« 是枝裕和監督のカンヌ映画祭最優秀賞パルムドールの受賞インタビュー | トップページ | 会社ぐるみで一人の従業員を監視、異常な記録を堂々と労働審判に提出 »

2018/05/20

大学非常勤・期限付き教員の割合

大学教員、半数は非常勤 常勤も4分の1が「期限付き」:朝日新聞デジタル
5/20(日) 11:45配信

 全国の大学の教員のうち約半数は非常勤で、常勤の専任教員も約4分の1が「特任」「特命」などの形で任期付き雇用となっていることが、朝日新聞と河合塾の共同調査「ひらく 日本の大学」で分かった。一般企業と同様、非正規や有期雇用が増えている形で、教育や研究の安定とともに、こうした教員の処遇が今後の課題となりそうだ。

 調査は昨年、国公私立大751校を対象に実施した。この質問に回答した659校の教員をみると、本務者(専任教員)は16万9458人、兼務者(非常勤教員)は延べ16万9164人でほぼ同数。ただ、非常勤教員は複数の大学をかけ持ちしている例もあり、延べ人数となる。また、専任教員のうち、任期付きは4万4401人だった。任期なしの専任教員は12万5057人で、全体に占める割合は約36・9%だった。

 非常勤教員の割合を国公私立別…

掲載図:「大学の教員数の推移」(魚拓

今回の調査は実数ではない。延べ人数。
どこかの大学の教員があちこちで非常勤をしていたりするし、一人で複数校を掛け持ちしたりするから、単純に回答を合計しても実数は分からない。
同じ大学で複数の科目を持つのも普通なので、個別大学の回答も、非常勤担当の授業数なのか、講師が何人いるのかで変わってくる。今回は後者のようだ。

特任教員などの場合、他に本業を持っている場合もある。
問題が深刻なのは非専任非常勤の人で、こちらは非常勤講師組合の調査があるような気がする。


« 是枝裕和監督のカンヌ映画祭最優秀賞パルムドールの受賞インタビュー | トップページ | 会社ぐるみで一人の従業員を監視、異常な記録を堂々と労働審判に提出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/66740705

この記事へのトラックバック一覧です: 大学非常勤・期限付き教員の割合:

« 是枝裕和監督のカンヌ映画祭最優秀賞パルムドールの受賞インタビュー | トップページ | 会社ぐるみで一人の従業員を監視、異常な記録を堂々と労働審判に提出 »