« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の24件の記事

2014/05/30

教員はへとへと……やっぱりそうだよね、という話。

教職員の疲労度、一般の2倍 計測技術使い立証:朝日新聞デジタル(2014年5月30日05時53分)

・研究チームは「教職員はあと一押しでうつ病や脳卒中、心筋梗塞(こうそく)などに陥りかねない『がけっぷち』の状況にある。支援が必要」と訴える。
とのこと。ですよね……。

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本の捕鯨外交についての面白そうな論文

石井敦, 大久保彩子(著), 真田康弘(訳)「日本の捕鯨外交を問い直す:商業捕鯨モラトリアム以降の外交目的と実態の乖離」 (石井敦のホームページ

先行研究はなぜ日本は捕鯨問題において極めて頑なで例外的な対応をしているのかという関心が出発点。
既存研究は、日本は商業捕鯨の再開を真剣に望んでいるという前提を置いているが、それがそもそも間違い。
捕鯨サークルの関心事は「科学」捕鯨継続に有利な現状維持で、商業捕鯨再開は単なるお題目。
という大筋のようだけど、後で読む。「日本的」なるものがどのように解きほぐされるのか、その一例として興味深い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/29

正に備忘録としてのメモ

トヨタのベア月2700円、日産は満額回答=自動車各社の春闘 | ビジネスニュース | Reuters(2014年 03月 12日 12:15 JST)
・2014年ベアは月2700円。ベア実施は08年以来、6年ぶり。組合側は4000円を求めていた。
・年間一時金は組合員平均244万円と満額回答。
・一般期間従業員の日給は200円引き上げ。
すごいなあ……などと思っていたわけですが。
しかしまあ長い間ベアゼロだったわけですね。期間工の日給200円増というのは時給20円ぐらいという感じ?

トヨタ、役員ボーナス5割増 最高益更新を反映:朝日新聞デジタル(2014年5月27日18時56分)
・1人当たり5千万円超、前年より1800万円近く増える。
・役員賞与は業績と連動、赤字転落した09年3月期から2年間はゼロだった。

というわけで、役員は去年も3000万円以上もらっていたわけです。

・取締役13人に対する今年の役員賞与は計6億5951万円。
・社外取締役を含む取締役21人に対する役員報酬は計8億6300万円。
・社外取締役3人に対する報酬は計4700万円。

社外取締役は賞与なしとして計算すると、社内の取締役は報酬+賞与で一人平均9600万円ほどになります。
さすが経営陣はがっちり自分たちの報酬については遥かに高いレベルを維持。そりゃ、労働者に満額回答出すぐらいだもの、俺たちがもらう分は次元を変えないとなあ、ってな感じ?

この種のことについては、しんぶん赤旗が詳しい。

・2013年7月18日(木) 「アベノミクス」で潤うのは/大増益トヨタ 社長年収1.6倍/従業員は前年比わずか1.5%増
・トヨタの豊田章男社長の報酬は、1億3600万円から1億8400万円に増えた。
・豊田社長は460万株近くを保有する大株主なので、配当が1.8億円以上増え、合計年収は前年度の1.6倍以上になった。
・平均年齢、平均勤続年数の伸びを考慮すると従業員の給与はほとんど増えていない。

・2011年12月3日(土) あの大富豪より負担が軽い?/トヨタ自動車社長の場合
・バフェット氏が、自分の税負担は課税所得の17・4%しかなく、富豪が優遇されすぎと怒った。
・トヨタの豊田章男社長の税負担は、多く見積もっても16%。バフェット氏より軽い。
・住民税まで含めれば、豊田氏の負担率は20.7%になりますが、バフェット氏も住民税を含めればもっと負担していると思われます。
・トヨタの一般正社員の平均は大体30%と推定。住民税コミだと37%。社長より重い。

おまけ。
世界一トヨタ、5年間法人税を払っていなかった! どんなカラクリがあるのか、と怒りの声  : J-CASTニュース(2014/5/27 13:58)

・豊田章夫社長の言葉(社長就任2009年6月)。
・「一番うれしいのは納税できること」
・「社長になってから国内では税金を払っていなかった。企業は税金を払って社会貢献するのが存続の一番の使命」
・「納税できる会社として、スタートラインに立てたことが素直にうれしい」

過去5年間は「一番の使命」すら到底果たせないほどに困窮していたというお話ですね。

でも、実は黒字決算だったんですよね、この間。税引き前当期利益は、
・10年3月期 2914億円
・11年3月期 5632億円
・12年3月期 4328億円
・13年3月期 1兆4036億円

要するに法人税の控除項目など、様々な優遇措置がたくさんあるので、それを活用して節税したのではないかと。
納税できなかったのではなくて、納税しないように工夫したんですね。「一番の使命」なのに。

**************
複数の他人の複数のツイートに簡単にリンクを張る方法はないのかな。
twitter ってメモ的な参照の仕方には使いづらい。本来そういうツールじゃないのでしょうけど。

あらがみ (@K_Argm)氏のツイート。(参照先1, 参照先2)

1) 「私は、性暴力に関する知人のワークショップに行ってきました。彼女は会場にいた男性陣にこう質問しました。『あなたがもし、襲われそうになったりレイプされそうになった時を想定してどのような護身をしていますか?」
2)私も含めた他の男性は全員言葉につまり、すぐに答えが言えませんでした。最終的に一人が手を挙げて、「何もやっていない」と答えました。今度は全く同じ質問を女性陣にしました。ほぼ全員がいっせいに手を挙げました。そして一人一人話していきました。
3) 「街で出歩く時は絶対男性と目を合わせないようにする」
「パーティでお酒を飲まない」
「パーティに絶対に一人で行かない」
「男性集団が複数人こっちに向かってきたら、避ける」
「護身用の鋭利な鍵をいつも持ち歩いている」
4) 黒板に書ききれないくらいに埋まりました。男性側の黒板はまっさらでした。ショックでした。生きていた中で女性から全く聞いたことがなかったからです。今迄接してきた女性の事を考え、『ジェンダーについてもっと学ばないといけない』と気がついたのです(終わり)
という「護身についての男女の認識の差」についての文章。男性によるものです。変えようという意思があれば変われます、というメッセージでもあり、気がつく、自覚するということがまず大事だということです。

この方のツイートでついでに見つけた本。(参照先)
向谷喜久江氏の、『よばいのあったころ ── 証言・周防の性風俗』(マツノ書店 1986年)

「娘にとって、夜這いほど恐ろしいもんはありませんでした」
「結婚していちばん嬉しかったんは、夜這いのことを心配せんでぐっすり眠れることでした」
という証言が載っているというのですが。
近くの図書館にはない。古書店にいくつか出ているようです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/27

すごく気持ち悪い

心の準備をしていたけれど、それでも吐き気を催したのでメモ。


徹夜明けの心身には刺激が強すぎた……これから一仕事あるのに手が震えて仕事にならない……

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/22

歯磨き粉・クレンジングは研磨剤に注意する。プラスチックゴミは環境中に漏らさない。

細かいプラスチック片、プラスチック粒による海洋汚染のことを最近知って気になっています。
似たようなことで、スペースデブリ、温暖化ガス、環境ホルモン、ビニール袋などの海洋ゴミ、外来生物、遺伝子組み換え作物なども気にしています。
発生源が分散していて一度放出されると極めて回収困難なもの、というのが私の「気になりポイント」の一つらしい。

かつて、プラスチックは腐らず、ずっと環境中に残り続けるとして問題視されていたと思います。
私は、それでもやがて風化してボロボロになっていけば、問題はなくなるのではと漠然と思っていました。
ところが、ボロボロに風化することがかえって危険性を増しているのだそうです。

・生物が体に取り込みやすくなる
・表面積を増して、有害物質を吸着しやすくなる

エサと間違えて摂取して排泄できず、他のものを食べられなくなって餓死したりするケースもあるそうです。

もう一つ、小さいプラスチックの粒、加工用ペレットや「マイクロビーズ」と呼ばれる極小の粒の害も深刻だとか。
マイクロビーズのサイズは4ミクロンから1.24mmほどだそうです。仮に分離できても目に見えませんね。
マイクロビーズはクレンジング素材として化粧品、歯磨き粉、ボディウォッシュなどに入っているそうです。

こうしたものは言うまでもなく環境からの回収がほぼ不可能なので、法的規制が検討されているとか。
ただ日本ではまだ検討もされていない様子。しかし日本の研究者も警鐘を鳴らしているようです。

東京農工大学の高田秀重教授など。→研究室
海汚すプラスチック/生き物への危険 報告相次ぐ しんぶん赤旗 2013年12月22日(日)

この問題には Wired が注目しているみたい。
プランクトンの中にもプラスチック――深刻化する海洋汚染 « WIRED.jp(2004.6.23 WED)
動画:海水にはプラスチックの破片が大量に « WIRED.jp(2008.1.11 FRI)
太平洋ゴミベルト:プラスチックの濃縮スープとなった海(動画) « WIRED.jp(2009.8.24 MON)
食物連鎖に入り込む「スクラブ洗顔剤」の一部、米国で規制へ « WIRED.jp(2014.5.22 THU)

スイスのニュースを紹介するサイトでも。
スイスの河川: 見えないゴミ「マイクロプラスチック」汚染の真相を探る - swissinfo.ch(2013-10-25 11:00)


環境ホルモンや低線量の放射能汚染などと同様に、こうした、
・非常に広い領域に
・薄く拡散して、極めて複雑な形でポットスポットが現れたり消えたりして、
・幅広い動植物に多様な影響を与える
汚染は、大変厄介な存在だと思います。
自分のゴミをきちんと処理すること、プラスチックゴミはなるべく大きなうちに拾うこと、歯磨き粉などを買うときは研磨剤に注意することが大切ですね。

***************************************
追記(2016年6月13日)

関係する記事をたまたま見つけたので記録。

人間が出した微小な「マイクロプラスチック」が魚の成長を妨げている可能性 - GIGAZINE(2016年06月13日 08時25分00秒)

| コメント (4) | トラックバック (0)

