« ツタヤ図書館のリンク追加 | トップページ | 気持ちは分かるが言いがかりでは…? »

2015/10/28

維新の分党騒ぎ:注目を集められたら勝ちということではないか。

維新の党規約を徹底解釈する。少なくとも、大阪系グループの「臨時党大会」と「解党決議」は無効です。 - Everyone says I love you !(2015年10月25日)

ほかの人たちも指摘しているように、橋下氏を初めとする大阪系のグループの主張には無理があり、彼らが開いた「臨時党大会」なるものは無効だという話。

この記事のコメントでも見受けられるが、弁護士でもある橋下氏がなぜこんな初歩的な過ちを犯したのか、勝ち目のない無謀なことを押し通そうとしているのか、弁護士とは信じられない、無能ではないか、などの反応をあちこちで目にする。

だが、私には彼は計算尽くでやっているのではないかという気がする。簡単にいうと、都構想キャンペーンの支払い問題などの側面もあるのだろうが、大阪ダブル選挙など有権者向けのパフォーマンスという側面である。
彼はメディアの注目を集める言動を様々に行っていて、その多くが愚劣だったり反社会的だったりするのだが、その悪質さによって支持を失う効果よりも、話題になることで支持を集める効果の方が大きいのではないか。表面的な好印象を生む場当たり的な言動の方が市民に受け入れられやすく、信頼を集めやすいのではないかという気がする。もちろん彼が社会の現状への不満の受け皿になっているという背景があるにせよ。

橋下氏が計算尽くなのではないかというのは、上記の記事著者の宮武氏が次のように語っていることにも関連している。

むごい話だなと思うのは、橋下氏と松井氏は維新の党から早々と離党していて当事者にならず、新代表となったとたんに解散決議を出した馬場伸幸議員や東議員に火中の栗を拾わせていることです。

ずるくないですか。

胸にしみる一言だと思う。弾よけに使われている兵卒への同情がにじんでいる。同じことを以前から私も思っていて、橋下氏の真骨頂が良く現れていると感じていた。

ともあれ、この騒動で露出が高まることで阪神間での支持はさらに固まったのではないか。11月の選挙で彼らが勝つ可能性はかなりあると思う。また、仮に二つとも落としたとしても、議会で自民ほかの無能さを喧伝して抵抗し「改革」を停滞させることでさらに無能さを強調するだろうから、彼らの地盤はそう簡単にはゆるまないだろう。


« ツタヤ図書館のリンク追加 | トップページ | 気持ちは分かるが言いがかりでは…? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/62564920

この記事へのトラックバック一覧です: 維新の分党騒ぎ:注目を集められたら勝ちということではないか。:

« ツタヤ図書館のリンク追加 | トップページ | 気持ちは分かるが言いがかりでは…? »