« 日本政府のサボタージュが沖縄問題をこじらせる | トップページ | 1950年代の教科書攻撃:「うれうべき教科書の問題」のメモ »

2016/04/22

死刑判決に関わった裁判員の苦しみ

正当性が与えられた上に責任を分散されているにも関わらず心の傷を負う例として考えさせられた。

死刑執行、浮かぶあの顔 元裁判員苦悩「殺人行為だ」:朝日新聞デジタル(2016年4月22日09時12分)

 「執行されたことは、いまでも信じたくない」――。川崎市でアパートの大家ら3人を刺殺した津田寿美年(すみとし)・元死刑囚(当時63)に昨年暮れ、死刑が執行された。2009年に始まった裁判員制度の対象事件では、初めての執行。5年前、死刑の判断に加わった元裁判員が執行後初めて、重い口を開いた。

 「死刑がひとごとではなくなってしまった。一般市民が人の命を奪う判決にかかわるのはきつい」。神奈川県横須賀市在住の元裁判員、米澤敏靖さん(27)は心の内を明かした。

 思い出したくないのに、フラッシュバックのようによみがえってくる。4カ月前に東京拘置所で刑を執行された津田元死刑囚の顔だ。「法廷での無表情な顔が、浮かぶんです。最期はどんなことを思ったのだろうかと考えてしまう」

 津田元死刑囚に、検察の求刑通り死刑が言い渡されたのは、11年6月17日。米澤さんは当時、大学4年生だった。

 「判決は遺族感情や被告の生い立ちを十分に考慮した結果。自分のやったことを反省し、真摯(しんし)に刑を受けてもらいたい」。判決後の会見でそう話した。死刑制度はあった方がいいし、死刑にせざるを得ないケースもあると思っていた。

 翌月、津田元死刑囚が控訴を取り下げ、判決が確定。「悩んで出した結果を受け入れてくれた」と感じて、ほっとした。

 まもなくして、裁判員の経験を話した親しい友人にこう問われた。

 「人を殺したのか?」

 胸を突かれた。考えてもいないことだった。死刑は誰かが実行する「最も重い刑」という認識で、間接的にでも自分がかかわって「人を殺す」という意識はまるでなかった。

 「本当によかったのだろうか」。振り払っても振り払っても疑問がわき上がった。つらかった。心にふたをし、忘れようとした。

 だが、死刑が執行されたというニュースが流れると、そのたびにびくびくし、津田元死刑囚の名前がないか探した。見当たらないと、人知れず安堵(あんど)した。

 そんな中での、昨年12月18日の執行。「現実として受け入れることができなかった。自分が執行を信じなければ、津田さんがまだどこかで生きていると思えるかも、と」。取材依頼が殺到したが、応じなかった。何も話したくなかった。卒業後に就職した会社の仕事に没頭した。

 それから4カ月。「信じたくない」という気持ちは変わらない。だが、津田元死刑囚はもうこの世にはいない。「死刑は、法という盾に守られた殺人行為に変わりない」。我がこととして悩み、苦しむうちに、いまは死刑反対の気持ちが強くなった。

 一昨年には、ほかの裁判員経験者らと20人で、死刑についての情報を公開し、国民的議論を促すことや、それまでの刑の執行停止を法相に求めた。

 「僕らが要請しているにもかかわらず、執行していることに憤りを感じる。津田さんを皮切りに、裁判員裁判による死刑判決がバタバタと執行されていくのではないか」と危機感を抱く。

 自分と同じ思いをする人が出ないためにも声を上げる必要があると、今回、実名で取材に応じた。「話し合いの場をもつなど、立ち止まって考えてほしい」

 人の命を奪う判断にかかわったという事実は、一生消えることはない。向き合い続けなければならない現実だ。「もう二度と裁判員はしたくない」。いつもは物静かな米澤さんが、少し強い口調でそう言った。

 津田元死刑囚のほかに、裁判員裁判を経て9人の死刑がこれまでに確定している。(編集委員・大久保真紀)