Tポイントカードだけじゃなくてヤフーの利用も危ないことに。

ニュース - ヤフーとCCC、Tカード購買履歴とWeb閲覧履歴を相互提供へ:ITpro

Tカードでリアルの日常生活を監視され、ヤフーでネット上の生活を監視され、どっちの会社からも、リアル、ネットの両方の行動を観察できるというわけです。

*****
追記(2014年6月22日)
Yahoo!から自分の情報を流されるのを拒否する窓口→カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社への情報提供について - Yahoo! JAPAN
ただし、Yahoo! JAPANでTポイント(Tカード)の利用手続きをしていない人は、「Tポイント利用手続きを完了されていないため、情報提供はいたしません」と出るので、特に何もしなくても大丈夫のようです。
*****

一応、ユーザがこの情報連携を拒否できる仕組みを用意するそうです。
まあ、誰もその信頼性をチェックできないんですけどね。
よくある話ですが、こういうヤバイ仕組みって、初めに作った人たちがいくら良心的運営を心がけていても、しばらくするとそんな運営精神はどこかに行ってしまうんですよね。
だから歯止めの規則をガチガチに用意しないといけないのですが、運営側は絶対嫌いますね、そういうの。自由が利かなくなるから。そのフリーハンドが一番危険なんですが。
まあ、今回は民間企業の私的な規約ですから、そもそも運営を外部から監視することなどできないわけです。

CCCの提供情報:商品購入履歴、キャンペーンやサービスの利用履歴、属性や嗜好性など
ヤフーの提供情報:Web閲覧履歴や広告閲覧履歴、キャンペーンへの参加情報、ユーザーの興味や関心など

で、ヤフー広報によると、「履歴情報および特性情報」は個人情報には当たらないと考えているそうです。

このほか、聞いていて楽しくなる情報活用がいろいろと。

例1:ヤフーが官公庁(=警察、税務署、その他)に自由に情報提供

その情報提供には、多分Tカードからの情報も活用されるのでしょう。
・「法令違反の可能性があるユーザー」に
・官公庁が注意を促す際、
・ヤフーがユーザーの連絡先などの個人情報を任意で官公庁に開示
するそうです。
「法令違反」かどうかはヤフーが判断するんですって。
ある日突然警察から電話が来て、「ちょっと署に来てほしい」なんてことが起きるかもですね。
役所の人がうっかりサンで、あなたのアレなサイトでのアレな書き込みや、アレなソフトをダウンロードしていることをついうっかりご家族や会社の人にもらしてしまったり…なんてことも?

例2:健康情報や疾病履歴なども生データを提供
「HealthData Labo(ヘルスデータラボ)」などのサービスを利用する人は、自分の健康データが外部に流される可能性があるみたいです。

*******
『1984』ではビッグブラザーという存在がありましたけど、現代はそんな存在はどこにもなくて、様々な企業が分散保有する個人情報が、状況に応じて何となくつなげられて、何となく利用されていくという、どこにも実体はないけれどもどこでも広範な監視が実現するという、すごく曖昧な監視が浸透し遍在していく過程にあるのかもしれません。

関連エントリ
skydriveは検閲されているそうです。
Suicaの利用記録を勝手に流用されたくない場合の手続き

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/15

アイスランドの捕鯨も日本人が食べるためだったとは。

その筋では知られた話だったようですが。

アイスランドから鯨肉到着 2000トン 年間消費量の3分の2 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News(2014年05月10日 16:38)

ただアイスランド国内では鯨肉はほとんど消費されておらず、捕獲されたクジラの肉の大半は日本に輸出されている。
そのほか、記事によれば、

・キプロス船籍のAlmaという貨物船が大阪市で冷凍鯨肉を荷卸し。港湾局は事前報告を受けている。
とのこと。

・アイスランドは商業捕鯨モラトリアム(一時停止)を押し切って2006年に捕鯨を再開。2013年12月、2014年の捕鯨枠を増加。
とのことですが、そうすると、日本人向けの商売として捕鯨を活発化させているとも言えそう。
ちなみにアイスランドの捕鯨業者はたった1社だけなのだそうです。

→参考:アイスランド唯一の捕鯨業者がナガスクジラ肉約2,000トンの日本への輸出を試みる | IFAW - International Fund for Animal Welfare(Thursday, March 20, 2014)
これによれば、
・アイスランドの捕鯨業者クリスチャン・ロフソンという人の会社が唯一。
・IFAWがギャラップ社に依頼した世論調査では、鯨肉を定期的に食べると回答したアイスランド人は3%。

捕鯨産業ってアイスランドの地場産業ではないのですね。

ところで、今回の輸入量2000トンですが、これがどんな数字かというと、再び上記記事によれば、

・2000トンは日本がアイスランドから過去6年間に輸入した合計量とほぼ同量。
というので、年平均の輸入量は333トンほどになります。

・2000トンは日本の年間鯨肉消費量のほぼ3分の2。
とのこと。鯨肉消費量は統計が分かりませんでしたが、新聞記事等では3000~4000トンの記述があるので大体合致します。
今回の肉はナガスクジラの肉だそうですが、ナガスクジラ属には小型のミンククジラから超大型のシロナガスクジラまで含まれるので、具体的に2000トンが何頭分になるのかは分かりません。

ところで、鯨肉の国内消費量が3000~4000トンということですが、他の肉類の消費量と比べると、
平成24年度食料・農業・農村白書によれば、
2011年度の消費仕向量は、牛肉が125万トン、豚肉が128万トン、鶏肉が210万トン。計463万トン。

また、平成24年度水産白書によれば、魚介類の国内消費仕向量は822.6万トンでした。

動物性蛋白質としては、このほかに牛乳・乳製品と鶏卵があります。

※国内消費仕向量=国内生産量+輸入量-輸出量-在庫の増加量(資料:農林水産省/食料自給率とは


いずれにせよ、鯨肉は平均的には食生活上非常にわずかな存在だと言えるでしょう。
これは狩猟制限によって抑制された結果なのかと思ったら、そうではなくて、そもそも日本人は鯨をそれほど食べないようなのです。

鯨肉の入札不発、4分の3売れ残り :日本経済新聞(2012/6/13 10:36)

検索すると、この記事など、鯨肉がなかなか売れず困っている様子がいろいろな報道から伺えます。
日本鯨類研究所と水産庁が、各地の給食に取り込んでもらうなど消費拡大に努力していたり、鯨肉の在庫調整に悩んでいたりしています。

クジラの肉、もっと食べて! 在庫ありすぎ、学校給食にも売り込む : J-CASTニュース
ほかに、知恵袋ですが、
鯨肉の4分の3が売れ残りだそうですけど! 調査捕鯨で売れないクジラとってどうした... - Yahoo!知恵袋
この回答に出てくる、
太地町を視察 民主党の捕鯨対策議員協 - AGARA紀伊民報(2012年06月05日更新)(魚拓
など。

なんで輸入しているのでしょうね……。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/14

サツマイモ強制退去

先だっての日曜日、プランターのサツマイモを某所に引っ越させました。

2009年頃からの仲なのでかれこれ5年ほどになりますか。
この間ずっと青葉を茂らせていて大したものでしたが、最近になって葉や枝から粘着性が猛烈に高いねばねばを分泌するようになり、それが辺りにも拡散してべたべたエリアを形成するようになって来ました。
この5年間、蟻や小バエ、蛾など多様な虫の住処にもなっていましたが、最近は今まで見たことがない謎の新種がびっしりと群がるようになり、それにもちょっと困っていました。
で、とうとう引っ越してもらうことにしました。
引っ越し先は某山中にある某廃屋跡の某がれき埋設地点で、廃木材がいい感じに腐葉土化していた場所です。

段ボールコンポストも処分してしまったし、今の同居人は若干の水生生物だけになりました。同居人としてはこれもすごくマイナーな種で人に言うと確実に引かれるので秘密ですが。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/13

温暖化で氷が溶けると海水面は上がるのか――地球温暖化の嘘を鋭く告発する上田和男氏

産経新聞から対照的な記事を2つご紹介しましょう。

南極の氷床融解「限界点、越えてしまった」 NASA、支え失った氷が浮いた状態 - MSN産経ニュース(2014.5.13 11:47)
・NASAなどが、温暖化する海の影響により南極氷床の融解に歯止めがきかなくなり、大幅な海面上昇が避けられそうにないと発表。

発表内容を淡々と伝える報道記事ですが、同じ産経新聞にはこうした温暖化説の誤りを簡潔に論じたコラムが存在しています。

【国際ビジネスマンの日本千思万考】日本人の「今そこにある危機」は「CO2」でも「原発」でもない、中国のPM2・5こそ健康蝕む脅威である (1/6ページ) - MSN産経west(2014.4.27 07:00)
例の上田和男氏のコラムです。

最初の小見出しがこれ。

海面上昇の原因は海氷にあらず、別の理由が
NASAの研究を一刀両断に全否定です。
では温暖化論のどこが誤っているのでしょうか。上田氏は、温暖化を「決めつける」データが一部地域の気温だけで、しかも「せいぜい数年、数十年程度」の現象しか捉えていないと断じます。
ではなぜ海水面は上昇しているのでしょうか。上田氏は次のように考察します。
 海面上昇に限っていえば、考えられる原因としては、雨量増、護岸工事や埋立地の増加、森林減に伴う河川の泥、堆積物の流れ込み…とさまざまありそうですが、定説はありません。ただ少なくとも氷が解けたものではないはずです。
少なくとも氷が解けたものではないはずです。

海水面が上昇しているのは確かだ。しかしその原因は氷が解けたものではないはずだ。

上田氏のこの洞察を極めてシンプルな科学的常識から導き出します。

氷の体積が水より大きいことは、理科好きの小中学生でも良く知っているように、氷が解けたなら海面は下がるはずでしょう。

水は凍ると膨張し体積が増える→氷が溶ければ体積が減る→氷が溶ければ水位は下がる

そう。温暖化で氷が溶ければ、海水面は下がるはずなのです。NASAはこんな「小中学生でも良く知っている」初歩的なことも無視している。上田氏は

「海氷が解けて、海水面が上昇した」などと、ふざけたような記事やコメントをあちこちで見かけるたびに、世の中の常識・良識はいったいどこへ消えてしまったのかと思わざるを得ません。
と嘆き、
 こうしたしろうと的思い込みや、気象学者の短期的データ盲信、あるいはそれに乗っかって、排出量の+-を、国家や企業間の取引材料にして商売ネタにしようと企む金融筋の不逞(ふてい)な輩たち
を告発しています。NASAなど全く不逞な輩の最たるものですね。

しかし上田氏によれば、最近はこうしたCO2主犯論に対抗する「良識派」も増えています。その「国際的発信者」らがいうには、温暖化は超長期の現象なので、その究明には100年程度のデータではとても足りないとのこと。

彼ら国際的発信者たちがいうには、地球の歴史は生物誕生後でも32億年、人類誕生後でも100万年もすぎており、およそ温暖化と氷河期の周期は10万年ぐらいの周期を繰り返してきたわけで、たかが50年、100年の地上データだけで、地球の温暖化を唱えるのはナンセンスだと決めつけています。
えっ?……「決めつけている」って、「温暖化がナンセンス」というのは間違っているってことですか?

