« 東洋経済の劣化がひどい | トップページ | 餃子の王将が大連から撤退 »

2014/11/02

本日の備忘録

「元慰安婦 初の証言」 記事に事実のねじ曲げない:朝日新聞デジタル(2014年8月5日05時00分)
この件、朝日新聞は頑張っていると思うのですが。

キーセン学校は宴席での芸事を学ぶ施設だ。韓国での研究によると、学校を出て資格を得たキーセンと遊郭で働く遊女とは区別されていた。
ほほう、なるほどなあ。
NHKが放映している韓国の時代劇ドラマにはしばしばキーセンが登場して、性的な意味合いを含む扱いをされたりしていたので、遊女のように性的サービスと一体化しているものかと漠然と思っていましたが、厳密には区別があるんですね。舞妓さんや芸妓さんと同じような感じでしょうか。

パットン大戦車軍団 - 作品 - Yahoo!映画
たまたま無料販促中だったイマジカBSで見ました。1970年の作品なのに映像がきれいでびっくり。
正義の戦争大勝利万歳みたいなお気楽戦争映画かと思っていたら、パットン将軍の人格と重ね合わせて戦争の無残さや理不尽さも描かれていて味わいがありました。
原題は、ただ Patton というだけで、実際、パットン将軍の伝記みたいなストーリーなので、「大戦車軍団」はミスリーディング。
映画自体は、ロンメルやモンゴメリが出てきたり、D-Day前後の戦況が出てきたりするので、ヨーロッパ戦線の予備知識があった方が絶対楽しめます。NHKの大河ドラマみたいに親切じゃないので。

一つ感心したのが、パットン将軍が一人の傷病兵を「臆病者!」と殴ったことの責任を問われ、それが失脚に繋がっていくという描写。
こんなこと、日本軍で起こっただろうか…という。
また、パットン将軍のこうした部下の虐待や英ソなど他の連合国への問題発言などがスキャンダルとして報道され、また報道記者からはパットン将軍に厳しい質問が飛ぶんですよね。結果、パットンは言動を抑制せざるを得ない。
こんなこと、日本で可能だっただろうか…という。

いや、映画の中の話ではあるのですが、思わず彼我の差を――現代の我々の状況と比してすら――改めて考えさせられたのでした。

« 東洋経済の劣化がひどい | トップページ | 餃子の王将が大連から撤退 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/60585598

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の備忘録:

« 東洋経済の劣化がひどい | トップページ | 餃子の王将が大連から撤退 »