« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の3件の記事

2013/11/20

果てしなく自滅への道を突き進む人びと

与党というか安倍政権というか、なんでこんなに劣化してしまったんでしょうね。
他国や歴史を理解する能力がないにしても、まだしも外交感覚からは政権担当者がこんな妄言を吐くようなことは、いくら自民党とは言え昔はなかったと思うんですけどねえ。
今の政権はまさに暗愚としか言いようがない。

まあ、我々の社会の現状の反映でもありましょう。
本当に見通しが暗いです。

安重根「死刑判決の人物」 世耕氏、韓国外相に反論  :日本経済新聞

2013/11/20 17:59
 世耕弘成官房副長官は20日の記者会見で、韓国外相が初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根への菅義偉官房長官の発言を批判したことに反論した。「伊藤博文を殺害し、死刑判決を受けた人物だ。それに尽きる」と述べた。

 菅氏は19日の会見で、韓国による安重根の顕彰碑建立計画について「安重根は犯罪者だと韓国政府に伝えている」と不快感を表明。尹炳世外相は20日の韓国国会で「政府としても、国民としても容認できない」と反発した。〔共同〕

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/18

ということは、つまり…

関東などのPM2・5上昇、原因は中国でなく… : 環境 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 鹿児島県の桜島の噴煙が、関東から近畿地方にかけて微小粒子状物質「PM2・5」の濃度を上昇させるケースがあるという研究を、気象庁気象研究所がまとめた。19日から仙台市で始まる日本気象学会で発表する。
 7月上旬、関東から近畿にかけ、PM2・5の濃度が1立方メートルあたり約100~50マイクロ・グラムと、国の環境基準(同35マイクロ・グラム以下)を上回ったことがあった。気象研究所の田中泰宙主任研究官らが、この時期の大気の様子などを調べた。
 米航空宇宙局(NASA)の人工衛星の画像を解析すると、九州から本州の太平洋沿岸に微粒子を含んだ空気が多く流れていた。一方、中国から汚れた大気が流れた形跡はなかった。
 そこで、噴火活動が活発化していた桜島の噴煙がどのように流れたかをコンピューターで想定したところ、PM2・5の濃度が実際の観測結果とほぼ一致したという。
 田中主任研究官は「PM2・5については火山の噴煙も考慮する必要があることがわかった。季節や風向きでどう影響が変わるかを引き続き調べたい」と話している。
(2013年11月18日14時43分 読売新聞)
噴煙がしばしば直撃している錦江湾周辺の地域では要するに…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/02

ヒステリックな天皇制国家、神国ニッポン。

こんな騒ぎになるとは…山本太郎議員が釈明(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

日本テレビ系(NNN) 11月1日(金)16時16分配信
 先月31日、山本太郎参議院議員が園遊会の場で天皇陛下に手紙を手渡したことをめぐり、山本氏は参議院の議院運営委員長らに対し、「こんな騒ぎになるとは思わなかった」などと釈明した。

 参議院の議院運営委員会の理事会では、山本氏の行為について共産党の理事から「常識を欠いて不適切だが、懲罰までにはあたらない」という意見が出たものの、「国会議員としてあるまじき行為で、参議院議員としての品位に欠ける」という点では与野党とも一致し、山本氏本人から事情を聞くこととなった。

 岩城委員長らによる聴取に対し、山本氏は「こんな騒ぎになるとは思わなかった」などと釈明した。

 山本氏「園遊会で手紙を渡すということがルールに反しているということは、自分の中で意識がなかった」

 理事会は、来週、あらためてこの問題の対応について協議することにしている。

この件でウェブ上は大いに盛り上がっている。多分テレビのニュースやワイドショーもそうだろう。

山本議員が愚行を犯したというのは明白だが、これへのちまたの反応がヒステリックで笑える。
山本議員が批判されているその最も根本には「尊崇の対象たる天皇陛下に不敬だ、恐れ多い」という観念がある。
政治利用云々はそれはまあその通りなのだが、それだけでこんなに盛り上がりはしないだろう。
先日には安倍内閣がサンフランシスコ平和条約を祝う「主権回復の日」(笑)の式典に天皇を引きずり出したが、大事にはならなかったし、五輪招致のスピーチで皇族を使ったときは大喝采だった。
天皇家の人間について話す時には敬語を使わなければならないという暗黙の圧力と教育はこうした天皇崇拝の象徴的な例だ。日本にはイエスも仏陀もアラーもいないが、その代わりにアニミズム的な多神教の中心または頂点として天皇がいるのだろう。しかしこうした信仰の構造はほぼ完全に意識に内面化され、信仰であるとすら意識されない。英国王室にはパパラッチが付くが、天皇家にそれは絶対に許されないわけだ。

一つ奇妙だなあと思うことがある。
山本議員が不敬だというわけだけど、山本議員は、天皇への直訴が政治的効力を持つ、言い換えると天皇が政治的影響力を持っている、ないしは天皇への直訴という行為が政治的に意味を持つという認識を持っていたわけである。これは、山本議員が天皇を敬い、日本にとって極めて重要な存在だと思っていることの証ではないだろうか。
もちろん山本議員が単に国民の天皇信仰を利用しようとしただけだという解釈も成り立つが、そもそも計算尽くでこんな突飛な行動に走るのだろうか。ちょっと計算すれば今回のようなアレルギー反応が出て損をすることぐらいはすぐ分かりそうなものだが。