もちろん違います。goo辞書によれば、「決めつける」には「一方的にきびしくしかりつける」という意味もあり、ここは「良識派」が温暖化論者を「一方的に」「きびしくしかりつけ」ているのですね。
goo辞書の例文に「いらいらしているしず子は、あたまから弟を決めつけた」という例文があるように、「良識派」の「いらいら」をも踏まえた表現になっていると解すべき箇所です。

ちなみにこのコラムの後半には、「気管枝」という表記も出てきますが、これも「気管『支』」の誤記ではありません。もともと肺胞へ細かく枝分かれする器官なのですから、「気管枝」の方が正しいのです。そうに違いないのです、上田氏がそう表記しているわけですから。

話を戻しましょう。
氷が溶ければ体積が減る。こんな明白な事実から地球温暖化の嘘と「不逞の輩」たちの罪を見事に暴いた上田氏。
そのコラムを連載している産経新聞もまた「ナンセンスなCO2主犯論」などにごまかされるような新聞社ではありません。その証拠に、次のような社説を……

【主張】温暖化対策 今は原発を動かすときだ - MSN産経ニュース(2014.4.16 03:34)

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第3作業部会が、温室効果ガスの排出削減に関する新たな報告書を公表した。……中略……
 日本は現時点で全ての原発が停止し、火力発電による二酸化炭素の排出増が続いている。
……中略……地球規模の温暖化対策に背を向けるような姿勢では、国際社会の理解は得られない。
あ、あれ……?

産経新聞社も「ナンセンスなCO2主犯論」に染まってしまっている……。
上田和男氏の連載を続けている新聞社にしてこのていたらく。温暖化の嘘が横行する世情を物語っているかのようです。
厳しい現実ですが、良識派の旅は始まったばかり。上田氏の戦いはこれからなのです……きっと……。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/12

地域振興と資源保護

「世界一の九州が始まる」島のまぐろに真心こめて 2014年3月30日放送
この番組を見て複雑な思いに。 →  :: 過去の放送

日本人が大好きなまぐろ。あまり知られていないが、沖縄県は、国内トップクラスの生鮮まぐろの水揚げを誇る「まぐろ王国」。しかし、その水揚げ量の多さゆえに、流通インフラの脆弱な離島地域では、消費しきれないまぐろを泣く泣く廃棄せざるを得ない現実がある。このような状況を打開するべく、石垣島八重山漁協の有志が立ち上がり、競りで値段がつかなかったまぐろを買い取って、ツナフレークに加工する事業を始めた。石垣島特製の、その名も「石垣島の本当にまじめなツナフレークス」は、お刺身でもおいしい新鮮な生鮮まぐろを、機械を使わずに、一つ一つ手作業で加工する。

周知のように、マグロ資源って全体に減っていて、立場はいろいろあれど、漁獲量を減らすことが大切だというのは基本的なトーンとして共有されていると思うのです。

しかるに、この番組で持ち上げられているのは、「過剰に取ったマグロの販路開拓」であるわけです。
季節によって豊漁の時期があり、そんなときには「1円でも引き取ってもらえない」時があると番組の中で漁師さんが言っていました。
「せっかく漁師さんが取ったものを、せめて燃料代の足しにでもできないか」という思いでこの製品開発を漁協が始めたということで、こうした地元発の取り組みは、地域振興的にはとても好ましいものです。

でも、ちょっと思うわけです。値段が付かない=取りすぎじゃないか、と。
市場が望む以上の量を取りすぎないようにする、漁獲量の管理をいかに行うかという取り組みの方が、本来望ましいのではないかと。

体制的にも経済的にも簡単でないのだろうとは想像できます。しかし貴重な資源(しかも次世代を生む資源)を「捨てるよりマシだから」という理由で販路拡大するというのも……。
このフレークは積極的に事業化するわけではなく、漁師の余剰の損失を減らすということが第一なのだそうで、わからないでもないのですが、引き取りで変に値段を付けると漁獲の過剰なインセンティブになりかねません。

たかだか十数分の番組で細かい話は難しいかもしれませんが、八重山漁協や地元の漁師さんたちの資源管理の考え方についても一言触れてほしかったなあという番組でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/11

汚物は消毒だーっ!と楽しそうな人。

石井孝明氏 みせしめのために雁屋哲氏へ心置きなくリンチをしようと呼びかけ - TogetterまとめFreezePage

なかなかすごいのでとりあえずメモ。
反社会的なヤツは市民の力でことごとく抹殺しよう!というマインド。
素晴らしい。批林批孔運動ですかな。さぞ「美しい国」が生まれることでしょう。

参考1.『美味しんぼ』の福島の話について、ずっと考えています。 - いつか電池がきれるまで
参考2.石井孝明氏は「国益」のためならばデマゴーグを許容する - 法華狼の日記

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/10

無自覚な差別主義者の深刻さ

差別主義者に「お前は〜か?」と聞かれた時、返答してはいけない理由。 - Togetterまとめ
あまりにひどいので途中で気持ち悪くなってしまった。

ここで絡んでいる@blue_wind2011というアカウントの人。典型的ですね。

オレには黒人の友達がいる。リスペクトしている黒人も多い。だから差別主義者じゃない。

「黒人」を「在日」に変えたら@blue_wind2011さんのできあがり。

この感覚の気持ち悪さを考えるきっかけを私に与えてくれたのは、同和教育だったのかなあと今になって思うことがあります。
同和教育にはかなり多様なものがあったようで、かなり嫌な思いをした人もいたようですが、私の場合は心の奥に自問を促すトゲのようなものを残し、折に触れて「差別とは何か」「自分は差別者か」「差別から離脱することはできるか」を考える基礎になったような気がします。

上記の Tgetter まとめへのコメントでも、@blue_wind2011さんが差別主義者だということがわからないで、差別にまみれたコメントをしている人が大勢います。

今回の場合、ごく簡単に言えば、「お前は○○か」と問われても答えないでいい最も基本的な理由は、答える必要も義務もないことです。質問の内容や社会のありようによって左右されることではない個人の本源的自由です。社会のありようによって、また身を守るための正解があるという発想は正しくないし、よくて二次的なことです。

マイクロアグレッションという件でも思いましたが、無自覚さへの警戒心を覚えることは、とても重要なことで、それこそ学校で触れる機会があってもいいことだと思います。
ただ、自分が差別者である可能性をどうしても許容できない人というのはたくさん見てきましたから、これが自我の根本的な再構築を要する難しい場合も少なくないでしょう。悲しいことですが、外国人、異性、出身地、学歴、所得、職業、宗教など、何らかの属性でレッテルを貼って、そこにある人をさげすむことが、自我の尊厳の維持と同一化している人はたくさんいるのです。

そうした人たちに、彼らの差別的言動に対してその場で突っ込んだことが幾度かあります。やりとりの中で自分の差別をどうしても否定できなくなると、皆私に怒りと嫌悪を向けてきて、多くの場合その後疎遠になりましたし、感情的にもしこりが残りました。そしてその後、その人たちはやっぱり差別主義者のままでした。
誰かへの悪感情や蔑視の原因が自分の心の歪みにあるということを直視できない人たちがいるのだと、こうした経験の中で知りました。
私も決して自分のとらわれから解放されているわけではないのですが、せめて自我の深淵を覗く勇気だけは持ち続けていたいと思っています。

上記のコメントにあった参考リンク。まだ見てないけど。
▶ エリオット先生の差別体験授業 ~青い目・茶色い目~ (アメリカ2001) - Dailymotion動画

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/09

読む?本

Amazon.co.jp: 千葉 敦子:作品一覧、著者略歴

なかなかきつそうな人ではある。
でも、それ故に面白そう。

古本で安価だし。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/08

「靖国問題」のよいまとめをブックマーク

勉強になったのでメモ。
「この「まとめ」だけ読んで「勉強になった」と満足せず、すでに小菅先生が世に出されている本を読みましょう。」
としっかり見透かされているけれど。

自由主義史観研究会の「朝日新聞に見る靖国問題」が朝日新聞をちゃんと読んでいない件 - 思いつきのメモ帳
ここから、
靖国神社参拝が「問題」化した経緯と、アメリカのアーリントン墓地との違い。付:靖国参拝での各国反応 - NAVER まとめ

自民党とそれを支援した靖国にこだわる勢力が日本の外交的自由を大きく束縛してきたことがよくわかります。

以下、感想メモ。
・1974年にエリザベス2世の献花問題を契機とした「靖国か千鳥ヶ淵かで大論争」のいきさつはちょっと知りたい。
・政府が政教分離原則に反しない公式参拝の形態を探ったというあたりも面白そう。
・あと、靖国=アーリントン説(安倍首相が主張した説)への強い違和感を表明したアメリカ人のコラムも面白かった。
・ザビーネ・ライヒェル(亀井よしこ訳)『目に見えない傷痕』晶文社、1991年 から引用された、国家による哀悼の制度化に対するドイツ人の葛藤は、非常に重要なポイントだと思う。
・連合国側が太平洋戦争に人種間戦争や植民地解放戦争という色彩を与えたくなかったという観点は一つの視角を与えるし、それは現在に続く戦後体制における諸外国の、日本の国家主義的動向に対するスタンスを理解する上でも重要。だけれども、思想性を外交的駆け引きの道具として解釈する余地を与えると、日本の国粋主義者・民族主義者から相対化されてしまいそうでもある。

