« とりあえず記事メモ:外国人研修・技能実習生への性暴力事案 | トップページ | うなぎ… »

2013/06/27

記事メモ:都教委が「明らかな間違い」の排除を高校に命令

びっくりしましたが、さもありなんとも。
滅びへの道としか思えませんが、純朴愚昧な「愛国者」を育てることが目標ならば、このような強権的手法はまさにその本質を体現した模範的行為と言えるでしょう。いじめもなくなりませんね。結構なことです。

都教委:特定の日本史教科書使わないよう通知- 毎日jp(毎日新聞)

2013年06月27日 15時00分(最終更新 06月27日 15時32分)

 東京都教育委員会は27日の定例会で、高校で使う特定の日本史教科書に国旗国歌法に関して不適切な記述があるとして、各都立高に「使用はふさわしくない」とする通知を出すことを決めた。高校の教科書は各校長が選定して都道府県教委に報告することになっており、選定に教委が事実上の介入をするのは極めて異例。通知に強制力はないが、都教委は「指摘した教科書を選定した場合は、最終的に都教委が不採択とすることもあり得る」としている。

 都教委が問題視しているのは、実教出版の「日本史A」と、来年度向けに改訂された「日本史B」。国旗国歌について「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記載している。

 都教委は2003年、学校行事で日の丸に向かい君が代を斉唱することを通達で義務付け、従わない職員は懲戒処分にする厳しい対応を取ってきた。最高裁は11年、起立斉唱の職務命令を合憲と判断したが、12年の判決では「減給や停職には慎重な考慮が必要」との判断も示している。

 実教出版の日本史Aには11年度の検定で「政府は国旗掲揚、国歌斉唱などを強制するものではないことを国会審議で明らかにした。しかし現実はそうなっていない」との記述に文部科学省の意見がつき、後半を「公務員への強制の動き」などと書き換えて合格。文科省によると、日本史Aの全国シェアは約14%という。

 だが、都教委は昨年3月以降、各校に電話で「都教委の考えと合わない」と伝え、13年度の教科書に選定しないよう要求。採択の最終判断は都教委ができることもあり、この教科書を選定した高校はなかった。

 14年度から使う教科書を決める昨年度の検定では、同じ記述がある日本史Bも合格。都教委は不使用を徹底するため、今回は文書で通知することにしたという。都教委幹部は「『公務員への強制』という表現は明らかに間違っており、採用するわけにはいかない」と話している。

 実教出版は「そうした決定が出たとすれば大変残念だ」とコメントした。【和田浩幸、佐々木洋】

« とりあえず記事メモ:外国人研修・技能実習生への性暴力事案 | トップページ | うなぎ… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/57677387

この記事へのトラックバック一覧です: 記事メモ:都教委が「明らかな間違い」の排除を高校に命令:

« とりあえず記事メモ:外国人研修・技能実習生への性暴力事案 | トップページ | うなぎ… »