« 哀しみのNHK | トップページ | ネタ:人間の本質に由来する問題はいつの時代でもどの世代でも現れ続けるという話(かな) »

2016/02/05

「コラーゲンで育毛!」という商品が絶対現れると予言

このニュースを見た人は全員そう確信していると思うけど、とりあえず便乗しておく。
昔、
「自分ではどんなにくだらないと思っても、やったことはきちんと形に残しておきなさい、それが後で業績になることもあるのだから」
と、恩師に言われたので。(なんのこっちゃ)

年齢とともに髪の毛が薄くなる仕組み 解明 NHKニュース(2月5日 4時00分)

年齢とともに髪の毛が薄くなるのは、頭皮にあるコラーゲンの一種が減り、髪の毛を作り出す細胞が死んでしまうためだとする研究成果を、東京医科歯科大学などの研究グループが発表しました。マウスを使った実験では、コラーゲンを増やすと加齢のため体の毛が減るのを抑えられたということで、薄毛を防ぐ薬の開発につながると期待されます。
東京医科歯科大学の西村栄美教授らのグループは、マウスの体毛が加齢とともに薄くなることに着目し、そのメカニズムを詳しく調べました。その結果、体毛を作り出す細胞は、加齢とともに細胞の生命維持に必要なコラーゲン「17型コラーゲン」をみずから分解してしまうようになり、死んでいくことが分かったということです。また「17型コラーゲン」が減らないように遺伝子を組み替えたマウスでは体毛が減るのを抑えられたということです。
研究グループでは、ヒトの髪の毛でも同じ仕組みがあることを確認していて、西村教授は「加齢で髪の毛が薄くなる仕組みがかなり分かってきた。コラーゲンの減少を抑える治療薬の候補となる物質を探し、数年以内に動物実験を行ったうえでヒトでの臨床試験に結びつけたい」と話しています。
この前、毎日新聞を眺めていたら、「グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲンという気になる三つの栄養素が一つに入った云々」という広告があったので、コラーゲンって人気なんだなあって思った。このニュースで一気にコラーゲンブームが来ると思う(笑)

でも、
1.たぶん、「コラーゲン」を塗っても食べてもたぶん効かない。

「コラーゲン」を錠剤にして飲むサプリがあるけど、あれは本当に意味が分からない。胃腸で消化分解されるだけなのにといつも思う。
じゃあ塗ったから毛髪細胞が死ななくなるかっていうと、たぶんそう単純じゃないだろう。細胞質の中に入らないといけないだろうし、そのコラーゲンが細胞の生命活動にきちんと組み込まれないといけないし。そもそも死んじゃった毛髪細胞を生き返らせられるわけでもないし。毛髪細胞が増えるのを手伝えたらいいんだろうけど。そういう効果をうたったサプリも出そうだけど、今回のニュースではそういう効果は未確認みたい。

2.「17型コラーゲン」ってのは、たぶん今のサプリメントには余り入っていない。

でもそのうち出てくるに違いない。上述の通り、まあ食べたり塗ったりしても意味ないだろうけど。

美容とか健康とかは、要はお客がその気になってくれさえすればいいので、別に本当に効果がなくてもいいわけである。鰯の頭も信心からである。


« 哀しみのNHK | トップページ | ネタ:人間の本質に由来する問題はいつの時代でもどの世代でも現れ続けるという話(かな) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/63167944

この記事へのトラックバック一覧です: 「コラーゲンで育毛!」という商品が絶対現れると予言:

« 哀しみのNHK | トップページ | ネタ:人間の本質に由来する問題はいつの時代でもどの世代でも現れ続けるという話(かな) »