【訃報】第二次大戦でビルマで戦い、特に日英間の和解に尽力したフィリップ・メイリンズさん - NAVER まとめ
こちらも面白かった。
歴史というものが無数の人びとの営為の絡まり合いによって動いていくのだということがしみじみと思われます。

これを読んで、全然つながりはないけれど、この本を思い出しました。
Amazon.co.jp: 行為の経営学―経営学における意図せざる結果の探究: 沼上 幹: 本

経営現象を因果の連鎖として描く視点を論じていて、ひたすらうならされた本。昔、講演を依頼して断られてしまったのが今でも心残り。

******
私が民衆史という視点に惹かれるのは、やっぱり経済学を学んだことが起点だと思います。ミクロとマクロの絡まり合いとして社会動態を見るとき、それをどう定式化するかというのが社会理論の大きな課題だと思いますが、「市場」や「組織」とされるものの不定形性をその細部にまで立ち入って味わおうとすると、個人史や民衆史、社史研究に行き着くような気がするわけです。そこには否応なしに感情やドラマ的要素が入りこんでしまうわけで、それもまた醍醐味だなあと。
その一方で、最近、ブローデルの『物質文明・経済・資本主義』をちょこちょこと読んでいるわけですが、世界史的規模でのマクロ的社会の運動という視座にも感じ入るわけで。
全く関係のない話になってしまいました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

「チンパンジー」を削除したら問題解決?差別をまき散らす産経新聞とマイクロソフト

以前、「低劣さに反吐が出る産経新聞と上田和男(こうだ・かずお)氏」として批判した産経新聞のコラム。

産経新聞が、見出しだけ修正していました。
具体的に言うと、「チンパンジー」という語を見出しから削除しました。それ以外は一切修正していないようです。
【国際ビジネスマンの日本千思万考】近くて遠い「反日・中韓」より、遠くて近い「親日・インド」を大事にすべし…パール判事の「知性」を思い出そう(1/5ページ) - MSN産経west

以前は、「反日・中韓」が「反日チンパンジー・中韓」でした。いつ変わったかは知りません。

一応、下記の魚拓に当たって本文の修正がないか調べましたが、変更点は全くありませんでした。
見出しを変更した点について社からのコメントもないようです。

この修正は各所で悪評が立って記事が有名になったためでしょうか。ならば、多くの人が批判したことに意味があったわけで、それは喜ばしいことです。
しかし、この修正はあまりに無知、または無恥・こそくです。
見出しだけが差別的だったのではなく、本文もまたひどすぎるからです。
本コラムのインド論が箸にも棒にもかからないのは言うまでもありませんが、前回のエントリでちょっと述べたように、そもそも「民族」でレッテルを貼ること自体が差別だし、記事で持ち上げている「インド人」ですら目下に見る優越感が各所で露出する見苦しさ。そして「インド人」を誉めたい本当の動機が「反日・中韓」を「むずかる」と揶揄しておとしめたいだけだといういやらしさ。
扇情的な見出しを少し改善しただけでこれらの問題を糊塗できると思う心性が本当に醜悪です。

産経新聞社はこのコラムの他にも数多くの差別的な記事・コラムを掲載しており、彼らに自浄能力がないことは明らかです。しかし、マイクロソフト社は少なくとも自らこれらの作文の編集責任を負っているわけではありませんし、愛国商売や炎上商法を収益源にするべき積極的理由もないはずです。にも関わらず、Internet Explorer のデフォルトスタートページとされるウェブサイトにこの様な差別意識むき出しの記事を放置し続けることは、マイクロソフト社自体もまた差別的企業だと見なされる、少なくとも差別と外国人嫌悪の垂れ流しに荷担し続けている企業だと見なされることになるでしょう。

しかしながら、この程度の小手先の対応で足りる・無視しても問題ないと彼らが考えるほどに、我々の社会は差別に寛容、言い換えれば被差別者に酷薄なのです。この様な状態を変えるためには、今回の抗議の声をさらに大きく、広くすることが何よりも重要なことだと思います。

ところで余談ですが、このコラム、誤植はあるわ、小見出しは内容と合ってないわ、まあ産経記事に校正はないというのは定番ネタですが、それにしても記事の質の悪さは見事に安定しています。せめて中国製食品の質に向ける関心と同じくらいの注意を自社のコラムにも払ってほしいものです。産経新聞社は自社の記事に愛着も誇りもないのでしょうか。

仕方がないので、とりあえずMSNにまた意見を送りました。本エントリ末尾に掲載します。
1000字では細かいことを書けず、いくつか内容を削らざるを得ませんでした。
MSNと産経ニュースは一体化しているので単なる場所貸しだという弁明はしづらいでしょうし、またMSNのブランドイメージも毀損していると思うんですが。

*****以下資料*****
●魚拓
(cache) 【国際ビジネスマンの日本千思万考】近くて遠い「反日チンパンジー・中韓」より、遠くて近い「親日・インド」を大事にすべし…パール判事の「知性」を思い出そう(1/5ページ) - MSN産経west
(cache) 【国際ビジネスマンの日本千思万考】近くて遠い「反日チンパンジー・中韓」より、遠くて近い「親日・インド」を大事にすべし…パール判事の「知性」を思い出そう(2/5ページ) - MSN産経west
(cache) 【国際ビジネスマンの日本千思万考】近くて遠い「反日チンパンジー・中韓」より、遠くて近い「親日・インド」を大事にすべし…パール判事の「知性」を思い出そう(3/5ページ) - MSN産経west
(cache) 【国際ビジネスマンの日本千思万考】近くて遠い「反日チンパンジー・中韓」より、遠くて近い「親日・インド」を大事にすべし…パール判事の「知性」を思い出そう(4/5ページ) - MSN産経west
(cache) 【国際ビジネスマンの日本千思万考】近くて遠い「反日チンパンジー・中韓」より、遠くて近い「親日・インド」を大事にすべし…パール判事の「知性」を思い出そう(5/5ページ) - MSN産経west

念のため上記魚拓から取った本文を下記に示しますが、現時点(2014年5月7日23時10分)では全く変わっていません。

●初期の本文

2014.4.19 07:00 (1/5ページ)[国際ビジネス]

中韓=チンパンジー 日印=ボノボ

 インドへ旅をしてきました。今こそ、パキスタンやバングラディッシュと国を分かちあいますが、インダス文明を生んだ古代都市圏として、またBRICS新興経済発展国の一角としても、インドがアジアの一盟主であることに変わりはなく、中でも、長期にわたり極めて親日的な国家・国民でいてくれることを忘れるわけにはゆきません。

 動物・人類学者のお説によると、類人猿には大区分すると、攻撃的・闘争的なチンパンジー派と友好的・防御的で愛の心情を持つボノボ派の2種に分かれるそうです。人類にも同じような性癖が継承されているらしく、さしずめ中華・朝鮮両民族がチンパンジー系なら、日本・インド両民族はボノボ系といえるのかもしれません。

2030年に中国抜いて人口世界一に

 現下のインドは、面積で世界第7位。人口は12・5億で、中国に僅差で次いで第2位ですが、45%が20歳以下なので、2030年には、間違いなく世界一の人口大国になるといわれております。観光ガイドの話では、結婚と家族関係を大切にする伝統があり、特に結婚式の招待客も数百人を超え、花火を打ち上げたり、万色のライトをともして楽団演奏で踊ったり相当派手なイベントが数夜も続くのだそうです。

 なんでも、世界最大の鉄鋼会社ミタルスチール社(一時期新日鉄も買収の危機にさらされたようですが、それも新日鉄と住金合併の引き金になったのかもしれません)のオーナー社長の御嬢さんの結婚式では、75億円もかけ、ベルサイユ宮殿を借り切り、世界中から数千人の招待客を集め、盛大な祝典を繰り広げたそうです。ちなみにミタル社は、フランスのユジノール製鉄会社由来のアルセロール社やオランダの会社などを買収しており、ミタル氏の欧州での高名と各界へのコネは無限のようです。

●“インドの春”実現のカギは「“中国の過ち”との決別」→次のページへ

2014.4.19 07:00 (2/5ページ)[国際ビジネス]

 いずれにせよ、一人っ子政策の中国に比して結婚奨励で多産系のインドが中国を逆転して人口世界一になるのは確実でしょう。問題は、現下の経済成長の継続と相まって、今後の政治がインドの陰の部分、すなわち世界最大と言われる貧困層の所得改善・社会保障と民度アップをいかに克服するか、にかかっていそうです。

なぜ仏教は定着しなかったのか

 釈迦が開祖・布教した仏教が、なぜインドで定着せず、現下の日本やタイでより正統的に継承されたのか、という長年の史的疑問をぶつけてみたところ、現地人ガイドの以下の説明に、ほぼ納得させられました。

 「ネパール発の釈迦仏教が持ち込まれたのは、前5世紀の頃だったが、釈迦の死に際し、その遺言を履行するべく、直属の弟子10人は伝道を広めよとの師命を実行するため、遠国四方八方へと旅に出てしまった。残された仏教はもともと経典を持たなかったこともあって弱体化し、その後古来土着の習俗とバラモン教が前3世紀ごろ結びついて、新世紀に入り6~7世紀ごろまでに宗教的骨格が固まってできたヒンズー教が主たる宗教となった」

 併せて、いまだに残るカースト制度もこのヒンズーのパルナ・ジャーティなどと呼称される職業・身分階級制度に由来を持つものだということも理解できました。民主主義国インドとはいえ、中国共産主義の階級制度とあまり変わりない“差別主義”から、いかに脱却できるかが、未来の存亡のカギを握っているのではなかろうか、と考えさせられました。

“インドの春”は起こるか

 先にインドの人口を12億5千万と書きましたが、このうち約7億人が選挙権を持っており、その点からいえば「世界最大の民主主義国」といえますが、逆にカースト制度や過密な人口が災いし「世界で最も選挙予想が当たらない国」ともいわれております。そのインドで、今年4月から5月にかけて総選挙が予定されており、すでにその前哨戦としての地方選挙が始まっています。

