« 原発の価格保証。 | トップページ | 堀江節子『人間であって人間でなかった』を読みました。 »

2014/08/23

天皇教の困ったところ。

天皇こそ役に立たないんだから心置きなく静養に行けばいいと思うんだが。 - 誰かの妄想・はてな版

こちらのコメント欄に天皇教信者の方々から意見が寄せられていますが、それを拝見して思ったこと。

1.天皇が絡むと感情が先に立って判断力が落ちる。

まあ信者だから仕方ないのでしょうが、「天皇や皇室が批判されている」と短絡してしまうと読解力が落ちてしまうし、その修正も難しい。
上記の記事は別に天皇を批判しているわけじゃないんですけど、どうもそう読めない人がカッとなって反論コメントを書き込んでしまうようです。

2.現人神が最高権威なので、天皇その人への批判が原理的にできない。

キリスト教などでは権威は神という非実在にありますから、教皇を批判することは原理的には可能です。
もちろん、ローマンカトリックの組織的にその最高指導者を批判することは簡単ではないでしょうが、教皇は神の権威の現世における代行者であったり表現者であったりするだけなので、彼を否定しても神を否定していることには直接的にはつながりません。むしろ、神の名の下に、正当性を確保しつつ、教皇を批判するという形式を取ることになるでしょう。

ところが、天皇教の場合は、天皇を超越する「神」となる権威が存在しません。だから、天皇の言動を批評することが原理的にできません。原則的に褒め称えあがめることしかできないのです。したがって、天皇の言動について何かを言おうとする場合、天皇のすばらしさを肯定する文脈であることが分かるようにする必要があります。

実際、天皇が静養を取りやめても災害支援の実際には何の役にも立たないわけで、
「別にそこまでしなくてもいいのでは?」
という感想が出てくるのはもっともなことですが、しかし、それをそのまま表現するのはタブー、すなわち天皇教信者の怒りを買ってしまうわけです。

*******
ところで、一般的に、宗教が発展するためにはその神学的解釈の批判的検討を深めることが不可欠だと思いますが、天皇教の場合、神と指導者が同一なのでそれが難しい。天皇本人の言動や思想が変化すれば、それに神学的正統性が振り回されてしまいます。解釈を安定化するためには、天皇存在の聖性のみを残して本人という個人性と切り離すという方法があり、実際、象徴天皇制というのはその例であるわけですし、しばしば「空虚な中心」のような言われ方をされたりするわけですが、ただ、現実には完全な切断になっているわけではありません。天皇の聖性への尊崇の念を政治利用するためには、しばしば天皇の言動や人柄が表面化する必要があるからです。それゆえ、皇室の伝統という価値を重視しつつも個人崇拝の域を超えられない天皇教は、しばしば天皇の言動を巡って動揺することになります。例えば女系への皇位継承を巡る論争はその一つでしょう。
天皇は無謬であり絶対善ですから疑問を差し挟むことはできないのですが、それと同時に、個人としての誤りや限界を持つ人間存在でもあることも認めざるを得ないという矛盾。論者によっては、この矛盾をうまく利用して、自説に都合がいいときには天皇の言動を褒め称え、そうでないときには、天皇の権威は存在自体にあるのだから天皇個人の言動は無視しても良いなどと言うようです。あるいは、お諫めしなければ…とか。つまり、国民の感情を操るための偶像(アイドル)として天皇を利用しているわけですね。


« 原発の価格保証。 | トップページ | 堀江節子『人間であって人間でなかった』を読みました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

早い話、都合の良いように利用できる、カルト教の教えと信者は、何をしでかすか分からないから危険という事ですね。
我々の生活と平和を守るためには、もういい加減、この信者を晒して、自分らが都合よくコロコロ変えるその解釈で、
どれほど多くの日本人が嫌な思いしてるか知らしめてやる必要があるって事と思います。歴史と伝統と格式?
そんなもの私はみじんも感じない。格式いえば、あのイギリス王室のそのまま真似たのを、日本の伝統と言える訳がない。
はなからおかしいとしか思えない。明治からの浅い歴史と、日本人を狂わし多くの死者を出した過去と、イギリス王室を
真似してるとしか言えない格好をみてれば、なるほど。空っぽとしか言えない。

投稿: | 2017/07/09 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/60195931

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇教の困ったところ。:

« 原発の価格保証。 | トップページ | 堀江節子『人間であって人間でなかった』を読みました。 »