« 中国の統制:弁護士の自主性を抑圧する制度 | トップページ | 天皇制、教育学、文科省、保守系教育運動のちょっとしたメモ »

2018/07/15

公費が育てる極右・差別排外主義と、戦前志向教育運動

育鵬社支援団体に自治体の公費 1千2百万円、教育再生首長会議を経由 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
2018年7月15日 05:00

 保守系の市町村長有志でつくる教育再生首長会議(会員131人)が、育鵬社の教科書の採択拡大を目指す日本教育再生機構に事務局を委託し、その費用として2014~17年度に計約1220万円を支払っていたことが14日、沖縄タイムスの調べで分かった。石垣と宮古島の両市を含め、九州で首長が同会議に参加している全自治体は公費で会費などを納めていることも判明。公費を財源とする首長会議の資金の大半が、結果的に特定の保守系教科書の支援団体に流れている形で、公費支出の妥当性が問われそうだ。(社会部・鈴木実)

 本紙が関連自治体への情報公開請求や取材で資料を入手した。

 首長会議は、安倍政権の掲げる「教育再生」に連動し、保守系首長が中心となって14年に結成した任意団体。毎年、総会や勉強会を開いており、再生機構が事実上、その事務局を担っている。

 15年度総会では、再生機構への事務局委託金を年120万円から360万円に引き上げることを決定。その後、実際に340万~400万円を毎年支払っていた。首長会議の年間収入の7割程度に相当する額で、再生機構のスタッフの人件費や交通費、事務所維持費などに充てられている。

 再生機構は「新しい歴史教科書をつくる会」の分裂でできた団体の一つで、06年に発足。役員には育鵬社教科書の執筆・編集関係者が複数含まれる。同教科書の採択拡大を活動の柱に位置付け、会報などで呼び掛けている。理事長は、安倍晋三首相の政策ブレーンとして知られる八木秀次・麗澤大学教授。

 九州で首長会議に参加している7県21首長の自治体に本紙が情報公開請求などで照会したところ、全ての自治体が年会費や勉強会参加費などを公費で支払っていた。

 沖縄大学の仲地博学長(行政法)は「特定の教科書と密接な関係にある団体を支援するため、首長会議がいわばトンネル団体のような形で使われていると疑われかねない。委託先や委託金額が適切なのか、市民目線での検証が必要だ」と指摘した。

 一方、首長会議の事務局は「再生機構に委託金を支払ってはいるが、特定の教科書を支援しているわけではない。本年度から委託そのものをやめることも検討している」と話した。


掲載図:「教育再生首長会議を巡る資金の流れ((魚拓))」


教育再生首長会議(会員131人)
保守系首長が中心となって14年に結成(任意団体)
九州で首長が参加している全自治体(7県21首長)は公費で年会費や勉強会参加費などを納めている

日本教育再生機構に事務局を委託(2014~17年度に計約1220万円)

15年度総会で、事務局委託金を年120万円から360万円に引き上げた。
その後340万~400万円(首長会議の年間収入の7割程度)を毎年支払っていた。

公費を財源とする首長会議の資金の大半が、特定の保守系教科書の支援団体に流れている。
首長会議がいわばトンネル団体
(実際、首長会議の収入の7割を再生機構に支払っているのだからトンネル団体と言って差し支えないだろう。)

※日本教育再生機構
育鵬社の教科書の採択拡大を目指す
理事長は安倍晋三首相の政策ブレーンとして知られる八木秀次・麗澤大学教授。

自称「保守」の人たちに共通するのは、
(1) 税金や公共財産を仲間内で食べてしまうこと、
(2) その私物化に対して全く恥だと思わない心情、
のようだ。

他人には献身を要求し(滅私奉公)、そして自分たちは私利に走って恥じるところがない。
これを日本では「愛国」だとか「保守」だとか「日本の美徳」だとか言うのだそうだ。

これらの人々を私が信用しない大きな理由がこの下劣さにある。

そして、日本の右翼という人々は、かつて本島長崎市長を銃撃したり、朝日新聞社を襲撃したように、権力から圧力を加えられながらも筋を通して主義を貫く人々は襲撃するくせに、これらの(彼らの言葉を借りれば)真の国賊と言うべき存在には、テロルどころか一切の批判・反対運動すら行わない。
私が日本の右翼という人々を信用しない大きな理由がこのご都合主義にある。

右翼の人々は、首長会議メンバーの役所前で、せめて教研集会前で例年やっているレベルの街宣ぐらいやってはどうか。まあ絶対にやらないだろうけれど。

実に唾棄すべき人たちである。


« 中国の統制:弁護士の自主性を抑圧する制度 | トップページ | 天皇制、教育学、文科省、保守系教育運動のちょっとしたメモ »

日の丸・君が代、天皇制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公費が育てる極右・差別排外主義と、戦前志向教育運動:

« 中国の統制:弁護士の自主性を抑圧する制度 | トップページ | 天皇制、教育学、文科省、保守系教育運動のちょっとしたメモ »