« 部活動、生徒が教師と交渉し顧問契約を結ぶ。生徒指導部でなく生徒支援部を置く高校 | トップページ | 是枝裕和監督のカンヌ映画祭最優秀賞パルムドールの受賞インタビュー »

2018/05/20

喫煙者が敷地外で迷惑をかけるから禁煙にできないという迷惑な話。愛煙家の人々の貢献を期待したい…

教師、紫煙が目にしみる 福岡市の学校内全面禁煙 「校門の外で」に厳しい声|【西日本新聞】
2018年05月18日 06時00分

 「近所の中学校の校門前で、教職員と思われる大人がたばこを吸っている。子どもに喫煙の害を教える立場なのに、どういう意識なのでしょう」。福岡市西区に住む30代女性から、特命取材班にそんな声が届いた。他人のたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」のリスクが叫ばれており、愛煙家は肩身が狭い。教育現場ではどうなっているのか。

 無料通信アプリLINE(ライン)でメッセージを寄せてくれた女性によると、平日は朝や放課後に2~3人、土日は部活動の合間にスポーツウエア姿の男性が校門の外に出てきてたばこを吸っているという。「授業で受動喫煙の危険性も教えているはず。生徒も通る校門の前で堂々と吸える神経が信じられない」と話す。

 学校での喫煙ルールはどうなっているのだろう。

 福岡市教育委員会は2005年、公共施設に受動喫煙対策を求めた健康増進法の施行を受け、市立の幼稚園や小中高校の敷地内を全面禁煙にした。16年8月には学校敷地内のプレハブ小屋を喫煙所として使い、教職員を誘って喫煙していたとして城南区の男性小学校長を減給処分にしている。

 さらに今年2月から福岡市役所が勤務時間中の喫煙を禁止したのに伴い、学校の敷地内外を問わず、勤務時間中は禁煙を徹底するよう各学校に通知を出した。

 休憩時間の喫煙は禁じていないが、そもそも教師の場合、勤務時間との境界線はあいまい。罰則はないとはいえ、女性が目撃した「教師」たちは、ルールに抵触しているように映る。

      ■

 文部科学省が今年3月に発表した、学校の受動喫煙防止対策に関する調査では、回答があった公立の幼稚園・小中高校など約3万7千校のうち93・4%が「敷地内全面禁煙」とした。学校での禁煙は、全国的な流れとなっている。

 もっとも、自治体によって温度差もあるようだ。長崎県は敷地内全面禁煙にしている学校が51・5%と九州7県で最も少なく、生徒が近づかない敷地内の一角を喫煙所として利用している場合があるという。「住宅地の学校だと、校門前で教職員がたばこを吸うと近隣から苦情があるため、苦渋の選択をしている」と長崎市教委。こうしたケースは他の自治体でもあった。

 教師の喫煙について、法政大学特任教授で教育評論家の尾木直樹氏は「喫煙の害を教える立場として自覚が足りない。ストレス解消のためというのは言い訳にならず、教師は生徒の手本にならなければいけない」と手厳しい。尾木氏自身は非喫煙者だそうだ。

 一方、複雑な表情を浮かべるのは、自身も愛煙家という日本たばこ産業(JT)九州支社の社会環境推進担当、小田桐友哉部長。「『敷地外で吸えばセーフ』ではなく、個人のモラルやマナーが問われている。職業的立場や状況、子どものことを考えて判断しなければならない」と話した。

      ■

 国立がん研究センター(東京)は、受動喫煙で肺がんになるリスクは受動喫煙しない場合に比べて約1・3倍となり、危険性が明確になったと発表した。20年東京五輪・パラリンピックに向け、受動喫煙対策の機運は高まる一方だ。

 かつての職員室では、たばこの煙が立ち込める光景は珍しくなかった。今は「通勤中の朝、車内でまとめて吸うしかない」(20代男性教師)という声も。愛煙家の教師にとって、年々つらい時代になっている。