     ◇

 裁判員裁判と死刑 裁判員が加わるのは刑事裁判の一審で、殺人や強盗致死傷などの重罪事件が対象。裁判官3人と裁判員6人が有罪か無罪かを議論し、有罪なら次に量刑を決める。全員が一致しなければ、多数決。裁判官1人以上を含む5人以上が賛成した刑に決める。裁判員は評議の経過や多数決の結果などは守秘義務が課せられているが、感想は語っても構わない。

 市民が死刑の判断にかかわることについては、制度導入前から危惧する声があった。最高裁は裁判員の精神的負担を考え、カウンセリングなどを紹介する窓口を設けている。世界的にみると死刑の判断に市民がかかわるのは珍しい。欧州などでは死刑が廃止されている。死刑を廃止する州が増えている米国では、陪審員は原則として量刑は決めないが、死刑の場合は全員が一致して「死刑相当」と事実認定しなければ判決は出せない。

この記事には米澤さんの写真が付いている。キャプションは以下の通り。
「名前と顔を出して話すのは、僕の苦しみも含めて知ってもらいたいから。裁判員裁判で初めて死刑が執行された判決にかかわった裁判員としても、責任があるかなと思う」。米澤敏靖さんはよく足を運ぶという自宅近くの海を見ながら言った=神奈川県横須賀市、大久保真紀撮影
この米澤さんの苦しみを理解できないという反応もあるのではないか。
・社会正義のために正しいことをしたのだから悩む必要はない
・死刑になることをした被告が悪いのであり、死刑を命じた側は悪くない
・仮に判決が適切でなかったとしてもその責任を負う必要はない
   裁判員は自ら志願してなるものではない
   裁判員の役割は法の専門家でなく市民の立場で意見を述べる補助的役割に過ぎない
   被告を殺したくて死刑にしたのでなくそうするしかなかった
・裁判官や死刑執行官の重圧に比べれば大したことはない、軟弱だ
など。
不正義をただしてくれて良くやった、嫌な仕事を引き受けてくれてありがとうなどと賞賛する声もありそうだ。

ただ、推測に過ぎないが、おそらく米澤さん本人は、これらの正当化ないし弁明、慰めはすでに何度も考えたのではないか。そして、それにも関わらずぬぐいきれない苦しみがあるということなのではないか。

******
私がこの記事を興味深く思ったのは、米澤さんの苦しみが、最近読んだデーヴ・グロスマンの『戦争における「人殺し」の心理学』(ちくま学芸文庫)の論点を拡張するように思ったからだ。

グロスマンの本は実際に殺人を犯した人(兵士ら)の苦悩に焦点を合わせたもので、裁判員のようなケースは考慮されていない。にも関わらず、殺人に荷担してしまったという苦しみを負う米澤さんの心の動きはグロスマンが詳述するプロセスにとてもよく似ている。

殺人に荷担したということを自覚した時点から罪悪感が始まっていることも興味深い。米澤さんは被告の顔が忘れられないと言う。グロスマンは対象を自分と同じ人間だと思うと容易に殺せないと述べている。米澤さんは被告の存在を自分と地続きなものと悟ってしまったのだと言える。また、米澤さんは自分が関わったと思っていなかったと述べているが、これは言い換えると、死刑執行=殺害行為とその決定行為との心理的切り離しが成功している場合には、直接手を下さない側には罪悪感が生まれにくいということを表しているように思える。これもグロスマンが殺人を容易化する方策として繰り返し述べていることである。

グロスマンは、実際に手を下す兵士よりも将校の方がPTSDになる割合は相当低いと述べている。しかし、米澤さんの例は、非自発的にやむを得ず関わり、法の正義を体現し、さらに間接的かつ責任を分散した状態ですら、殺人過程に関与したという罪悪感はときに耐え難いほどの心の傷をもたらすということを示している。


