« 毎日新聞が産経のでたらめを指摘 | トップページ | 「一般社団法人今井光郎幼児教育会」が助成した幼稚園と保育園 »

2015/09/18

CCC・ツタヤ図書館、海老名市でも問題か?

とりあえずメモだけ。

海老名市立ツタヤ図書館、驚愕の実態 - ナムラーのブログ - Yahoo!ブログ


1.CCC導入に伴う改修工事費11億円を全額海老名市が負担、建物の最もよい場所をスターバックスとツタヤに割り当てる

2.購入書籍に武雄市と同様、無価値と思われる新古書が多く含まれている

27年度1万冊購入としていて、これまで8343冊購入しているが、購入した書籍名が明らかにされたが、武雄市と同様新古本、廃刊本が大部分を占めている。
8343冊の内訳
 工学・工業分野(料理、建築関連等)    6500冊
 自然分野(美術、健康等)         150冊
 芸術分野               430冊
 地理・歴史分野(旅行ガイド等)      1200冊 
  その他                 63冊 

驚いたことに工学・工業分野(料理、建築関連等)6500冊の中身、料理本が4126冊、1991年から2000年代に発行された雑誌「スタジオ・ボイス」7冊、1976年から2009年に発行されたカルチャー雑誌、1992年から1998年に発行された雑誌「オリーブ」11冊、1982年に発行された女性雑誌、また、全集本でありながら歯抜けで購入。
さらに驚いたことには「アイミクロンメガネクロス」20件、「スピード・サラダ・オロシ」(おろし金)1650円、「シリコン製タジン鍋」、「サラダスライサー」、[フライパン]、「ドレッシングボトル」これらが購入されています。
購入総予算2137万円、1冊あたり2137円です。教育長は苦し紛れにこれらは「文化」「時代時代に出たものを所蔵することが、図書館の使命」と、詭弁を弄して答弁していた。
さらに驚いたことには、問題のある物は購入しても書架には出さない、つまり買ってもお蔵入りにすると答弁、ますます疑念が深まるばかりである。
今のところ、この人の記事だけで他からの情報が分からないので、論評はしない。改修費が11億円というのもずいぶん大きい気がするし、市議会でこんな内容が明かされたのなら大騒ぎになっているのではないかという気がするし。

********
追記(2015年9月19日7時03分)

海老名市立図書館、選書やり直しへ 武雄市図書館問題が「飛び火」

平成27年第3回海老名市議会定例会9/18氏家議員質疑メモ #公設ツタヤ問題 - Togetterまとめ

********
追記(2015年10月4日17時31分)

タジン鍋など、指摘されたもののうち、「アイミクロン メガネクロス」が選書リストに含まれているのが分かった。

山口良樹海老名市議会議員が公表している選書リスト(1)の中に、

No. 6043 ベビーピンク
No. 6046 浮世絵【歌川広重】東海道五十三次 品川・日之出
No. 6053 浮世絵【歌川広重】東海道五十三次 日本橋・朝之景
No. 6086 セージグリーン
No. 6107 ブラウン
No. 6108 四日市・三重川
No. 6134 ホワイトベージュ
No. 6168 レモンイエロー
No. 6363 フレッシュピーチ
No. 6364 浮世絵【歌川広重】東海道五十三次 品川・日之出
No. 6434 富岳三十六景 凱風快晴

がある。興味深いのは、No. 6046と6364とが重複していることだ。

一応、上記の「ナムラーのブログ」の記述は部分的には確認できたことになる。

あと、タジン鍋などの記述に関する他の記事など。

海老名市立図書館に行ってみタジン鍋 - Togetterまとめ

眼鏡ふき・おろし金・シリコン鍋……武雄市に続き来月新装開館予定の海老名市立中央図書館でも「疑惑の選書」が発覚か | ガジェット通信(DATE:2015.09.18 05:25 BY: 84oca)

一見すると書籍とは思えないこれらの商品ですが、例えば『アイミクロンメガネクロス』は実用書や児童書を出版している永岡書店がISBNコードを付与して書店流通で販売しているためAmazonや楽天ブックスなどのネット書店でも「単行本」のカテゴリに分類されています。同様に『スピードサラダおろし』は主婦の友社が、『シリコン製タジン鍋』はコスミック出版がそれぞれの調理器具の使用例として料理のレシピを掲載したブックレットを付けて書店流通で販売しており、流通経路上は確かに「書籍」と言えなくもありませんが公立図書館の蔵書としてふさわしいものとは考えにくいと言わざるを得ません。

武雄市の場合は「目標冊数を揃えるためにTSUTAYAがフランチャイジーとして加盟している古書店から不良在庫を大量に買い取ったのではないか」という指摘がありますが、海老名市でも同様にカルチャー雑誌『STUDIO VOICE』が7冊、女性誌『Olive』が11冊などいずれも1990年代発行のバックナンバーが細切れで購入されているとのことで武雄市と同様に冊数優先で古書店から不良在庫を買い取った可能性を指摘する声が『Twitter』などで挙がっています。


« 毎日新聞が産経のでたらめを指摘 | トップページ | 「一般社団法人今井光郎幼児教育会」が助成した幼稚園と保育園 »

ツタヤ図書館問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/62301677

この記事へのトラックバック一覧です: CCC・ツタヤ図書館、海老名市でも問題か?:

« 毎日新聞が産経のでたらめを指摘 | トップページ | 「一般社団法人今井光郎幼児教育会」が助成した幼稚園と保育園 »