 福岡市の50代の小学校男性教師は、30代でたばこをやめたという。「受動喫煙対策も、吸う権利も理解できる。ただ、喫煙だけを理由に、教師にレッテルを貼られるのはもったいない。職業上、それぞれが工夫しなければいけない時代でしょうね」と話した。

=2018/05/18付 西日本新聞朝刊=

掲載図:「九州地方の公立学校で実施している受動喫煙対策」((魚拓))

学校が全面禁煙にしたら、喫煙者が外で煙草を吸うようになって周辺から苦情が来るので、学校運営者が困っている……という話。

タバコは全宇宙から抹消すべきで喫煙者は殲滅してもいいのではと思うぐらいにタバコが大嫌いなので、だいぶ割り引いて聞いてもらいたいのだけれど、今の世の中、要するに、喫煙行為はどこでも迷惑になっているということだと思う。

ニコチン中毒、ニチコン依存症で、吸わずにいられない人からすれば、敷地から追い出されてやむを得ず外で吸ったらそこでも「迷惑だ」と言われて追い出される、被差別の流浪の民 exile みたいに思うのも無理はない。ただ、周辺からすれば煙と臭いが流れてくるし、ポイ捨てされた吸い殻ゴミが散らばるしで「あの学校(会社)の人たちが……」と腹が立つのももっともなことだ。じゃあ構内禁煙が悪いのかと言えば、その迷惑行為が学校・会社の中に移って外から見えなくなるだけのことで、やっぱり迷惑がなくなるわけではない。

愛煙家の人々はこういう話を健康ファシズムだと言うけれど、今問題になっているのは副流煙被害がメインで、「吸いたい人が吸うのは構わない、でも煙草が苦手な人には迷惑をかけないでほしい」ということだと思う。つまり、お互い上手に棲み分けましょうという話であって、今までは煙草が苦手な人への配慮があまりなかったから配慮の範囲を増やしましょうということなのだと思う。論理自体はマイノリティの権利尊重みたいな話に近い。

要するに現在議論になっているのはタバコを吸いたい人とタバコから逃げたい人との間の利害調整という問題なのだけれど、嫌煙家の私からすれば、今の分煙対策は、どうも嫌煙家の方からの持ち出しが多くて、愛煙家の人々からの貢献はあまりないように感じている。

例えば、構外に愛煙家の人々が出るとか通勤経路で歩きタバコをするとかでて近隣に迷惑をかけ、会社や学校にクレームが来る。この謝罪やマナー向上の取り組みは、愛煙家の人ではなくて管理者がやるわけだし、分煙施設の建設や維持管理、喫煙所の周辺に棄てられた吸い殻の掃除も管理者の負担で行うわけである。なのに、嫌煙家の側から見ると、愛煙家の側から「タバコを愛するからこそモラルを持とう、費用を出そう、掃除もしよう」というような運動はほとんど見られず、ただ分煙の厳格化に不平を並べているだけのように感じてしまう。公害や迷惑のような利害調整においては、迷惑をかける側がその迷惑の補償として費用を負担という方法と、迷惑を受ける側が防衛策として費用を負担するという方法の二通りがありえるのだけれど、現在の分煙対策においては、どうも後者の要素が強いのじゃないか。もう少し、愛煙家の側から副流煙被害を防止するための積極的な貢献を期待したいところである。


« 部活動、生徒が教師と交渉し顧問契約を結ぶ。生徒指導部でなく生徒支援部を置く高校 | トップページ | 是枝裕和監督のカンヌ映画祭最優秀賞パルムドールの受賞インタビュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/66739896

この記事へのトラックバック一覧です: 喫煙者が敷地外で迷惑をかけるから禁煙にできないという迷惑な話。愛煙家の人々の貢献を期待したい…:

« 部活動、生徒が教師と交渉し顧問契約を結ぶ。生徒指導部でなく生徒支援部を置く高校 | トップページ | 是枝裕和監督のカンヌ映画祭最優秀賞パルムドールの受賞インタビュー »