« 熱水噴出孔の生態系のような政治経済システム | トップページ | イノセント・インペリアリズム »

2014/06/23

今日もブックマーク的メモ

福田村事件-四国新聞社
関東大震災直後の朝鮮人虐殺に巻き込まれて香川県人がなぶり殺しにされた事件。
方言を咎められたのがきっかけだったという話。
野田市の茨城県との県境近くで起きたというのも、朝鮮人に関する流言が広範に浸透していたことを伺わせる。

*******
隅田金属日誌(墨田金属日誌) 日本の防衛力をヨイショしたいだけではないか
中国が台湾で機雷戦を行うときに自衛隊はどれくらい活躍できるかという話。
そもそも中国が台湾政府を武力で打倒するという可能性がほとんどないと思うの。
将来的な合併・統一もないのではないかしら。日本国内の市町村合併ですらとても大変だったことを思えば、中台間でそれが実現するとは到底思えない。

*******
河野談話「海外へ説明を」 検証結果受け萩生田氏 - 47NEWS(よんななニュース)

……河野洋平官房長官談話の作成過程を検証した政府の報告書について、英訳版を作成して対外的に説明すべきだとの考えを示した。

 都内で記者団の質問に答え、「少なくとも慰安婦像設置の動きがあるオーストラリアなどに対し『実はこうだ』と説明するツール(道具)として活用できるのではないか」と述べた。同時に「これをもって直ちに韓国と事実関係を争うのは望ましくない」と指摘した。

正に自爆劇。このもの凄いズレ方と、「検証作業」の真意がダダ漏れな脇の甘さ。人を貶すのは趣味ではないが、本当に「バカ」なんだなあ……。
もう、オーストラリアだけじゃなくて、オランダ、カナダ、アメリカ、インドネシア、フィリピンなどを相手にして、真剣にやってみたらいいと思う。でも、どれほど強烈な批判が来ても分からないんだろうな。国土を灰燼に帰し自らの命すら脅かされる事態に追い込まれても自らの正しさを信じ続けた戦争指導者たちがたくさんいたぐらいだから。

*******
[現場から] 日本、それでもかろうじて残っていた信頼まで破壊した : 政治 : ハンギョレ

河野談話検証報告書を見れば、日本側は対話過程を一切秘密にすることを先に提案し、韓国側はこれを受け入れたと出ている。 それにもかかわらず、今回日本が先に‘秘密維持’という紳士協定を破ってしまったのだ。 特に、日本は両国実務者どうしの話までゴマ粒のように詳細に公開した。
……中略……
これに伴い、今後の韓-日外交は極端に萎縮せざるを得ないものと見られる。 信頼が崩壊し、実務者であれ高位級であれ、双方共に対話内容が公開される最悪のシナリオを予想しながら公式的に精製された発言だけをすることになるためだ。 時には水面下交渉や虚心坦懐に腹の内まで見せなければならない外交の立つ瀬がなくなったわけだ。
まあ、そうでしょうねえ…。「秘密保護法」とか言ってるのが情けないよね。
「秘密」が明るみに出るのはいいことだけど、所詮、当時の外交文書の公開とかじゃない、安倍政権の自己弁護のための「検証」だから、そもそも恣意性の疑いを免れないものだし。
せめて河野談話が言うところの
「われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。
なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。」
という観点からの「検証」であれば良かったのにねえ…。

« 熱水噴出孔の生態系のような政治経済システム | トップページ | イノセント・インペリアリズム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/59865736

この記事へのトラックバック一覧です: 今日もブックマーク的メモ:

« 熱水噴出孔の生態系のような政治経済システム | トップページ | イノセント・インペリアリズム »