●パナなど日系も進出…所得3倍で世界5位へ、魅力は「知性」「冷静さ」→次のページへ

2014.4.19 07:00 (3/5ページ)[国際ビジネス]

 その一例、デリー首都圏議会選挙で、にわかに脚光を浴びたのが、結党わずか1年の素人集団「一般大衆党」で、従来の保守対革新の既存2党対立に割って入り、一挙に3極の一角を占めることになっております。党首は次期首相候補にまで上げられ、「国を変える願望」の下、インターネット中心で広く集められたボランティアの膨大な運動員たちの一挙手一投足が大きな注目を浴びるようになっています。これには。与党副総裁で首相候補の、名門ガンジー家のプリンスも危機意識を高めているそうです。

 もっとも、この大衆新党は「汚職撲滅」と「無償の水道や電気提供」を政策目標に掲げ、低カースト層をターゲットに急伸しているものの、政策実現の手段・対策が不明確であり、社会主義的な要因がインド経済を害するとの恐れもあって、単なるポピュリスト政党にすぎないと、財界や知識層からは無視されているようです。果たして「インドの春」現象が起きるのか、注目される時節を迎えています。

将来有望なインド経済

 インドの経済を概観しておきますと、目下世界11番目ですが、2025年には所得水準が3倍となり、世界第5位の消費市場になると予測(米系シンクタンク誌)されております。労働力環境は、少子高齢化の中国に代わって、若手労働者の急増から、2030年までには世界一の7億5千万人となると予想されています。

 問題は貧困・インフラ対策と職業訓練で、英語力と数学力のある若手が戦力化すれば、より世界から投資と工場進出などが期待されるでしょう。日本企業も、すでに千社ほど進出しておりますが、定着して成果を勝ち得ているのがスズキだけです。目下パナソニックや日立も現地化に踏み込んではおりますが、「インド人たちの手の届く良品」しか買ってもらえないことを肝に銘じ、現地指向を徹底し貿易や工場進出も現地人登用に重きを置いて展開すれば、成功の確率はうんと高くなるでしょう。

●「勝ち負けは腕力、正義とは無関係」「われわれ有色人種の希望、日本が…」→次のページへ

2014.4.19 07:00 (4/5ページ)[国際ビジネス]

 すでに、デリー・ムンバイ間産業大動脈構想が具現化し始めており、今般の旅行中、バスの車窓から、デリー南部一帯の農地に開発途上の、日本企業・著名数十社の工場群と労働者用団地ビルや小売り商店街などを目にしました。

東京裁判で唯一冷静だったインド人判事

 本稿の冒頭で、インドが親日国であることに触れました。最後にその検証として、最初に挙げておきたいのは、大東亜戦争終結後の極東国際軍事裁判におけるパール・インド代表判事(ベンガル人でインドの法学者・国際法の専門家)の勇気ある冷徹で公明正大なる意見陳述です。

 GHQと連合国側は、この東京裁判で、戦争の全責任を日本になすりつけ、数多のABC級被告人を全員有罪とする“復讐的儀式”に血眼になっていました。パール判事はそんな中、裁判官11人のうちのただ一人、裁判そのものの不当性を訴えるとともに、「全員無罪」を主張されたのでした。

 「パール判決書」の要旨を抜粋すると、「戦争の勝ち負けは腕力の強弱によるもので、正義とは関係ない」「ハルノートのようなものをいきなり突きつけられたら、モナコやルクセンブルク(のような弱小国でさえ)も戦争に訴えただろう(言外に、太平洋戦争を始めたのは、日本ではなくアメリカだった、と明言した)」「日本の戦争は一方的侵略戦争ではなかった」「裁判官が戦勝国だけで構成されているのは不適切」「侵略戦争責任を個人に求めるのは妥当ではない(非戦闘員生命財産の破壊障害こそ戦争犯罪なり、原爆投下決定者こそ裁くべし)」「平和に対する罪、人道に対する罪は事後法であり、有罪根拠自体成立しない」…。東京裁判そのものを否定し、日本および被告人を守護し、逆にアメリカを糾弾したのでした。

2014.4.19 07:00 (5/5ページ)[国際ビジネス]

 パール判事の別の語録(日露戦争後の心境を語ったもの)も引用しておきます。

 「同じ有色人種国である日本が、北方の強大なる白人帝国主義ロシアと戦ってついに勝利を得たと言う報道は、われわれの心をゆさぶった。私たちは白人の目の前をわざと胸を張って歩いた。先生や同僚とともに、毎日のように旗行列や提灯行列に参加したことを記憶している。私は日本に対する憧憬と祖国に対する自信を同時に獲得し、わななくような思いに胸がいっぱいであった。私は、インドの独立について思いを致すようになった」

 まさに日本人としても永代忘れるべきではないインド人こそ、この人なのです。

日本がアジアに自由と独立の喜び与えた

 もう一点、特筆すべきは、「日本国がアジアに自由と独立の喜びを与えた」とする植民地解放、白人の有色人種差別撤廃運動に対する日本の国際的貢献をインドの人たちがたたえてくれていることです。1943年秋、日本の呼びかけで、アジア7カ国首脳が東京・帝国議事堂に結集して催された、世界初の有色人サミット「大東亜会議」での、共同宣言の採択です。

 この会議にインドを代表して参加されたのが、仮政府首班・チャンドラ・ボースでした。大戦中から戦後、このチャンドラ・ボースをはじめ、マハトマ・ガンジーや、独立後のネール首相らに代表されるインド各界のリーダー・有識者の多くが世界へ向けて日本をたたえ、感謝の念を伝えました。その無数のメッセージは、いまだにインド政財界・文化人に継承されているというのです。

 こうした観点から思い至るのは、むずかる中韓とは、しばらく距離を置き、インドを代表とするアジアの友好的諸国との心情的・政治外交的距離感をもっと短縮化すべき努力が、今こそ問われているのではないでしょうか。「近くて遠い反日国」より、「遠くて近い友国」をもっと、大事にすべきだと確信する次第です。

(上田和男)

=随時掲載します

上田和男(こうだ・かずお)
昭和14(1939)年、兵庫県淡路島生まれ。37年、慶応大経済学部卒業後、住友金属工業(鋼管部門)に入社。米シラキュース経営大学院(MBA)に留学後、45年に大手電子部品メーカー、TDKに転職。米国支社総支配人としてカセット世界一達成に貢献し、57年、同社の米ウォールストリート上場を支援した。その後、ジョンソン常務などを経て、平成8年(1996)カナダへ渡り、住宅製造販売会社の社長を勤め、25年7月に引退、帰国。現在、コンサルティング会社、EKKの特別顧問。

*****以下、MSNに宛てた意見*****
以前、御社MSNサイトで産経新聞社の下記の記事および関連する連載記事の削除をお願いした者です。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140419/wec14041907000001-n5.htm

今回、当該記事の見出しが以下のように変更されていることを確認しました。
変更前:近くて遠い「反日チンパンジー・中韓」より、遠くて近い「親日・インド」を大事にすべし…パール判事の「知性」を思い出そう
変更後:近くて遠い「反日・中韓」より、遠くて近い「親日・インド」を大事にすべし…パール判事の「知性」を思い出そう
当該記事は、この見出しの変更以外全く変更ありません。変更についての告知もありません。

この記事は、本文全体が人種・民族差別的偏見を煽るものです。中でも、異質な言語・文化を持つ多数の集団が構成する国家であるインド、中国を「インド民族」や「中華民族」などと単一視した上、「インド民族」と「日本民族」なるものをボノボに、「中華民族」と「朝鮮民族」なるものとをチンパンジーに無根拠にたとえている箇所は、誤謬と差別誘導的言辞の最たるものであり、本記事の性格を象徴しています。

今回、当該記事では見出しが変更されましたが、御社マイクロソフト社様は、こうした差別性が見出しの「反日チンパンジー・中韓」を「反日・中韓」としただけで解消するものだとお考えだということでしょうか。
ウェブページ上には産経新聞社の記事内容が御社の見解を反映するものではないとする告知がなされていますが、御社が上記の差別的な記事配信を容認していると見られることは避けられないと考えます。

改めて要請します。この記事および連載記事を直ちに削除し、差別主義的な記事の掲載は許さない旨の告知を行っていただきたい。

なお、この記事の連載「国際ビジネスマンの日本千思万考」には、地球温暖化に関して、地表の氷が溶けると海水面が下がるはずだとし、海水面の上昇を「しろうと的思い込み」と断じるような極めて稚拙な誤りを元に地球温暖化説を一蹴するなど、見るに堪えない記事が数多くあります。小学校の理科程度の素養も持たない論者の記事をマイクロソフト社のサイトで配信し続けることは、御社の技術的ブランド形成にも芳しい効果をもたらさないものと考えます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/07

知覧の特攻隊資料が世界記憶遺産に申請という件

記憶遺産への申請レース、国内で熱 作兵衛後、注目高まる [福岡県] - 西日本新聞2014年05月04日(最終更新 2014年05月04日 00時34分)

2015年の登録に向けて、国内選考の競争が過熱気味という記事。
ユネスコに申請できるのは、1国2件までだそうで、うち1件は国宝の京都府立総合資料館所蔵の東寺百合文書がたぶん入るだろうとのこと。
※「第7回ユネスコ記憶遺産選考委員会 議事要旨:文部科学省」によれば、昨年5月の時点で東寺百合文書の推薦は決定しています。

で、残り1枠を争っているのが、

▽知覧特攻遺書(南九州市)
▽シベリア抑留など日本人の引き揚げの記録(京都府舞鶴市)
▽全国水平社創立宣言と関係資料(奈良県の水平社博物館など)

なのだそう。
記憶遺産に登録されても、ユネスコなどからの補助などはないそうで、自力で保存に注力しないといけない。
でも、知名度が上がったり、見学者が増えたりするという効用はあるそうです。
田川市の炭鉱記録画については、