権威によって強制的にその状況に置かれ、集団内で「人を殺す」ことに自ら関わる選択を迫られるという点で、兵士と裁判員はよく似ている。そして、グロスマンによれば、軍隊は殺人に対する兵士の抵抗を弱めるさまざまな仕掛けを持っている。裁判員には死刑選択をしやすくする必然性はないが、量刑の相場感と裁判官の権威、そして集団同調圧力はグロスマンが指摘する「権威者の要求」と「集団免責」、「相互監視」によく似ている。その上に上述した正当化と分散化の仕掛けがあれば、「死刑判断もやむを得ない」と自分を説得するのは容易になるのではないだろうか。グロスマンの著書全体に流れる最も基本的な認識は、個人的動機がない場合、人は決して自発的には殺人に関与しようとしないということだ。そのように考えると、裁判員制度は一般市民が人(被告)に危害(刑罰)を加える判断を容易化する仕組みだと言えるかもしれない。

ただし、これらの仕掛けが殺人後の罪悪感を和らげるわけではないことには注意が必要である。実際、軍は兵士が人を殺せるようにすることには成功したが、殺した後の罪悪感の除去には成功していないというのがグロスマンの基本的問題意識なのであるから。

グロスマンの本の後半は、ベトナム戦争に従軍した多数の兵士が深刻なPTSDに苦しんだ理由の解明に焦点を当てている。その主な結論は、兵士が負った殺人の罪悪感を社会が癒そうとしなかったからだというものだ。殺人を犯した兵士らを社会が受け入れ、彼らの苦しみに耳を傾け、彼らの行為に正当性を与えるべきだったとグロスマンは言う(注1)。彼の言に従えば、米澤さんはベトナムを経験した兵士のように孤独に置かれたために、苦しみを負い、それが彼をして死刑廃止運動へ駆り立てる原因となったと考えることもできる。そのような考えに基づけば、元裁判員が死刑廃止運動へ傾くような事態を避けるためには、裁判員の心のケアをして、死刑宣告に荷担した自分自身を受容するように仕向けることが大切だということになる(注2)。最高裁はカウンセリングの紹介を行っているようだが、帰還兵の一般社会順応プロセスのようにもっと踏み込んだシステムが必要なのかもしれない。

グロスマンはベトナムの教訓としてこう言っている。

「人を殺すために兵士を送り出す国家は、一見すると本国とは無縁に思える遠い国での行為にたいし、最終的にはどんな代償を支払わねばならないか理解せねばならない。」(p.450)

裁判員、裁判官、死刑執行人たる刑務官、これらの人の苦悩を前にすれば、我々は同じことを理解しなければならないのではないか(注3)。死刑存置論者であれば一層真剣に考えるべきことであるように思われる。

***

注1:話は全然異なるが、ベトナム従軍兵士のPTSD問題は、我々の日本社会が先の大戦の従軍兵士をどのように扱ったのかという問題を提起する。残虐な侵略戦争の尖兵とされた彼らを社会が受容することはベトナム従軍兵士の受容よりもさらに難しい。旧日本軍兵士の苦悩とトラウマに十分に向き合えなかったことが、強固な歴史修正主義に生存理由を与えてしまったと言えば言い過ぎだろうか。

注2:帰還兵が加害経験を正当化せず反戦運動に参加する例としては、例えば以下のリンク先がある。「ある反戦ベトナム帰還兵の回想、刀水書房」はベトナムの元海兵隊員であるエアハートが反戦運動に加わるようになった回想録。また、「NATO会場に向けて従軍メダルを投げ返すイラク帰還兵たち「メダル返還の理由」 - みんな楽しくHappyがいい♪」にはタイトル通りの「反イラク帰還兵の会」の活動に加えて、1971年に起きたベトナム帰還兵による勲章投げ捨て事件に触れられている。日本では中帰連の活動もそれに当たるだろう。

注3:刑務官の苦悩については、例えば櫻井悟史「死刑存廃論における「死刑執行人」の位置についての一考察―日本の公文書に見る死刑執行現場の生成と消滅―」コア・エシックス Vol. 4(2008)に若干の言及と参考文献がある(p.100と注43)。(『コア・エシックス』 | 立命館大学大学院 先端総合学術研究科


« 日本政府のサボタージュが沖縄問題をこじらせる | トップページ | 1950年代の教科書攻撃:「うれうべき教科書の問題」のメモ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/63522426

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑判決に関わった裁判員の苦しみ:

« 日本政府のサボタージュが沖縄問題をこじらせる | トップページ | 1950年代の教科書攻撃:「うれうべき教科書の問題」のメモ »