« 一日のうちに「搾取」という言葉に2度も出会ったのでメモ。 | トップページ | 知覧特攻平和会館についてのメモ »

2015/03/05

一燈照隅のようになってしまっている社説

【社説】首相の「記憶違い」 リーダーの資質に疑問 | カナロコ(2015.03.02 11:43:00)

きわめてまっとうな(しかも穏健な……控え目な……)指摘。
*****
・(今回の日教組の件は)発端が国会での自身のやじで、その理由説明も出任せだった。
・逆の立場だったら、安倍首相は激高しただろう。
・記憶違いというより誹謗(ひぼう)中傷のレベル

・過去にも、自身の歴史観に懸念を示した元外務官僚を個人攻撃し、波紋を呼んだ
・最近も、邦人人質事件の政府対応を疑問視されると…声を荒らげて反論した。
・批判や指摘に対して聞く耳を持たず、大人げない振る舞いを繰り返している。
*****
安倍夫人も、夫は絶対に謝らない人だと評していらっしゃるようですし、彼の「直情径行」ぶりは筋金入りのようです。

思い込みが激しくて思い付きをすぐ口に出し、批判されるとすぐ激昂して口汚く相手をののしる…と言えば、政治家でも何人か心に浮かびますが、なぜかそれがほとんど安倍氏のお友達だというのはどうしたことでしょうか…(汗)。

この神奈川新聞社説の下に付いている関連社説も良い指摘をしています。タイトルだけ置いておきます。

【社説】首相発言 自ら憎しみをあおる愚 2015.02.08 09:53:00
【社説】要人の暴言 助長を招く首相の姿勢 2014.08.04 11:43:00
【社説】首相の姿勢 責任感を見いだせない 2014.07.18 11:10:00

そう言えば、従軍慰安婦問題に関する彼の国会答弁は、質問にまともに答えない全くのごまかしばかりでした。正面切って批判と闘うことはせず非本質的な個人的見解ばかり述べて逃げる。自分が間違っていることに気が付いているのに、自分の誤認や弱みと向き合うことができないのでしょう。人は誰でもそういう側面を持っていますが、それを政治上の重要課題に関してむき出しにしてしまう人たちが政治指導者に選ばれてしまった(しかもその治世があと数年は続く)ところに我々の大いなる不幸の一因があるわけです。


« 一日のうちに「搾取」という言葉に2度も出会ったのでメモ。 | トップページ | 知覧特攻平和会館についてのメモ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/61233147

この記事へのトラックバック一覧です: 一燈照隅のようになってしまっている社説:

« 一日のうちに「搾取」という言葉に2度も出会ったのでメモ。 | トップページ | 知覧特攻平和会館についてのメモ »