« 変わらぬ女性蔑視 | トップページ | 毎日新聞の戦争責任観についてのメモ »

2017/01/10

報道に辟易:駐韓大使日本帰国

年末年始に見たメディアはNHKと毎日新聞だけだったのだが、大概うんざり。
NHKのニュースが政府広報で、外国の脅威を叫び排外主義を煽りつつ、日本の素晴らしさを称揚し国威発揚を図る方向が強まっていることは分かっていたが、見るニュースがそればかりだとさすがに食傷する。

今日見たNHKのニュース。

1.中国軍機に対して自衛隊機がスクランブル。国境への脅威が増えているという話。

2.少女像問題で韓国側を非難する日本政府→韓国内で少女像建立が相次いでいる状況(一部学生団体の仕業という印象)→深刻な影響(韓流ブームに沸いた新大久保に閑古鳥が鳴く・訪韓観光客の激減に韓国の観光業界からも不満の声)→在日韓国人による「韓国が悪い」という声→韓国側の努力を要請しつつさらに努力するという日本政府
※この印象操作には本当にうんざり。こんな報道ばかりで韓国嫌いが増えなければ日本人は聖人君子の集まりですよ。

3.世界的に注目されるミニロケット分野でJAXAが新型ロケット開発。

毎日新聞。

毎日新聞は外国人労働者問題への報道が比較的多く、論調もまだマシと思って取りつづけているのだが、なぜか戦争責任問題についてのスタンスはほとんど安倍内閣と変わらない。世界記憶遺産の問題や慰安婦問題では、中国や韓国側への批判が主で、外交問題としてしか認識がなく、我々自身への問の投げかけという視点も被害者の人権問題という視点も重視されない。今回の日本政府の恥ずかしい対応についても、韓国側の問題だとするばかりで日本側の愚かさに言及する記事はまだ見ていない。

NHKにせよ毎日新聞にせよ右翼メディアではないはずなので、今回の少女像の問題についてはこのような論調が少なくとも日本のメディアの主流なのだろう。そして、そもそもなぜ少女像が建てられるのか、そしてなぜ少女像に対して日本政府がこれほどまでに敏感に反応してしまうのか、さらに少女像の建立が本当に日韓合意に反しているのかについて、論じる報道がほとんどない状況においては、人々が、まるで韓国人が本当に日本人憎悪に凝り固まっているかのように思ってしまっても仕方ないのかもしれない。今日のNHKのニュースに出た在日韓国人のコメントを見てそう思った。だが後で考えると、彼はそうコメントせざるを得なかったのかもしれない。


« 変わらぬ女性蔑視 | トップページ | 毎日新聞の戦争責任観についてのメモ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報道に辟易:駐韓大使日本帰国:

« 変わらぬ女性蔑視 | トップページ | 毎日新聞の戦争責任観についてのメモ »