« テストの花道:同じこと言ってた | トップページ | 世の中に「当たり前」は存在しない。好悪の理由を言葉で考える意味 »

2013/10/26

DVR-DT95の字幕表示不具合が直った…たぶん

5年ぐらい前に買った録画機、パイオニアDVR-DT95。
ずっと字幕表示がおかしくて、変だなあ…と思い続けていました。

ふと、他のユーザはどう思っているんだろう、もしかして解決策が?と思って検索してみました。
したら、パイオニアから、
「DRモードで録画したタイトルを再生すると字幕が表示されなくなる場合がある症状を改善」
とかいうソフトウェアが出ているではありませんか。

この数年間の私の苦労は何だったんだろうか…。

DVDレコーダー最新ソフトウエア 提供サービス : パイオニア株式会社
DT75_95_Ver161.EXE / 28.6 MB (30,023,780 バイト)

ダウンロードして、解凍して出てきたファイル
DT06_OP161
DT06DVR161
という拡張子がない二つのファイルを、ISO9660形式(レベル1)でCDに焼いて、アップデート手順に従ってDVR-DT95に読ませます。

*ISO9660フォーマットでのCDの作成
Window7, 8 では対応しているらしいです。XPでも。Vista では対応していないみたい。
VistaではCDを焼くとき「マスタ形式」というのを選べば ISO9660形式になるという人もいます。
そこで今回「マスタ形式」を試してみましたが、DVR-DT95は読んでくれませんでした。

で、CD書き込みソフトを検索して、下記の人の記事を読んで、
カルゴンのガラパゴス日記 : フリーで使えるISO9660(level1)対応のCD書き込みソフト
InfraRecorderというソフトウェアを使いました。
InfraRecorder » Downloads
レジストリを変更しないので Zip archive を選びました。zipファイルを解凍してできるフォルダにある infrarecorder.exe を実行するだけです。

で、できたCDを以下の手順でDVR-DT95に読ませます。
1.放送を「地上アナログ放送」に切り替える
2.ディスクトレイを開いてCDを載せる
3.本体のボタンで、録画停止ボタン(赤い四角、右から3つめ)を押しながら再生ボタン(三角形、一番左)を押す。
資料:DVR-DT100/DT90/DT70/DT95/DT75/RT900D/RT700Dアップデート専用ディスク操作手順書

ディスクトレイが閉じられると表示窓に、
LOAD→POWER OFF→POWER ON→DISC DWLD→
というふうに表示が変わって、突然ディスクトレイが開きますが、放置します。
したら、表示窓に DL B1 P1 みたいな謎の表示がしばらく続きますが、やっぱり放置します。

トレイが自動で閉じられ、最後に電源がオフになったら終わりです。

*********
DVR-DT95がうまくバージョンアップされているかを確認するには、
1.「ホームメニュー」を開く
2.「インフォメーション」を選ぶ
3.「ソフトウェア情報」を選ぶ
4.「ソフトウェアバージョン」が VERSION: 1.61 になっている
ことを確認すればいいです。

« テストの花道:同じこと言ってた | トップページ | 世の中に「当たり前」は存在しない。好悪の理由を言葉で考える意味 »

しらべもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/58456532

この記事へのトラックバック一覧です: DVR-DT95の字幕表示不具合が直った…たぶん:

« テストの花道:同じこと言ってた | トップページ | 世の中に「当たり前」は存在しない。好悪の理由を言葉で考える意味 »