ただ、記憶遺産に登録されてもユネスコからの財政支援はなく、劣化する資料の保存費用が課題になる。田川市の場合、作兵衛の絵は国重要文化財でなく、国の財政支援もない。そこで、国の博物館支援事業などを活用しているという。「財源の問題はあるが、知名度が格段に上がったことが最大の成果」と市は強調する。作品を展示する市石炭・歴史博物館の来場者は10年の2万6241人から、登録された11年は14万9798人に急増。中国や韓国の観光客も訪れる。「世界遺産への関心はこんなに高いのかと驚いた」(市)
とのこと。

知覧の特攻隊遺書については、この記事では下記のような懸念が記されています。

■負の歴史、国際問題にも
 世界記憶遺産は「負の歴史」も含めた重要資料が対象となるため、内容次第では国際問題に発展しかねない要素もはらんでいる。南九州市が申請した特攻遺書には、中国や韓国が反発した。一方、複数国が共同申請することで友好関係をより深める場合もある。
 南九州市立知覧特攻平和会館は、特攻隊員の遺書を申請した理由について「戦争の愚かさや悲惨さを伝えるため」と強調する。ただ、中国と韓国は「軍国主義による歴史の美化」「世界平和を守るユネスコの趣旨に背く」などと反発。韓国政府は直後に、旧日本軍の従軍慰安婦の関連記録を申請する計画まで発表した。
 同館の担当者は「戦争を美化する意図はなく、右傾化の一部と取られるのは不本意」とし、「国内選考に政治判断が交じらなければいいが」と危惧する。
中国・韓国が反発するのは当然でしょう。地方の小都市には無理があるかもしれませんが、外交筋を通して事前に理解を得ていてもいいような話だと思います。西日本新聞は「韓国政府は……計画『まで』発表」と、韓国側がいかにも感情的反発をしているかのような書き方をしていますが、偏見があると思います。

この記事では、今回の申請に政治色はないという話が出ていますが、「政治判断」については、実は知覧の申請自体が政治がらみだとする記事もあります。ちょっと出所が怪しいですが……。

「特攻」が世界記憶遺産に⁉安倍ご執心、担当は籾井令嬢:FACTA online(2014年5月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド])

安倍晋三首相の愛国心の過剰露出と、霞が関で話題なのが、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の記憶遺産への特攻隊資料の申請問題だ。首相から申請手続きに入るよう指示があったとされ、「集団的自衛権問題が佳境の折に雑音を増やすだけ」と自民党内からも懸念が上がっている。
……中略……
今年は部落解放運動団体の全国水平社の創立宣言などの資料と戦後に引き揚げ船が帰港した舞鶴の引揚資料館の資料が申請対象とされている。1カ国から3件以上の場合はユネスコ国内委員会が調整する。水平社に違和感を覚えた首相の「お友達」からの陳情があったとされる。
まあ、いかにもありそうな話ではあります。
ただ、申請が地元発のアイデアだったことを示唆する記事もあります。

(排除の理由:3)特攻、伝わらぬ実像:朝日新聞デジタル(2014年4月30日05時00分)
途中までしか読めませんが、全文を読むと載っています。

 特攻隊員を遠縁に持つ福島昂(たかし)さん(78)は「記憶が風化し、断片的なエピソードを切り張りした美化が広がっている」と心配する。「原点」と考える遺書は傷みが激しく、2011年、南九州市に、世界記憶遺産への登録を勧めた。市は翌年、準備会を設立。

ところで、この記事自体は特攻隊を語り継ぐ上での課題をよく示している良い記事だと思います。
平和会館の関係者の人たちもこれまで政治的・思想的な配慮にいろいろご苦労されてきたようですが、この申請を契機に、私も私も以前から懸念している問題が表面化してきているような気がします。
アドバイスを求めた有識者の一人からこう指摘された。
 「これまで平和会館が伝えてきた『物語』では、世界に誤解を与える」と。
 館内の語り部は、隊員が「命をかけて家族や祖国を守ろうとした」と話す。だが特攻隊員として、九州の別の基地にいた倉掛喜一(よしかず)さん(91)=福岡市=は「志願じゃない。強制ですよ」と訴える。隊員に選ばれ、失神する仲間たち。逃げだして憲兵に捕まり、自殺した人もいたという。「逃げても地獄、突っ込んでも地獄。これが特攻ですよ」
 有識者も海外から「美化」ととられぬよう、「当時の実態がわかる説明が不可欠だ」と訴え続けた。
 市の担当者は「何が『美化』なのかよくわからなかった」と振り返る。来館者は、涙を流して遺書を読んでいる。戦争を繰り返すなというメッセージは、伝わっているではないか――。
 市が運営する平和会館は「なるべく解説をしない展示」を心がけてきた。勝ち目はうすいと知っての無謀な作戦と強調すれば、「無意味な死なのか」と遺族や関係者が反発するかもしれない。右翼団体の街宣車が会館前に来て、構成員が軍服のような姿で行進したこともあった。実態に触れることは、極力避けてきた。
 市は有識者に「国内で政治問題になる。むずかしい」と答えた。会館の展示にも、記憶遺産の登録申請書にも、有識者の訴えは、反映されなかった。
 懸念は当たった。市が今年2月、ユネスコに登録申請すると、中国や韓国が「軍国主義の美化」などと反発した。
 英国BBCやエコノミスト誌、豪州のテレビ局なども批判的に報じた。
    ■   ■
 知覧を知る右翼団体「全日本愛国者団体会議」の矢野隆三議長(62)は「特攻隊員は究極の愛国者。その精神を海外は理解できない」と、記憶遺産への登録には否定的だ。一方で、「特攻は愚かな大将が始めた、二度と繰り返してはならない作戦。負の側面を隠す方がおかしい」とも話す。
 「海外の誤解を解きたい」。南九州市の霜出勘平(しもいでかんぺい)市長は、批判も覚悟のうえで、「若い隊員たちの苦悩や葛藤が伝わるよう展示を見直す」と語る。「志願」の強制も含めた当時の実態を知るには、生き残った元隊員への聞きとりが必要だが、高齢化で一刻を争う。
 「遺書だけ見ればわかってもらえる、という考えは通じないんですね……」
率直に言って、会館担当者も、市も、「解説をしない展示」どころか、特攻隊を扱うこと=政治的立場の表明であるということに、極めて無自覚であったと言わざるを得ません。長年にわたって無自覚であり得たのは、保守的な政治風土の中で、特攻の悲劇というストーリーが、戦後の愛国神話的にも国民=犠牲者とする反軍国主義の物語的にも回収されやすかったからです。史料の多義性を維持することは最も基本的なことではありますが、しかし「遺書」自体も筆者の背景やそれが書かれるまでの過程がある多義的なもので、単に実物に触れるだけでは届き得ない事柄が多く隠れています。「涙を流して遺書を読んでいる」だけでは表面をなぞっただけ、誤解しただけになる可能性が大きいのです。それ故、史料研究を行って背景事情の解説を付けることはとても大きな意味を持っているのです。学芸員という専門職が成立する根拠はここにあります。そして、この点を看過してしまうと、展示そのものが自分たちが持つ無意識の政治性にとらわれてしまいがちになります。上の記事で有識者が「美化」を懸念したこと、他国が反発したことはその無意識の政治性の表れです。しかし、残念ながら記事によると、市も会館も自らの政治性について自覚することはできなかったようです。

ところで、記憶遺産の話に戻すと、私は、遺書だけでは記憶遺産には十分ではないのではないかと感じます。
特攻隊という発想は、陸海合わせた旧軍全体に通底する思想でした。自己犠牲的な作戦自体は古今東西に例はあるでしょう。しかし、これが全軍的・組織的に実施されたことは、世界にもたぐいまれなことでしたし、それ故に、記憶遺産の価値はあると思います。
しかし、犠牲者の遺書にとどまらず、この発想、構想、企画、実施に至る全体像に迫るための資料であることが、必要だと思います。また、特攻の記憶は知覧だけのものではないので、他都市と連携しつつ、有人自爆作戦が大規模に実行されたことの世界史的意義を訴えていくことも、国際的な理解を得る上では大切だと思います。

平和会館の維持は大変ですけど、他の資料群と合わせて、後世の研究者にとって一級の価値を持つ史料群を残すという長期的・歴史的視座を持つことで、世界記憶遺産に値する普遍性を持てるのではないでしょうか。

1.参考2 ユネスコ記憶遺産概要:文部科学省
2.第二回推薦に当たっての選考基準:文部科学省

追記(2014年6月13日)**********
今回の記憶遺産にはシベリア抑留の記録が選ばれたとのことです。
記憶遺産:特攻隊員の遺書は落選。: 思いついたことをなんでも書いていくブログ

| コメント (0) | トラックバック (0)

京大式カードなら風呂の焚き付けにしても余るくらい持ってる。

読書記録をとるのなら、京大式カードを使いなさい。まじで使いなさい。 - マトリョーシカ的日常

えーと、京大式カードを整理するための木箱というものもありまして。
某先生からの頂き物なのですが、木箱を自慢げに見せられた瞬間ちょっと笑いました。凝りすぎやろと。

でも次の瞬間血の気が引きました。「これ、君にあげよう。」
お師匠筋が自ら信じて疑わない貴重な品物を満面の笑みで「あげよう」とおっしゃっているわけで、さすがにいらないとは言えない。
で、カードと一緒にもらってきましたが……。

いやコレ本当にかさばる。というかもの凄くたくさんある。正直困ってる。
カードを書くのはいいのですが、いちいち書いていると読書が進まない。前に進めないから。

私はどうもポイントを押さえるというのが苦手で、何でもそうなのですが、全部丸ごと受け止めようとしてしまう癖が強くて、ノートを取ると、とにかく全体から要約しようとしてしまうのです。だからこういうカード式ができない。

さらに整理整頓が恐ろしく苦手で、単語カードですら順番が無茶苦茶になるどころか、部分を紛失したりしてしまい、後からカードを参照するときに全く検索できない。
さらに、面倒くさがりで、以前書いたメモを探してそれを元に何かを作るということが面倒くさくてしかたない。

カード式の利点は長年何度も目にして、実際活用している人の素晴らしい整理整頓やそれによる業績も間近に見てきましたが、見習おうとするとなぜか大きな心理的ブレーキがかかってしまう。
……てか、このデジタル時代にカードってどうなの……?
いやわかる、わかっております。紙ベースに得難い優位性があることは理解しております。

