« 「とりあえず厄介ごとを避けたい」という私たちの姿勢が抑圧を生んでいるという話 | トップページ | ピュアオーディオネタでアマゾンが大喜利会場に。 »

2015/03/15

何というか脇の甘さも含めていつもの方々だなあ…と脱力した話。

渋谷で反同性愛デモを主催した「頑張れ日本!」の結成大会に安倍首相を始め複数の現閣僚が参加・登壇していたことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)(2015年3月11日16:20)

上記の記事タイトルで内容は尽きているのですが、せっかくなのでこれらの人たちを引用しておきます。

この結成集会に参加していた国会議員は同HPの記載によると以下のとおり。カッコ内は編集部が現在のポストや役職などを注記しています。党名なき場合は自民党所属となります。

安倍晋三(内閣総理大臣)
平沼赳夫(次世代の党党首)
下村博文(文部科学大臣)
高市早苗(総務大臣)
山谷えり子(国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣(防災担当))
衛藤晟一(内閣総理大臣補佐官)
西田昌司(自民党副幹事長)
稲田朋美(自由民主党政務調査会長)
大江康弘(2010年4月~12月 幸福実現党)
城内実(外務副大臣)
中山成彬(次世代の党・落選)
西村眞悟(次世代の党・落選)
赤池誠章(文部科学大臣政務官)
萩生田光一(自由民主党副幹事長・総裁特別補佐)

参加、登壇している当時現職の国会議員は以上の面々。自民党と次世代の党が中心となっています。安倍首相に加え、現在政治資金問題で大炎上中の下村文科相。ネオナチ団体の代表と写真を撮ったことで大きな問題となった高市早苗総務相、稲田朋美政務調査会長、西田昌司副幹事長らは3人とも参加。ヘイトスピーチを規制する立場ながら在特会元幹部との写真が大きな批判を呼んだ山谷えり子国家公安委員会委員長も名前を連ねるなど、安倍政権との並々ならぬ繋がりを見て取ることができます。

ああもう、おなじみの人たち。なのに、この人たちって、つながりを問われると「知らない」とウソをいうんですよね。
まずいと思うなら関係を絶てばいいのにと思うんですけど、そうしないからこんなふうにボロが出る。
主要政党の要人と関係があるなんて、そりゃ下々の人間からすれば喧伝したくなりますよ、箔が付くし。だから後からボロが出やすくなる。むしろ関係を黙っているのは黒い関係の人たちでしょうし。安倍総理などいろいろ疑惑も取りざたされていますけど明るみにはなかなか出ませんし。

この2010年2月2日に行われた結成大会、参加した政治家は上記以外にもたくさんいたようなので、興味がある人は記録動画を見るといいかも。私はキモチワルイので見ませんが。


« 「とりあえず厄介ごとを避けたい」という私たちの姿勢が抑圧を生んでいるという話 | トップページ | ピュアオーディオネタでアマゾンが大喜利会場に。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/61286580

この記事へのトラックバック一覧です: 何というか脇の甘さも含めていつもの方々だなあ…と脱力した話。:

« 「とりあえず厄介ごとを避けたい」という私たちの姿勢が抑圧を生んでいるという話 | トップページ | ピュアオーディオネタでアマゾンが大喜利会場に。 »