« よく分からんがとりあえずメモ。:菊地誠氏とおしどりマコ氏の阪大講演会のtogetter | トップページ | 一億総株主社会 »

2016/02/15

原発事故関連いろいろ

読売新聞だからなあ…と思いつつ、「あれ?」と思うニュースばかりなので、ちょっとメモ。

では、一つ目の「あれ?」をどうぞ。

除染基準「根拠ない」…環境相が講演の発言陳謝 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)(2016年02月09日 22時14分)

 9日の衆院予算委員会で、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う除染の実施基準に関し、丸川環境相が自身の発言を陳謝する場面があった。

 丸川氏は7日、長野県松本市で講演し、国が除染の実施基準を年間被曝ひばく量「1ミリ・シーベルト以下」としていることについて、「どれだけ下げても心配だと言う人たちが騒いだので、その時の細野環境相が何の科学的根拠もなく急に言っ(て決め)た」と述べた。

 予算委では、民主党の緒方林太郎氏が「揶揄やゆするような言い方が被災地の気持ちを害している」と批判。丸川氏は「なぜ1ミリに決めたのか十分に説明し切れていないと(いう趣旨で)言った。誤解を与えたなら、言葉足らずだったことにはおわびしたい」と陳謝した。

 ただ、除染の枠組みを作った民主党政権は元々、国際放射線防護委員会(ICRP)の基準に沿って、年間積算線量が20ミリ・シーベルト未満なら居住可能との見解だった。徹底除染を求める地元の要望を受け、1ミリ・シーベルトとした経緯があり、政府内には「達成困難な目標が今も住民の帰還を阻み、復興を遅らせている」との声もある。

うろ覚えだけど、確か、もともと1ミリシーベルトの基準だったのを、その基準を到底達成できないからということで、20ミリに緩和するという話じゃなかったっけ。
で、「厳しい基準だから安全!」みたいな話だったのを、「いや、20ミリでも安全なんですわ~」と後付け的な言い訳をしたので、皆が怒ったという話だったような…?

・どれだけ下げても心配だと言う人たちが騒いだ=無知で反対ばかりする「市民」が悪い
・細野環境相が何の科学的根拠もなく急に言った=民主党が付和雷同した

という話なんだろうけど「不安に思う奴がバカ」という態度はひどいよね。
大体、「絶対安全」と言い続けていたのは政府自民党なんだし。

どうでもいいけど読売新聞の「民主党が悪いんだ」みたいなコメントは何なんですかね。大政翼賛会?

次。二つ目の「あれ?」に行きましょう。

凍土壁「関心ない」…規制委長、浄化し放出主張 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)(2016年02月14日 09時45分)

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は13日、東京電力が福島第一原子力発電所で汚染水対策の柱の一つとして進めてきた「凍土壁」計画について、「あまり関心はない。(完成しても)水の問題は解決しない」と述べ、改めて汚染水は浄化処理して海に放出すべきだとの考えを示した。

 同原発の廃炉作業を視察した後に、報道陣の取材に答えた。

 凍土壁は、原子炉建屋に流れ込んで汚染水の発生源となっている地下水を防ぐため、建屋の周囲の地中に作る氷の壁。今月9日には凍土壁を作るための配管などの設置工事が完了した。凍結開始には規制委の認可が必要で、15日に開かれる規制委の有識者会合で認可について話し合われる。

 田中委員長は「汚染水を浄化処理して海に捨てるという持続性のある形を作らないと廃炉は進まない」と述べた。

これも、確か、「凍土壁を作れば大丈夫!」っていう話だったんじゃなかったっけ……?
この田中委員長が、当初から凍土壁に批判的だったのかどうか、規制委員会が批判的だったのかどうか、余りよく覚えていないんだけど、確か、「凍土壁は意味ないよ!」という批判が政府関係から出ていたという報道ってあったっけ……?
それに、確か、オリンピック招致の時に、安倍総理が「アンダーコントロール!」って叫んだ時の根拠は、凍土壁ができるからという話も入っていたんじゃなかったっけ……?

どうも記憶が定かではないから、激しく勘違いしているかもしれないけれど、どうも、
「凍土壁?バカじゃねーの?笑」
みたいな「厳しい批判が出ています」的なニュースって見た覚えがないので…。

いや「本当にできるのかなあ、無理じゃないの?」って、みんなうすうす思っていたんじゃないかとは思うんだけど。

では最後。

福島のセシウム「ガラス状」…森林で採取の葉 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)(2016年02月14日 11時37分)

 福島県内の森林で採取した放射性の微粒子を分析したところ、ガラスの中にセシウムが溶け込んだ構造であることが分かったと、小暮敏博・東京大准教授らの研究チームが発表した。

 微粒子は、東京電力福島第一原子力発電所事故の際、原発の内部にあった物質が高温状態で混じってできたものとみられ、炉内で起きた反応などを知る手がかりになる可能性がある。英電子版科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に論文が掲載された。

 微粒子は2011年夏、杉の葉の表面で見つかった。大きさは数マイクロ・メートル程度。電子顕微鏡などで分析したところ、窓ガラスなどと同じケイ酸塩ガラスが主成分で、放射性セシウムのほかに鉄や亜鉛などが含まれていた。セシウムは微粒子の外側ほど高濃度で、徐々に粒子外へ溶け出すことも実験で判明した。

 小暮准教授は「飛散した微粒子の量や、セシウムが溶け出す条件などを詳しく調べれば、環境への影響の解明につながる」と話している。

・直径数ミクロンの微粒子
・外側ほど高濃度で徐々に溶け出す
・森の中の葉っぱに付着していた

うーん、やっぱり何となく怖いんですけど……。PM2.5が話題になるときも、確か毒性のある微粒子だからという話だよねえ。
そりゃまあ濃度というのは大事で、それに簡単に体内や体表から出て行ってくれればいんだけれど。今も桜島みたいに噴煙を上げているわけではないから、まあ今は大丈夫なのかもしれないけれど。

それはそれとして、ガラスに溶けていた、しかも微粒子化していたというのはやっぱりすごく高温になったのだなあ…と改めて思いました。「爆発」という表現にふさわしいことが起きたのだなあ、と。


« よく分からんがとりあえずメモ。:菊地誠氏とおしどりマコ氏の阪大講演会のtogetter | トップページ | 一億総株主社会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/63212939

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故関連いろいろ:

« よく分からんがとりあえずメモ。:菊地誠氏とおしどりマコ氏の阪大講演会のtogetter | トップページ | 一億総株主社会 »