というわけで、大量の京大式カードが本棚の肥やしのようになって眠っております。
某先生には、「もちろん活用させていただいております。素晴らしいツールですね!」と答えております、はい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/05

igdpmd64.sys がらみで Windows 7 がブルースクリーンエラーで落ちる件について

Sony VAIO, HP Pavillonのほか、DELL のノートパソコンでも起きているようだ。

本件についてはいろいろな話が出ていて、いろいろな対処法が試みられている。

ブルースクリーンについて - Yahoo!知恵袋
  Flashのバージョンを上げるなどの方法と、インテルのグラフィクスドライバを入れるという方法とが書かれている。

パソコン修理 改造ブログ PCワークマン沼津
  IEを9に下げるという方法が書かれている。しかし9でエラーが出ている人もいる。

ちなみに、私のVAIOでは Media Gallery というおしゃれっぽいAVソフトでこのエラーが発生したのでIEだけの問題ではない。

ところで、VAIO VPCCB について、下記の方法が有効だった。

igdpmd64.sys blue screen - Sony

簡単に言うと、
AMDのCatalyst Control Center で、グラフィックチップの自動切り替えとパワープレイ(消費電力節約機能)を無効にする。
という方法。
おそらく、Core iシリーズのCPUがグラフィック機能を搭載しているので、別に搭載しているグラフィックチップ(VAIO VPCCBではATI Radeon)との使い分けをしようとしたときにエラーが発生する。
VAIOの設定では、この自動切り替えがデフォルトで有効となっているので、それを無効化して、使用するグラフィックプロセッサを固定することで、エラーを回避しようというアイデア。
ちなみに、Catalyst Control Center のバージョンは 2011.0630.809.12749

なお、AMDサイトの最新版 Catalyst Package を見たら、プロセッサ切り替え機能の付いたノートPCは適用除外だとして、東芝、VAIO、パナソニックが挙がっていた。


手順
1.スタートボタン→「すべてのプログラム」→「Catalyst Control Center」→「Catalyst Control Center」をクリックして起動する。

2.「開始」のタブで「電力」から「PowerPlay」→「PowerPlayを有効にする」のチェックを外す→「適用」をクリックして、設定の変更完了を待つ。

3.再び「電力」のタブで「切り替え可能なグラフィックの方法」→「手動で、または電源に応じて、グラフィックプロセッサーを選択します」を選択→「適用」をクリックして、設定の変更完了を待つ。

※「電力」のタブから「切り替え可能なグラフィック」でグラフィックプロセッサーを「ハイパフォーマンスGPU」と「省電力GPU」から切り替えられるので、片方のプロセッサーだと都合が悪い場合、もう片方に切り替えてみることもできる。
※同じセッションの間に切り替えを何度もすると変になるみたいなので、切り替えたら再起動した方がいいみたい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/03

毎日新聞のニュース解説で竹富町がかわいそうだし、全般に解説になっていない件

5月3日付の毎日新聞兵庫版の「15歳のニュース」という欄で「検定教科書巡る動き」が解説されていました。

竹富町の教科書選定と国の介入問題
竹島・尖閣諸島を「我が国固有の領土」と明記させた問題
道徳を教科にする問題

の三つが取り上げれていましたが、竹富町の件についての記述が全体に「政府に逆らう竹富町」というトーンになっていたのが気になりました。
15歳向けの解説記事ということなので、細かいいきさつや制度上の駆け引きは省略して、教育内容を決めるのは誰であるべきかという論点を考えさせる記事の方がよかったと思います。
一読すると、たいていの人は、竹富町がわがままを言って教育内容をねじ曲げようとしているという印象を持つでしょう。一方の主張があれば他方の主張もあるわけで、竹富町側の考え方や、そもそもは八重山地区の問題であったわけです。そこで何が問題になったのかという点をきちんと盛り込むべきでしょう。

あと、道徳を科目にするという解説も中途半端な印象です。「教育現場の保守化を象徴」と言いますが、読者には意味がわからないでしょう。そもそも教科とそうでないものの違いや意味を示さずに「教科にするべきかどうか」と言われてもぴんと来ないでしょう。賛成派と反対派の意見には「それぞれ頷けるところもあれば首をかしげたくなる点もある」と言いますが、紙面に示された意見は漠然とした記述で賛否の建てようもないものです。
せっかくの重要な問題に触れる記事なので、蒙を啓くきっかけになるような記述を期待したいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

毎日新聞の捕鯨支持キャンペーン

5月2日付毎日新聞の大阪版ですが、「論ステーション」というオピニオン面があり、そこに「南極海の捕鯨中止判決」について、3名の談話が出ていました。

一読して非常に残念でした。
唯我独尊というか、反捕鯨派の主張を「鯨がかわいそう」だけで終わらせていて、対立点についての分析が全くない点。歩み寄るという発想がありません。
判決は「調査捕鯨ってウソでしょ」という話なのに、その点が全く顧みられず、しかももろに「ウソでした」って認めつつ、「とんでもない判決が出てしまった」と言っている。本気で他国に捕鯨を認めさせようとしているとはとても思えない。
判決を喜ぶというコメントも肉食を止めるきっかけになるだろうという話で、捕鯨禁止側にも力にならない。

毎日新聞がこんな記事を出すわけですから、共産党が捕鯨団体に連帯の挨拶をしてもおかしくはないわけです。全体にレベルが低すぎる。

****以下、3氏のコメント要約****

●三軒一高氏(太地町長)
  鯨肉は大衆のためのもの。全国で給食に鯨肉を使ってもらう活動をしている。
  外国に頼らないたんぱく源を手放すべきではない。
  ICJ判決は太地町の船も参加している北西太平洋の調査捕鯨にも影響が出ている。
  次は段階的に沿岸捕鯨にも影響が及ぶのではないか。
  クジラ漁で生計を立てている町民がいる。どんな困難があっても町民を守っていく。
●松田泰一氏(菜食レストラン経営者)
  中止判決はうれしい。動物が殺されなくてすむという素直な感情。食べなくてすむなら無理に殺さなくてもいい。
  菜食を始めてから畜産による環境問題に危機感を持つようになった。
  欧米人が環境保護の象徴としてクジラを守れというのは矛盾。クジラを殺すのが残酷なら牛蓋を殺すのが残酷でないわけがない。
  菜食は修行食でなくおいしくて楽しい。動物を殺さなくてもすむことに気づいてもらうきっかけになる。
  人間は動物だけでなく植物の命も奪って生きている。食べることはその生き物の情報を受け継ぐこと。
  今回の判決が食べることの意味を考えるきっかけになればいい。

●岸上伸啓氏(国立民族学博物館教授)
  豪州が日本を訴えた理由は、欧米ではクジラが選挙資金と票を集める資源になっているから。
  捕鯨問題が注目を集めたきっかけは1972年の国連人間環境会議で、クジラ保護を訴えることは各国政府にとって環境問題の免罪符になった。海洋国でない国もIWCに加盟し、反捕鯨を主張した。欧米の環境NGOは選挙資金を提供して政治家を誘導した。
  鯨類の知性の研究やテレビドラマなどでクジラは海の人類だというイメージが広まり、その捕獲は非人道的だと考える人が増えた。
  IWCは反捕鯨派が過半数だが捕鯨支持国が4分の1以上を占めるため、規制強化も商業捕鯨再開も決められない膠着状態だ。今回の判決は反捕鯨の動きを勢いづけるインパクトがある。人間のクジラ観が食べるものから守るものへと大きく変わったことの表れだ。
  何を食料とするかは土地、民族、宗教によって違う。国際的な圧力の中、積極的な対策を講じなければ、残念ながら日本の鯨食文化は衰退するだろう。

| コメント (1) | トラックバック (0)

竹田恒泰氏、慶大非常勤を離れたとのこと。

しかし、氏がテイクオフするには十分な支援となったでしょう。

Twitter / sspmi: 自称憲法学者の竹田恒泰氏(元慶應義塾大学非常勤講師)について ...

ナンノツモリダー !™ ‏@sspmi
自称憲法学者の竹田恒泰氏(元慶應義塾大学非常勤講師)について、小林節・同大学名誉教授の弁(RKB毎日放送「今日感テレビ」):「憲法学について勉強させるために講師にした」のに「その肩書きが営業の看板に使われた」w。。「営業の看板」w。

元ネタはこれかな。
竹田恒泰氏、もう慶大講師じゃなかった/芸能/デイリースポーツ online(2014年4月23日)
 明治天皇の玄孫(やしゃご)で、元AKB48の畑山亜梨紗(23)との交際が発覚した竹田恒泰氏(38)が、講師を務めていた慶應義塾大学との契約を終了していたことが22日、分かった。

 プライベートでは“両天秤疑惑”に揺れる渦中の竹田氏が、仕事でも1つの肩書を失っていた。母校・慶大法学部法学研究科で2007年4月から非常勤講師を務めていたが、同大学の広報課は、デイリースポーツの取材に「現在は、本学には在籍しておりません」と契約終了を認めた。

 同大学の非常勤講師は通常、半年または1年ごとに契約を更新するという。竹田氏は、今年3月をもって契約を終了していた。理由について同大学は、「個別の事情に関してはお答えできません」と回答。今後の復帰の可能性についても、同様に回答を避けた。


以前からなぜ慶大がこの人事を認めたのか不思議に思っていました。慶大の非常勤は科目適合性が議論されないのかもしれません。教授会承認事項だろうと思っていたのですが。関連情報が見つからない。

CiNiiで竹田氏の著作一覧(とても業績一覧とは言えない)を見ると、2007年度段階でもとても認められるとは思えません。→CiNii Articles 著者 - 竹田 恒泰
まあ、非常勤の場合、教えるに足る実績が他にあれば特に重視はされないでしょうけれども。

Gepäckkasten, 竹田恒泰氏をめぐるFAQ
これによれば、院で「憲法特殊講義」という科目を担当していたそうです。2013年度のシラバスには、
・日本は二千年以上,王朝の交代を経験せずに今に至る
・この講義は,日本国憲法第一章「天皇」を理解することを目的とする。そためには,まず『古事記』と天皇の統治の通史を理解していることが前提であろう。
として、「前期(憲法特殊講義Ⅰ)は,まず『日本国憲法』と『日本書紀』の関係を明らかにし」云々となっています。本当にこんなシラバスなのかな……。

