« 台湾で思ったこと | トップページ | 先生を増やすこともできないほど我々の国は貧しいのだろうか。 »

2013/10/18

頭が悪い大学、その他

東北大学教員によるツイッターにおける不適切発言について(お詫び) | ニュース | 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-

2013年10月18日 18:10 | ニュース
昨夜の本学教員のツイッターにおける不適切発言では、多くの皆様に不快な思いをさせてしまい、深くお詫び申し上げます。
当該教員に対しては、本日、所属組織の責任者が面談し、発言の経緯、事実を確認の上、本人に対し厳重なる注意を行うとともに、関係者に謝罪するよう指導いたしました。
今後、二度とこのようなことを起こさぬよう関係組織と十分連携の上、再発防止に努めてまいります。
東北大学は、被災地の大学として、被災地の復興と我が国の新生に向け、教職員が全力を挙げて取り組んでおります。本学の活動について、ご理解をお願いいたしますとともに、ご指導等賜れれば幸いです。
東北大学法務・コンプライアンス部
話題になっていて、何だと思ったらこれだったらしい。
【悲報】東北大学 教授 沼崎一郎さん(楽天ファン)が「ロッテごときが」「千葉、滅びろ!」 →大炎上 - NAVER まとめ
まあ、正直ちょっとご本人の社会性を疑う tweet 群ではあるけれど、野球ファンの中ではこの程度の調子に乗った発言は不思議じゃない。どう見ても野球の応援の文脈でしかないし。大学内部で「恥ずかしいので止めてくれ」という話があるにしても、大学が声明を出し、謝罪するような案件じゃないだろう。こういう家父長的な風潮は勘弁して欲しい。とりわけ大学なんだし。

このNAVERまとめを見ると、この沼崎さんに反応している方がなんか過剰反応気味なわけで、そうした圧力に屈して保身に走った大学(組織防衛に汲々として筋を通せない大学)というイメージを東北大学に持ってしまった。こうした過剰反応をあっさり許してしまうほどに、今の大学も経営陣の独断専行が「リーダーシップ」の名の下に進められているのか…と思うのは下衆の勘ぐりかな。

**********************
ユニクロ側が文春に全面敗訴 「過酷労働」記事の訴訟 - 47NEWS(よんななニュース)

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングなど2社が、過酷な労働について書いた週刊文春の記事や単行本で名誉を傷つけられたとして、文芸春秋に計2億2千万円の損害賠償と本の回収などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は18日、請求を全て退けた。
 判決理由で土田昭彦裁判長は「『月300時間以上、働いている』と本で証言した店長の話の信用性は高く、国内店に関する重要な部分は真実」と指摘。「中国工場についても現地取材などから真実と判断した理由がある」と指摘した。
 2013/10/18 17:56 【共同通信】
「全て退けた」ってのがすごいなあ。
「ファーストリテイリングなど2社が」って、残りはどこだろうと思ったら、株式会社ユニクロだった。

株式会社文藝春秋に対する訴訟の判決について | FAST RETAILING CO., LTD.

株式会社ファーストリテイリングおよび株式会社ユニクロが、株式会社文藝春秋に対し、同社発行の週刊誌「週刊文春」および「ユニクロ帝国の光と影」の記載内容が当社の社会的評価やブランド価値等を不当に貶め、名誉を毀損する不法行為であるとして提起していた訴訟につき、本日判決が下りました。判決内容は、当社の主張が認められない、事実に反するものであり、誠に遺憾に存じます。当社の今後の対応は、諸事情を鑑みて慎重に検討し、決定いたします。
なんにしろ、ユニクロがブラック企業だということが裁判所に認定されたわけで、こうなるとなかなかユニクロのものを買いたいとは思えなくなるね。

« 台湾で思ったこと | トップページ | 先生を増やすこともできないほど我々の国は貧しいのだろうか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/58409930

この記事へのトラックバック一覧です: 頭が悪い大学、その他:

« 台湾で思ったこと | トップページ | 先生を増やすこともできないほど我々の国は貧しいのだろうか。 »