« 面白いのでブクマ | トップページ | 記事クリップ:小牧市のツタヤ図書館問題など »

2015/10/06

記事クリップ:もう一つの女工哀史

もう一つの女工哀史再び 発刊35年、岩波文庫に収録:朝日新聞デジタル(2015年10月6日14時41分)

これは買わなくちゃ……とメモしながら買わずじまいになっている本がいくつあることか……。

 大正期の紡績工場を描いたルポルタージュ「女工哀史」。筆者の細井和喜蔵(わきぞう)には内縁の妻、高井としをがいた。岐阜県出身の女性の半生をまとめた「わたしの『女工哀史』」が、発刊35年になる今年、岩波文庫に収録された。貧しさの中で働き続け、労働運動に尽くした生き様は今も語り継がれる。

 としをは1902年に生まれ、10歳で岐阜・大垣の紡績工場に働きに出た。各地の工場を転々とし上京、18歳で細井に出会う。

 女工や女中を続けながら、病弱な細井に自らの体験も伝えて執筆を支えた。「女工哀史」は25年7月に発刊されベストセラーになったが、細井は翌月28歳で亡くなる。としをは入籍しておらず、印税を手にすることはなかった。

《女工の実態を何とか世に訴えたいと、一つの目的に結ばれてともに努力していたので、内縁の妻などということは、気にもかけていなかったのです。》(「わたしの『女工哀史』」より、以下も同じ)

 27年に労働運動の活動家だった高井信太郎と入籍したが、高井も終戦翌年に死去。としをは兵庫県伊丹市で、日給240円で「ニコヨン」と呼ばれた失業対策の日雇い労働をして5人の子を育てた。労働組合を立ち上げ、市役所と交渉し賃上げや健康保険の加入などを実現させた。

《私の一生は、女工哀史とニコヨン哀史の連続でした。なかでもニコヨン生活の二十年は、働いても働いても、食わなんだり食わなんだりの生活で、(中略)だから労働組合をつくり、団結して助けあい、生活を守りぬいたのでした。》

 「わたしの『女工哀史』」は80年に草土文化(東京)から発刊。きっかけは、当時の聖徳学園女子短大の教員と学生らでつくる「現代女性史研究会」の聞き書き調査だった。

 メンバーだった大津市の福田ひとみさん(64)もかつて愛知県一宮市の紡績工場で働き、寮から短大に通った。聞き書き調査でとしをを訪ねたころを思い出す。「プライバシーがないのはとしをさんのころと変わっていないと思った。私も寮で6人が10畳1部屋に入り、私物は鍵のかからないタンスにしまっていた」

 ログイン前の続き研究会によって、としをの半生や趣味で続けてきた詩歌は、「ある女の歴史」「母なれば働く女性なれば」として冊子にまとめられた。新聞やテレビに取り上げられ、出版に至った。

 非正規雇用の拡大など労働者の環境は今も厳しい。「わたしの『女工哀史』」は今年、岩波文庫に収録。文庫編集部の太田順子さんは「権利向上をストレートに求めたとしをの姿勢はすがすがしい。いまの労働状況を考える上でもヒントがある」と話す。

 福田さんは短大を卒業後、保育士をしながら、滋賀県内の保育・福祉関係の労組で委員長を務めた。

 7日午後2時から、岐阜聖徳学園大の図書館(岐阜市中鶉1丁目)で講演会を開く。特に若い学生たちに、としをから教わったことを伝えようと思う。

 「自分の権利のために戦うことはわがままではない。同じ境遇で苦しむ他の人を守ることになる。世の中の矛盾を見て、考える力を身につけてほしい」

 発刊の3年後、81歳で世を去ったとしを。「あとがきにかえて」にこうある。

《この本が、戦争を知らぬ人びとや、平和を守るためにご苦労なさっている方たちに、少しでも参考になれば》(志村英司)


« 面白いのでブクマ | トップページ | 記事クリップ:小牧市のツタヤ図書館問題など »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/62422283

この記事へのトラックバック一覧です: 記事クリップ:もう一つの女工哀史:

« 面白いのでブクマ | トップページ | 記事クリップ:小牧市のツタヤ図書館問題など »