一方、小林節氏の方にはこんな話が。

ひどい話: 憲法の教授が小林節だった - @99/アットキュウジュウキュウ

まず神道と天皇制*3に関する発言。
授業が始まってしばらくすると極めて好意的な神道の解説を始めた。*4その後昭和天皇の葬儀が国によるものだったため、葬儀が始まると式場から鳥居が撤去された

エピソードについて話し、天皇の仕事の大半が神道に関するものであるため、葬儀が国によるものであっても政教分離を徹底したものにすべきではなかった旨述べた。

これを正当化する理由として、憲法制定時に天皇(制)を維持すると決めたのだからこれは政教分離より優先させるべきであり、それによって皇族の人権が侵害されたり一般人との扱いに違いがでることは仕方がないし当然であって、問題ないと述べた。

次に韓国人に関する発言。
「韓国人は頭に血が上りやすい」と述べた。

また、小林は前回の授業(5/27 '09)で、中国人や韓国人に「日本人は侵略を好む遺伝子を持っている」と言われ、それに対して「それは科学的ではないし、証明もできない」と返したというエピソードを語っていた。

外国人参政権に関する発言。
いかなる外国人にも地方、国政問わず参政権を認めるべきでないと述べた。

国と運命をともにせざるを得ない者にのみ参政権を与えるべきだと主張していたがその理由については言及なし。

国籍を持っていなくても運命をともにせざるを得ないケースについても言及なし。

外国人に参政権を与えるかどうかということを問題にすることがそもそもおかしく、日本で外国人参政権についての議論があると海外で述べると冗談だと受け止められると述べた。*5

また、参政権がほしければ帰化すればいいと延べ、それに対する反論として「韓国籍でいることに誇りをもっている」と述べたケースのみを取り上げた。

その後、日本在住で日本に帰化することを望まない全ての外国人は敵性外国人であり、排除すべきだと述べた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/02

育鵬社の中学公民の教科書

中学社会 新しいみんなの公民|育鵬社

ここに解説や参考資料がありますが、何となく微妙な記述がちらほらと……。
まぁ「保守」色が強いのは、そういう人たちだから分かります。執筆陣がアレな意味ですごいし。
あと、どうでもいいけど、内容解説資料PDFの末尾、フジサンケイグループのマークが日の丸のごとく誇らしげに掲載されています。

教師用指導書のサンプルを見ましたが、自分が教師だったらちょっと使いたくないなあと感じました。
基本的人権と公共の福祉について考えさせる部分で、重要かつ面白いところなのですが、この指導書の要点のまとめ方や議論の素材資料がいまいちだなあと。
例えば、公共の福祉による権利の制限を「好き勝手は許されない」とまとめてしまうとか。
ある行為が「公共の福祉として制限されても仕方のないこと」と「基本的人権の侵害になること」とに分けさせるとか。
立候補者の贈答行為禁止を公共の福祉の観点で説明することとか。
どうもちょっと変なんですよね。こういうことが数ページの見本の中に数カ所出てくるとしたら、後もどうかと思ってしまいます。

自分の好みとしては、

「公共の福祉」によって人権が制限されるということをしっかりと理解させ、公民としての基本的資質を育成する必要がある。
と教師に訓示しているところがもう嫌。
自分が教えるなら、
・人権が制限されるのは、ただ「公共の福祉」によってのみである。
・「公共の福祉」を認めるには、「みんなの迷惑」や全体の利益などという漠然としたイメージではなく、当該の権利を抑制するに足る客観的な根拠が示されなければならない。
というポイントを押さえたいですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/01

「とんでも教育」:まさにトンデモ説が検定教科書になっている件

びっくりしたのでとりあえずメモ。
Twitter / temmusu_n: #と教 (←とんでも教育の略。黒木玄さんの提案) さらに11 ...

追記:まとめられていました→育鵬社の公民教科書が話題に… - Togetterまとめ

育鵬社の中学公民の教科書で、
・江戸しぐさ
・インテリジェントデザイン
が肯定的に扱われているそうです。

育鵬社では、歴史教科書が歴史修正主義的だということは周知の事実で驚きませんが、これはびっくりした。
何に驚いたって、これが検定に通っているというのに驚いた。

南京事件とか従軍慰安婦の記述には神経をとがらせているのに、こんなあまりに初歩的な大誤謬を見逃すって……。

3.教科書検定の趣旨:文部科学省」によると、教科書検定の必要性として、

1.全国的な教育水準の維持向上
2.教育の機会均等の保障
3.適正な教育内容の維持
4.教育の中立性の確保

が挙げられています。また、「教科書Q&A:文部科学省」の「Q2 現在使用されている教科書には,どのようなものがありますか?」によれば、

我が国で教科書検定制度が採用されている趣旨は,……中略……客観的かつ公正であって,適切な教育的配慮がなされた教科書を確保することにあります。
ということですので、どう考えても上記2点の記述はこれらに反します。早急に直していただきたいところですね。このままだと竹富町が育鵬社教科書を使わない理由を補強してしまいますよ……。

しかし、育鵬社の執筆者の人、間違いを指摘されても分かってくれるかな。

| コメント (1) | トラックバック (0)

それも(それこそが)気持ち悪い差別では?

山本弘のSF秘密基地BLOG:【旅客船転覆事故】「日本人の誇り」を忘れた日本人たち

基本的に、大事故で膨大な犠牲者が出た事件をネタにする人非人を戒める記事なんですが……。

山本先生が

その一方、良心や良識を失っていない日本人も多いということも強調しておこう。 同じくmixiニュースのつぶやきより。
と紹介されているコメントの中にも、ビミョーなものがちらほらと……。
>祈りをささげるばかりです。そしてこの期に及んで多くの人間が「ざまあみろ」などと書きこんでいるのを見て、日本人も韓国人を笑えないと感じました。所詮人間同士、もともとはサルだったんだよ、両方とも。
>韓国人の中に一定数の反日感情を持つ人々が居るとしても、安否を気遣うのが日本人。 ここぞとばかりに喜び出すのは日本猿。
>韓国はキライだがこういう時に不謹慎なやつらの人間性を疑うよ。これじゃ韓国人とかわらねぇじゃねぇか…
>日本人はこういう事故などがあった場合、自分のことのように心配します。「お祝いします」なんてことは絶対に言いませんよ。
>俺は日本人。日本人は他国の不幸を喜んだりはしない。何度も言いますが、一人でも多くの尊い命が救われますよう切に願う。
>誰かの無事を祈る気持ちは国や人種など関係ない。例え普段敵対視してくる国でも。心まで貧しくはなりたくない。とにかく無事に救出されますように。
これらのコメント、山本先生が告発している下記のコメント群とどう違うんでしょうか。
>もし、日本の客船があんな感じで沈没したら… 朝鮮人は大喜びするんだろうな… とりあえず、犠牲者の冥福をお祈りいたします。

>朝鮮人は殴りたいくらい嫌いですが、これは大変です。朝鮮人をぶっ飛ばしたいくらい嫌いですが、これを笑う気にはなれません。何とか救出を急いで欲しいです。でも竹島から手を引け、よろしく。

>我々日本人は、震災の犠牲者を罵倒され、お祝いされ、戦地売春婦詐欺の被害を受けてまで堪え忍んでいます。内心韓国人が死のうがなんとも思いませんが、お悔やみ申し上げます。今後も日本は、生暖かい目で見守り、決して関わりません!。


苦難に同情し、心を痛めているのが本当だとしても、そこに「彼らは韓国人だけど」「彼らは人でなしだけど」「彼らは日本人の苦難を喜ぶような連中だけど」というエクスキューズがごくごく自然に忍び込んでしまうとしたら……。こういうコメントこそ、本当は一番厄介だというか、ここまで我々の心底に韓国・朝鮮人への蔑視が染みついてしまっているのかと思わざるを得ないんですが……。

あと、クニと自分という個人とを一体視している人の多いこと。これが一番気持ち悪い。

それから、私が同感できないタイプのコメントも挙がっています。

>行方不明の方々の無事を祈ります!現場を放棄して一番に逃げた船長と船員に強い憤りを感じます それとこんな時に喜んでいる奴が情けないですね。誉高き日本人の恥です。
「日本人として」とか「日本人の誇り」とか、どうでもいいし、本当に「クソ食らえ」と思います。
ただ、同じ社会を構成している一員として、有権者として一定の責任と関与をし続けざるを得ない人間として、差別意識をむき出しにする連中に対して嫌悪感と「こんな連中を相手にしなければならない」といううんざりした気持ちを抱くということはあります。あ、あと、「オレの関係している社会の連中が迷惑掛けてすみません」という気持ちもありますね。

最後に、山本先生が

亡くなった犠牲者は死に値するような罪を犯したわけじゃない。その当たり前の事実を理解できず、子供を失った遺族に同情もできない人間を、僕は軽蔑する。
としつつ、安倍首相の次の言葉を引いているんですが……
中国で日本企業が襲撃されたり日の丸が焼かれても、韓国で日本の指導者の写真が焼かれても私たち日本人はそんな事はしない。冷静に諌め私たちの考えを伝えても、私たちは相手を汚い言葉で罵らない。たとへ相手がやろうとも。それが私たち日本人の誇りです
……これ、ネタですよね?
絶対に自国の非を認めず、セカンドレイプに等しい言動を続け、反日感情を煽り続けているご本人が、それへの怒りの表現を見て「私たちはそんなことはしない」とか言って嘲笑しているわけですよ、安倍首相は。
「たとへ相手がやろうとも」などと、「相手」の憤りの正当性を一顧だにせず道理のないものと切り捨てて、返す刀で「日本人の誇り」などと唾棄すべきナショナリズムに訴える。これって、二重に醜悪じゃないですか?「俺たちは韓国人=他人の不幸を喜ぶ連中とは違うんだ」「何と言っても俺たちは日本人だからな」これと何が違うんでしょうか。
ホント、これって安倍首相が嫌韓連中と同質のエグさを持ってることを強調するためのネタですよね?

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »