が21日、農家の50代男性から性的暴力を受けたとして、男性と受け入れ機関の「ちばみどり農業協同組合」に慰謝料など計1100万円の損害賠償を求め千葉地裁に提訴した。

 訴状によると、女性は来日後、男性の指示でトマトの苗付けや草むしりをしていた。10年6~7月、男性から継続して性暴力に遭ったとしている。

 代理人の指宿昭一弁護士によると、来日前に同農協などが実施した集団面接では、担当者が研修生を直立させ、一巡して容姿を確認。来日後、男性は女性に「あなたは好みで選んだ」と告げたという。

 指宿弁護士は「研修生は原告も含め、多額の保証金を払って来日し、逃げ出せば違約金を払わせられる弱い立場。制度の下での奴隷的労働が以前から続いている」としている。

 男性の代理人弁護士の事務所は「担当者がいないのでコメントできない」、同農協は「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。
[ 2011年1月21日 17:55 ]

「受け入れ農家から性的暴力」 中国人女性、慰謝料求め提訴 旭|ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ

 外国人研修・技能実習制度で、受け入れ先の50代の農業男性から性的暴力を受けたとして、元研修生の30代の中国人女性が21日、農業男性と第1次受け入れ機関の「ちばみどり農業協同組合」(旭市)を相手取り、慰謝料など1100万円の損害賠償を求める訴えを千葉地裁に起こした。

 訴状によると、女性は2009年11月に来日、旭市の農家でトマト栽培などの業務を行っていた。農業男性は、頻繁に女性の体を触る嫌がらせを行い、昨年6~7月に性的な暴行を加えたとされる。

 来日前に同農協らが行った集団面接では、担当者が候補者を直立させ、一巡して容姿を確認。来日後、農業男性は女性に「好みで選んだ」と告げたという。

 原告側は「心身の不調が続き精神的苦痛は甚大。優位な立場を利用して悪質極まりない」と主張。同農協についても、不正行為を防ぐ措置を講じる義務があった、としている。

 同日、報道陣の取材に応じた女性は「ほかにも私と同じ(被害を受けた)人はいる。悪い人を法律で罰してほしい」と話した。

自らの権力性に敏感でありたいと思います。容易なことではありませんが。
そして、名ばかりの「研修・実習」という低賃金搾取・人身売買的制度はもう止めるべきです。

« 同じ穴のなんとやら | トップページ | 記事メモ:都教委が「明らかな間違い」の排除を高校に命令 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/57676588

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず記事メモ:外国人研修・技能実習生への性暴力事案:

« 同じ穴のなんとやら | トップページ | 記事メモ:都教委が「明らかな間違い」の排除を高校に命令 »