ともあれ、彼は少なくとも天皇を政治利用することに意義を見いだしていたわけで、この点では天皇の復権、天皇中心の国家体制を志向する人びとは、彼のずさんさを批判することはあれ、彼の志は良しとすべきなのではないか。つまり、右翼的な人たちは、彼の若い情熱を大事にしながら彼を励まし育てていかなければならないのではないか。
というわけで、彼を懲戒するとか議員辞職させるとか死刑にするとか言ってる場合ではなくて、ここは彼を助けて恩を売り、「私はなぜ天皇陛下へ手紙をお渡ししたか――陛下の大御心と国づくり」みたいな論題で講演でもしてもらったらどうだろうか。

…と思っていたら、こんなことを言っている人がいた。…まあ、「あぁ、あの人ね…」なんだけど。
第5回 皇位継承問題と大御心
要するに、
天皇とは空っぽな存在として利用するものであり、天皇の意志などはどうでもよい
ということなのだが、北海道神宮が載せてるんだよね、これ…。
竹田某のあけすけな与太話はどうでもいいが、神社本庁直属の北海道神宮が嬉しげに掲載していることが示唆するように、これこそが右翼の実態であるなら、山本議員こそ忠良なる臣民ではないか。
天皇に敬意を表するのが当たり前と思う(手紙を手渡すことすら不遜なものを感じる)人は、山本議員をむしろ称揚すべきだろう、苦笑いしつつ。

********************
追記(2013年11月8日11時41分)
山本議員への処分が決まりましたな。
自民党などは「オレらの天皇利用はキレイな天皇利用、アイツが天皇を触るのは許せん」っていうことだそうで。
神聖にして犯すべからざる(俺たちの)カミ、それが天皇。
これを立法府が21世紀の世界に向けて公然とやるという。愚かなことです。

山本太郎議員は皇室行事参加禁止へ NHKニュース

山本太郎参議院議員が秋の園遊会の会場で天皇陛下に手紙を手渡したことを巡っては、参議院議院運営委員会の理事会が処分の内容を検討しており、自民党から議員辞職や懲罰などを求める声が上がっている一方で、共産党は懲罰までは必要ないと主張しています。
こうしたなか山崎参議院議長は、「問題をこれ以上、長引かせるのは適切ではない」として、山本氏に厳重注意するとともに、今後、参議院議員として皇室行事に参加することを禁止する方向で調整しています。
時事ドットコム:皇室行事参加を認めず=議長が厳重注意-山本議員処分・参院
参院議院運営委員会は8日午前の理事会で、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した山本太郎参院議員(無所属)の処分を協議し、山崎正昭参院議長が山本氏に厳重注意した上で、皇室行事への参加を今後認めないことを決めた。同日午後に山崎氏が山本氏に伝える。
 皇室行事への参加不許可に関しては、宮内庁の依頼を基に参院事務局が作成する招待名簿に山本氏の氏名を掲載しないようにする。園遊会のほか、新年祝賀の儀や天皇誕生日の宴会の儀などが対象。原則として山本氏の6年間の任期中、処分は続く。
 こうした対応は参院の規則になく異例。各党とも山本氏の行為は問題があるとして、一定の処分が必要と判断した。(2013/11/08-11:02)

********************
追追記(2013年11月9日13時55分)

懲りない山本太郎氏「二重橋に行っておわび申し上げている 今後も続ける」 ― スポニチ Sponichi Annex 社会

山本氏が皇室行事出席禁止処分を受けたという記事。

処分は参院規則など正規ルールに基づかない異例の措置。国会法で議長に与えられている「秩序保持権」を根拠とした。

 自民党は当初、皇室行事出席に関し「自粛」とする方針だったが、党内から「処分が軽すぎる」と異論が噴出したため、「禁止」に変更。山崎議長(自民党)からの提案という形をとり議運委理事会に諮り、各党の賛同を取り付けた。処分は山本氏の任期が終わるまで継続される見通し。

まあアタマがおかしいとしか言いようがありませんが、もう日本中がそういう状態らしい。
取材に対して、山本氏が二重橋前で「お詫び申し上げている」というと(これもアホかと思うが)、
これには記者団も驚いた様子で、「謝罪はいいが、人に言うことではない」「言えばさらに迷惑になると想像がつかないのか」などの声が上がった。
のだそうで。
ジャーナリストが天皇崇拝を常識のように信じ切っているという。
日本は気持ち悪すぎる社会になってしまいました。この先どこまで行くのでしょうね。

【参考】
Afternoon Cafe 「主権をトリモロシタぞ!」の日

民主党の桜井充政調会長は…中略…「天皇陛下が来られるので、代表が出席を検討している」と述べた。
Afternoon Cafe 「主権をトリモロシタぞ!」の日(2)
そして天皇夫妻が壇上から去ろうとしたとき「天皇陛下万歳三唱」がおきました。…中略…
この万歳三唱は国民主権の観点から適切かという質問に対して、菅官房長官は「予想もしていなかった」「自然発生したもので、…中略…
しかし安倍総理も麻生副総理もこの万歳三唱に加わっており、…後略

英BBC「主権回復式典は安倍氏の国家主義キャンペーンの一環と見られ、近隣諸国を怒らせた一連の出来事の最新作だった」 - Transnational History
呆れたことに、三権の長がそろって両手を上げ声を合わせ「天皇陛下万歳」を叫んだという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »