« リテラ記事から「安倍叩きは朝日の社是」伝説の流れを要約。 | トップページ | 毎日新聞の連載記事:JA改革と小泉進次郎 »

2016/05/02

大学の日の丸君が代問題。毎日新聞の記事から。

時間もなくて、ほとんど資料集作りみたいなことしかできない。

国旗・国歌:新たに15大学実施 文科相要請後に - 毎日新聞(2016年5月1日 08時00分(最終更新 5月1日 10時31分))

 下村博文文部科学相(当時)が昨年6月、すべての国立大(86大学)の学長に入学式や卒業式での国旗掲揚と国歌斉唱を要請した後、15大学が対応を変え、今春から国旗掲揚や国歌斉唱などを実施していたことが毎日新聞のアンケートで分かった。いずれも「大学として主体的に判断した」と答えた。うち6大学は文科相要請が学内議論のきっかけになったとした。【大久保昂、畠山哲郎】

 毎日新聞は4月、すべての国立大を対象に2015年と16年の入学式と卒業式での国旗掲揚・国歌斉唱の実施状況などについて書面で尋ね、81大学から回答を得た。福島大、東京大、東京医科歯科大、福井大、政策研究大学院大は回答しなかった。

 集計の結果、今春の式典で76大学が国旗を掲揚した。このうち弘前大、宮城教育大、信州大、和歌山大の4大学が大臣要請後に対応を変えていた。

 一方、国歌斉唱は14大学が実施。このうち今春から始めたのは、愛知教育大、兵庫教育大、奈良教育大、鳥取大、佐賀大、北陸先端科学技術大学院大の6大学。また、宇都宮大、東京学芸大、東京海洋大、島根大、九州工業大の5大学は斉唱はしなかったものの、演奏や歌手による独唱という形で、今春から式典の中に国歌を組み込んだ。

 回答があった81大学のうち、国旗掲揚も国歌斉唱も行わなかったのは、横浜国立、名古屋、京都、九州、琉球の5大学だった。

 国立大の入学式などにおける国旗掲揚・国歌斉唱を巡っては、安倍晋三首相が昨年4月の参院予算委員会で「税金によって賄われているということに鑑みれば、教育基本法にのっとって、正しく実施されるべきではないか」と答弁した。

 これがきっかけとなり、当時の下村文科相が同6月、国立大学長を集めた会議で「各大学の自主判断」としながらも、「長年の慣行により国民の間に定着していることや、国旗・国歌法が施行されたことも踏まえ、適切な判断をお願いしたい」と事実上の実施要請をした。

 また、後任の馳浩文科相は2月の記者会見で、岐阜大が国歌斉唱をしない方針を示したことに対し、「日本人として、国立大としてちょっと恥ずかしい」などと述べた。一方で下村氏や馳文科相は「強制ではない」とも述べている。

 小中高校の学習指導要領には、入学式や卒業式での国旗掲揚・国歌斉唱が定められているが、大学は指導要領の対象外となっており、こうした決まりはない。

国の介入に抵抗薄れ

 共栄大の藤田英典副学長(教育社会学)の話 国旗や国歌を尊重する雰囲気は自然に醸成されるのが望ましく、国が大学に要請することには違和感がある。国立大は2004年度の法人化後、資金力の差が広がっており、国からの運営費交付金の減額を心配して大臣の要請に反応した大学もあったのかもしれない。また、成果主義や説明責任を求める風潮の浸透により、国の介入に対する大学側の抵抗感も薄れているように感じる。独立性を高めるのが法人化の狙いの一つだったはずだが、逆に国への従属性を強めた面がある。

独法化が従属性を強めたという指摘は良い。それは独法化前から懸念されていたことではあるが。
「国旗や国歌を尊重する雰囲気は自然に醸成されるのが望ましい」というのは一見穏当なようだが、実は恐ろしい。「自然に醸成」というお題目の怖さもさることながら、本当に「自然に」生じたのだとしたら、それこそが一番怖い部分だからだ。けれども、現今の情勢下ではこのような見解ですら強制への異議申し立てとして共有せざるを得ない状況にある。

同記事の表を書き起こしておく。

文科相の要請後に対応を変えた大学

国旗掲揚をした:弘前大、宮城教育大、信州大、和歌山大
国歌斉唱をした:愛知教育大、兵庫教育大、奈良教育大、鳥取大、佐賀大、北陸先端科学技術大学院大
国歌の演奏や独唱をした:宇都宮大、東京学芸大、東京海洋大、島根大、九州工業大

一見して教育系大学が目立つ。とりわけ君が代に関しては多い。東京都などの処分と裁判の流れを受け、学生の就職など諸事情を考慮したものだろうと想像できる。また、教員養成系は昨今の文科省の削減圧力の焦点となっているため、より恭順の意を表する傾向が強いのだろうとも思われる。

国旗・国歌:声楽教員が「独唱」 苦肉の対応も - 毎日新聞(2016年5月1日 08時30分(最終更新 5月1日 08時30分))

 昨年まで国旗掲揚だけをしていた宇都宮大は、要請を契機に改めて式のあり方を検討し、国歌も組み込むことに決めた。ただ、全員で歌う「斉唱」ではなく、声楽を専攻する教員が壇上で歌う「独唱」をした。「出席者への強制にならないよう配慮した結果」と説明する。

 今春から国旗掲揚を始めた和歌山大は、卒業生の出身国や提携先の大学がある13の国旗(日の丸を含む)をすべて壇上に掲げた。海外の大学を参考にしたといい、外国籍の学生に配慮したものとみられる。

 豊橋技術科学大は、国歌斉唱の実施を検討したが、外国籍の学生への配慮などから見送った。一方で「税金で運営されており、納税者への感謝を示すことは重要」との結論に達し、大西隆学長が今春の式で国民への感謝の意を表明することとした。「教育研究活動を通じて国民の期待に応えていく」と宣言した。

*****************
愛知教育大:卒業式で初めて国歌斉唱 - 毎日新聞(2016年3月23日 中部夕刊)

 愛知県刈谷市の愛知教育大で23日、卒業式があり、卒業生・修了生1087人らによる国歌斉唱が初めて行われた。国立大学協会によると、少なくとも2004年4月の国立大学法人移行後、東海3県の国立大6校の入学式・卒業式で国歌が斉唱されたのは初めて。

 式場の講堂ステージには、初めて国旗も掲揚され、従来より厳粛な雰囲気。開式の辞に続いて国歌斉唱に移り、起立して歌った。斉唱は各人の判断に任され、出席者の中には歌わない人もいた。

 卒業生・修了生らからは「国立大であり、違和感は少ない」「大学の自治や学問の自由への悪影響が心配」など、賛否両論が聞かれた。白石薫二副学長は「教授会でも賛否が半々に分かれたが、執行部の責任で実施した。平穏に済み、やってよかった」と胸をなで下ろしていた。【安間教雄】

1.執行部の責任で実施
2.平穏に済み、やってよかった
文科省からの圧力に配慮したことが明瞭に出ている。
「平穏に済んだ→やってよかった」というロジックがある以上、抗議行動は必要だということになる。これは騒動にならなければ定着させるという意思表明に他ならず、異論・反論を含めて議論の場を開きつづけるという姿勢は全く見られないのだから。

*******************
岐阜大:「式典で国歌斉唱せず」 前身校の校歌尊重 - 毎日新聞(2016年2月18日 東京朝刊)

 岐阜大(岐阜市)の森脇久隆学長は17日の定例記者会見で、入学式や卒業式で国歌斉唱をしない方針を明らかにした。同大は従来、前身の旧制学校の校歌を式で斉唱しており、森脇学長は「伝統の歌を大事にしたい」と述べた。

 岐阜大は旧制岐阜高等農林学校(岐阜大応用生物科学部の前身)の校歌「我等(われら)多望の春にして」を愛唱歌としており、森脇学長は「式には愛唱歌の方がふさわしい」との考えを示した。

 昨年6月、下村博文文部科学相(当時)が国立大の学長に対し、式での国歌斉唱と国旗掲揚を要請。森脇学長はその後の記者会見で「学内でよく話し合って対応したい」と話していた。

 同大は式で国旗は掲揚している。【岡正勝】

*****************
上記の記事と重複する部分が多いが、記事後半に解説があるのでクリップしておく。

国旗・国歌:新たに15大学が実施 今春、前文科相要請うけ 国立大アンケ - 毎日新聞(2016年5月1日 大阪朝刊)

 下村博文文部科学相(当時)が昨年6月、すべての国立大(86大学)の学長に入学式や卒業式での国旗掲揚と国歌斉唱を要請した後、15大学が対応を変え、今春から国旗掲揚や国歌斉唱などを実施していたことが毎日新聞のアンケートで分かった。いずれも「大学として主体的に判断した」と答えた。うち6大学は文科相要請が学内議論のきっかけになったとした。【大久保昂、畠山哲郎】

 毎日新聞は4月、すべての国立大を対象に2015年と16年の入学式と卒業式での国旗掲揚・国歌斉唱の実施状況などについて書面で尋ね、81大学から回答を得た。福島大、東京大、東京医科歯科大、福井大、政策研究大学院大は回答しなかった。

 集計の結果、今春の式典で76大学が国旗を掲揚した。このうち弘前大、宮城教育大、信州大、和歌山大の4大学が大臣要請後に対応を変えていた。

 一方、国歌斉唱は14大学が実施。このうち今春から始めたのは、愛知教育大、兵庫教育大、奈良教育大、鳥取大、佐賀大、北陸先端科学技術大学院大の6大学。また、宇都宮大、東京学芸大、東京海洋大、島根大、九州工業大の5大学は斉唱はしなかったものの、演奏や歌手による独唱という形で、今春から式典の中に国歌を組み込んだ。

 国立大の入学式などにおける国旗掲揚・国歌斉唱を巡っては、安倍晋三首相が昨年4月の参院予算委員会で「税金によって賄われているということに鑑みれば、教育基本法にのっとって、正しく実施されるべきではないか」と答弁した。

 これがきっかけとなり、当時の下村文科相が同6月、国立大学長を集めた会議で「各大学の自主判断」としながらも、「長年の慣行により国民の間に定着していることや、国旗国歌法が施行されたことも踏まえ、適切な判断をお願いしたい」と事実上の実施要請をした。

 また、後任の馳浩文科相は2月の記者会見で、岐阜大が国歌斉唱をしない方針を示したことに対し、「日本人として、国立大としてちょっと恥ずかしい」などと述べた。一方で下村氏や馳文科相は「強制ではない」とも述べている。

 小中高校の学習指導要領には、入学式や卒業式での国旗掲揚・国歌斉唱が定められているが、大学は指導要領の対象外となっており、こうした決まりはない。

国費頼み、苦肉の対応
和歌山大、ゆかりの13カ国旗ズラリ 宇都宮大、強制避け「君が代」教員独唱

 下村前文科相の要請後に対応を変えた国立大は全体の2割弱。一方で従来の方針を維持したものの、要請に反応した大学は少なくない。

 昨年まで国旗掲揚だけをしていた宇都宮大は、改めて式のあり方を検討し、国歌も組み込むことに決めた。ただ、全員での「斉唱」ではなく、声楽を専攻する教員が歌う「独唱」をした。「出席者への強制にならないよう配慮した結果、独唱が適当と判断した」と説明する。

 今春から国旗掲揚を始めた和歌山大は、卒業式で卒業生の出身国や提携先の大学がある13の国旗(日の丸を含む)を壇上に掲げた。海外の大学を参考にしたという。

 豊橋技術科学大は、国歌斉唱の実施を検討したが、外国籍の学生への配慮などから見送った。一方で「納税者への感謝を示すことは重要」との結論に達し、大西隆学長が今春の式で「教育研究活動を通じて国民の期待に応えていく」と表明した。

 対応を変えた大学の中には、教育学部だけの大学が5大学あった。小中高校では近年、式典での国旗掲揚と国歌斉唱が定着している。ある教員養成系大学の関係者は「教育現場で当たり前になったのに、教員を育てる大学が対応しなくていいのかという議論は以前からあった」と明かす。

 国旗掲揚、国歌斉唱とも行わなかったのは、横浜国立、名古屋、京都、九州、琉球の5大学だった。

 日の丸と君が代は多くの国民に受け入れられる一方で、過去の戦争への反省や国民主権の立場から抵抗感を持つ人がいまもいる。特に君が代の斉唱が国立大に広がっていないのは、「学問の自由」をはじめとした自由を重んじる立場が影響しているとみられる。文科省も「大学の自治」を尊重し、以前は踏み込んだ働きかけはしてこなかった。

 今回の要請を無視できない背景として、資金面での苦境を挙げる専門家もいる。国の補助金に当たる「運営費交付金」は、国立大が法人化された2004年度には1兆2400億円あったが、財政難を理由に今年度は1兆900億円まで減らされた。このため各大学は、国が先端研究などに配分する「競争的資金」や民間の研究費を獲得しようと躍起だ。

 ただ、大学政策に詳しい大阪大の平川秀幸教授(科学技術社会論)は「民間資金は期待ほど集まっておらず、競争的資金を得るための研究は、国の受けがよさそうな内容に偏る傾向が広がっている」と指摘。「要請に反応したのも、資金難と無関係ではないだろう。法人化後は研究者の研究時間や論文数が減っており、国立大の疲弊は危機的な状況だ」と話す。【大久保昂】

*****************
大学での日の丸君が代問題のきっかけになった下村文科相の発言については、以前取り上げたことがある。

「わかるだろ、な?」:陰湿な強制は常に明示されない。: 思いついたことをなんでも書いていくブログ(2015年6月16日)

当時の毎日新聞の記事をクリップしておく。

国旗・国歌:国立大に要請 下村文科相 学長ら困惑 - 毎日新聞(2015年6月17日 東京朝刊)

 下村博文・文部科学相は16日、東京都内で開かれた国立大学86校の学長を集めた会議で、入学式や卒業式での国旗掲揚と国歌斉唱を要請した。さらに、文科省が8日に通知した文系学部の廃止などの組織改編を進める方針についても説明し、改めて改革を促した。補助金と権限を握る文科省からの相次ぐ求めに、出席した学長らの間には困惑が広がり、一部の教員からは「大学攻撃だ」と反対の声も上がっている。

 国旗・国歌については、安倍晋三首相が4月に国会で「税金で賄われているということに鑑みれば、教育基本法にのっとり正しく実施されるべきではないか」との認識を示していた。下村文科相は16日、「各大学の自主判断」としながらも「長年の慣行により国民の間に定着していることや、(1999年8月に)国旗・国歌法が施行されたことも踏まえ、適切な判断をお願いしたい」と要請した。

 会議後の学長らは厳しい表情。琉球大の大城肇学長は「学内で問題提起しようと思うが、かなり混乱すると思う。集団的自衛権の議論や基地問題ともリンクして、大学改革とは違う所に話が飛んでいきそうな気がする」。50年の創立以来、慣例で国歌斉唱や国旗掲揚はしていない。「個人的には棚上げにしておきたい」と複雑な心境をのぞかせた。

 滋賀大の佐和隆光学長は「納税者には(国立大としての)責任を果たすべきだと思うが、国の要請に従う必要はない」と強調した。国旗掲揚はしているが、国歌斉唱はしておらず、その方針を継続する考えを示した。

 文科省によると、今春の卒業式で国旗掲揚したのは74大学、国歌斉唱は14大学だったという。

 一方で、文科省は国立大学に組織・業務の見直しを迫っている。8日の大学への通知では、人文社会科学系や教員養成系の学部の廃止や他分野への転換を求めた。国立大は中期計画(16年度から6年間)を作り、大臣の認可を受けなければならない。

 下村文科相はこの日「これらの学問が重要ではないと考えているわけではないが、現状のままでいいのかという観点から徹底的な見直しを断行してほしい」と理解を求めた。

 複数の学長は「交付金をもらえないと困る。今後、人文社会科学系の学部の定員は減らさざるを得ない」と話した。【三木陽介、高木香奈】


« リテラ記事から「安倍叩きは朝日の社是」伝説の流れを要約。 | トップページ | 毎日新聞の連載記事:JA改革と小泉進次郎 »

日の丸・君が代、天皇制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/63569548

この記事へのトラックバック一覧です: 大学の日の丸君が代問題。毎日新聞の記事から。:

« リテラ記事から「安倍叩きは朝日の社是」伝説の流れを要約。 | トップページ | 毎日新聞の連載記事:JA改革と小泉進次郎 »