« 経済産業省が個人情報保護を放棄しようとしているらしい。 | トップページ | 南西諸島の防衛と離島経済の狭間 »

2015/01/03

国交省「お前ら、存在自体が迷惑だから、さっさと立ち退くか死ぬかどっちかにしろや」

これはえぐい。お前ら迷惑だから立ち退けというに等しい。
費用の見積もりなど、お手盛りでどうとでもできてしまう。
集落に残りたい人たちの気持ちというのは、そう簡単なものではない。
限界集落維持のコストは 国土交通省が検証へ NHKニュース1月2日 4時13分

人口減少が深刻な過疎地で持続可能な集落の在り方を探ろうと、国土交通省は東北の4地区をモデルに集落を中心部に移した場合に維持する場合と比べてコストがどれだけ節約できるかを具体的に検証することになりました。

住民の半数以上を高齢者が占め、存続が危ぶまれているいわゆる「限界集落」は国の調査で全国400か所以上に上り、中でも東北地方は50か所と中国・四国地方に次いで人口減少が深刻な過疎地が多く、集落維持のコストが課題となっています。
このため国土交通省は、集落を維持する場合と中心部に移しコンパクトな街づくりを進める場合のコストを比較し、実際の集落をモデルに検証することになりました。
具体的には集落の維持にかかる道路や上下水道の費用やバスやゴミ収集車などのコストと、集落の移転に伴う費用を比較し移転でどれだけ節約できるのかを分析することにしています。
モデルとなるのは宮城県栗原市、青森県むつ市、秋田県湯沢市、それに山形県小国町の4地区で、国土交通省は現地調査をし、ことし3月までに報告をまとめます。
こうした検証は全国で初めてだということで、東北地方整備局の安田吾郎企画部長は、「限界集落の問題は、住民の合意形成が難しくなかなか解決に向かわないが、『コスト』を見える形にすることで、集落再編を進める貴重なデータにしたい」と話しています。


« 経済産業省が個人情報保護を放棄しようとしているらしい。 | トップページ | 南西諸島の防衛と離島経済の狭間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/60912983

この記事へのトラックバック一覧です: 国交省「お前ら、存在自体が迷惑だから、さっさと立ち退くか死ぬかどっちかにしろや」:

« 経済産業省が個人情報保護を放棄しようとしているらしい。 | トップページ | 南西諸島の防衛と離島経済の狭間 »