« 外国人医療介護者の受け入れ:N3級で大丈夫なのかな? | トップページ | 淡々と安倍政権がらみの報道を記録。 »

2014/02/06

警察の証拠ねつ造と権力監視と秘密保護法

とても興味深い。
高知白バイ衝突事件で裁判所が「第3の説」 - Apes! Not Monkeys!  本館
こちらで拝見した事件。これだけでは何のことやら理解できず、参照先を確認。

シリーズ:高知白バイ衝突死 | ニュース | KSB瀬戸内海放送
この第1回。警察の証拠ねつ造が極めて強く疑われることが分かりやすく説明されています。

概要は、
1. 中学校の生徒・教師を乗せたスクールバスが、白バイと衝突、白バイに乗っていた巡査長が死亡。
2. 警察は、バスが道路を右折中に白バイと衝突したとして運転手を逮捕、起訴。
3. 運転手側は、右折待ちで停止していたところ、白バイが突っ込んできたと主張。

で、警察側の主張は、
バスは動いていた。衝突時に急ブレーキを掛けて停止した。その証拠に、道路にブレーキ痕が残っている。
というもの。
ところが、
・この証拠となる写真は、事件から8ヶ月経ってから示された。運転手は全くその写真が理解できなかったと言っている。
・警察が主張するバスの移動速度5~6kmに比べてブレーキ痕が長すぎ、鮮明すぎる。
・証拠写真とされるブレーキ痕は形状がかなり不自然。
さらに、
・数多くの同乗者は、「バスは停止していた。白バイが突っ込んできた」と述べている。
・事故直後に逮捕された運転手が約1時間後に現場検証されたときには、警察車両から降ろされず、ブレーキ痕の有無を確認させられていない。
という状況。
警察が身内を守るために証拠をねつ造したのではないかと疑われるという話です。

*********
警察の証拠ねつ造や証拠隠滅がしばしば報じられます。また、えん罪事件も後を絶ちません。
そしてまた、こうした不正が古今東西で起こり続けていることは、論を待ちません。従って、こうした人権抑圧や横暴は、権力機関、治安組織には避けがたい宿痾のようなものだと考えることができます。警察がいかに善良な人びとだけで構成されるようにしても、警察という役割と組織の宿命としてこうした傾向は必然的に起こってしまうものだということです。
「だから仕方がない」、「警察とはそういうもの」
というのではなくて、「だからこそ、こうした傾向をいかに防止できるか」を考えなければなりません。捜査や取り調べの改革などの意義はそこにあるわけです。
そして、この改革の大きな方向には、捜査過程をできるだけ透明化すること、起訴内容を客観的に検証可能にすることがあると思います。すなわち、組織の内的な偏向を外的な(多数の)力で牽制し、誤りを正すという方向です。
これは、他の行政機関についても進められてきた情報公開推進の方向とも重なっていると思います。これらには、権力機関に隠し事の余地を与えると、いずれ必ず腐敗するという認識が下敷きにあります。そしてこの認識は、権力の暴走を防ぐために人類が生み出してきた最も基礎的な智恵の一つであると思います。

翻って、特定秘密保護法。

この実現を強力に推進した安倍氏にはこうした認識は全くなく、権力の運営は、指導者の属人的・個人的な意志・能力に委ねてよいのだと考えているようです。

時事ドットコム:秘密指定「私が監視」=安倍首相-衆院予算委

 安倍晋三首相は31日午後の衆院予算委員会で、特定秘密保護法の運用について「首相である私が、正しく行政機関が秘密指定をしているかどうかを、国民の代表としても見る」と述べ、秘密指定の妥当性を自ら監視する意向を強調した。民主党の岡田克也前副総理への答弁。
 政府は、秘密指定の監視機関として「保全監視委員会」や「情報保全監察室」を設置するが、いずれも政府関係者で構成されるため、機能を疑問視する声が強い。首相としては、自ら積極的に監視する姿勢を示すことで、国民の理解を促したい考えとみられる。(2014/01/31-20:49)
もちろん、「私が監視する」と大見得を切った安倍氏は、
●秘密保護法への反対言論に対して「自民党で検証するべき」と圧力を掛け(1)、
●「安倍政権打倒が朝日新聞の社是だ」と名指しで恫喝し(1)、
●自ら作った秘密保護法の定めを無視して、当局が恣意的に秘密文書を廃棄しても構わないと述べ(2)、
4.鳩山氏が政府見解と異なる認識を外交筋に述べると怒るくせに、NHKの経営委員が同じことをしても「個人的見解は自由」と許し(3)、……
と、いう資質の人なんですが。

賢人政治を信奉する人ほど、人間の限界や誤謬への認識が甘い(正確に言うと、人間一般と言うより「自己・自分」の限界や誤謬への認識が甘い)という事例の一つなのかもしれません。
ともあれ、「ボクちゃんの理想のクニづくりゴッコ」に振り回される我々は巨大な迷惑を被っているわけです。

***************:
(1)時事ドットコム:秘密法報道に不満爆発=安倍首相「3年後に検証を」-参院予算委
(2)東京新聞:秘密文書、手続き抜きで廃棄も 緊急時と首相、秘密保護法で:政治(TOKYO Web)
(3)ダブルスタンダード内閣、あるいは歴史修正主義を外部委託する安倍政権 - 誰かの妄想・はてな版


« 外国人医療介護者の受け入れ:N3級で大丈夫なのかな? | トップページ | 淡々と安倍政権がらみの報道を記録。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警察の証拠ねつ造と権力監視と秘密保護法:

« 外国人医療介護者の受け入れ:N3級で大丈夫なのかな? | トップページ | 淡々と安倍政権がらみの報道を記録。 »