« 自組織の党是と本質を露呈しただけなのに個人に責任をかぶせてしたり顔で憤ってみせる。 | トップページ | 安保法制:広がる反対の運動 »

2015/06/28

陰謀論大好きな人たち

「マスコミ懲らしめるには…」文化芸術懇話会の主な意見:朝日新聞デジタル(2015年6月26日20時54分)

 25日に開かれた自民党文化芸術懇話会で出た主な意見は次の通り。

●大西英男衆院議員(東京16区、当選2回)

 「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番。政治家には言えないことで、安倍晋三首相も言えないことだが、不買運動じゃないが、日本を過つ企業に広告料を支払うなんてとんでもないと、経団連などに働きかけしてほしい」

●井上貴博衆院議員(福岡1区、当選2回)

 「福岡の青年会議所理事長の時、マスコミをたたいたことがある。日本全体でやらなきゃいけないことだが、スポンサーにならないことが一番(マスコミは)こたえることが分かった」

●長尾敬衆院議員(比例近畿ブロック、当選2回)

 「沖縄の特殊なメディア構造をつくったのは戦後保守の堕落だ。先生なら沖縄のゆがんだ世論を正しい方向に持っていくために、どのようなアクションを起こすか。左翼勢力に完全に乗っ取られている」

●百田尚樹氏

 「本当に沖縄の二つの新聞社は絶対つぶさなあかん。沖縄県人がどう目を覚ますか。あってはいけないことだが、沖縄のどっかの島でも中国にとられてしまえば目を覚ますはずだ」

 「もともと普天間基地は田んぼの中にあった。周りに何もない。基地の周りが商売になるということで、みんな住みだし、今や街の真ん中に基地がある。騒音がうるさいのは分かるが、そこを選んで住んだのは誰やと言いたくなる。基地の地主たちは大金持ちなんですよ。彼らはもし基地が出て行ったりしたら、えらいことになる。出て行きましょうかと言うと『出て行くな、置いとけ』。何がしたいのか」

 「沖縄の米兵が犯したレイプ犯罪よりも、沖縄県全体で沖縄人自身が起こしたレイプ犯罪の方が、はるかに率が高い」

 「政治家というのは、理念、信念、大事ですが、言葉が大事だ。戦争と愛については何をしても許されるという言葉があるが、政治家もある程度『負』の部分はネグったらいい。いかに心に届くか。その目的のためには多少……もちろんウソはダメですが」

自信を持って断言するが、この人たちの今回の反省ポイントは
「ひどい会合をやってしまった」
ではなくて、
「やっぱりマスコミは極悪だ。これからは絶対に話が漏れないところでやろう」
であろう。
自民党でもお叱りが出ているが、絶対に
「次からはもっと上手くやれ」
という話が出ているに違いない。

…というか、これまではこういう下卑た話はさすがに下ネタレベルの集まりや極右集団の集会とかでやっていたわけで、メディアも関知してもアレな人たちの気持ち悪い与太話にいちいち取り合わなかったり、変につつく痛い目に遭ったりするので放置していたわけである。
それが、このところ安倍氏のおかげで気がゆるんだお調子者が無邪気に与太を信じ込んで先鋭化してしまった。まあこの種の人たちにとって世界の不都合は全てアカと中国・韓国人とその手先の仕業であって、世界は常に正邪の戦争で成り立っているのだから、「マスゴミ」や「寄生虫」や「プロ市民」やらをたたきつぶせと叫ぶのは理の当然である。従って、彼らを「切腹もの」とか評している自民党内の人たちにおいても心情的には彼らに共感を持っているはずであるし、また、この世界観に共感を持つ支持者たち(JCやら日本会議やら……)の心情に応えないわけにはいかないのである。

少なくとも近い将来において、自民党はこうした極右的ルサンチマンに満ちた勢力と縁を切れないし、排外主義と国家主義はいっそう社会に浸透するであろう。従って今後もこうした突出はあちこちで現れるであろうし(それが今回のように話題になるかは別として……というかそもそもこの種の話は昔からなされてきたわけである)、いずれは国民世論として「反日メディアはつぶせ」という声が大きくなり、本当に報道機関が閉鎖される日が再び来ることもまた十分ありえるであろう。


« 自組織の党是と本質を露呈しただけなのに個人に責任をかぶせてしたり顔で憤ってみせる。 | トップページ | 安保法制:広がる反対の運動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/61804636

この記事へのトラックバック一覧です: 陰謀論大好きな人たち:

« 自組織の党是と本質を露呈しただけなのに個人に責任をかぶせてしたり顔で憤ってみせる。 | トップページ | 安保法制:広がる反対の運動 »