« 東京オリンピック、大東亜戦争となる。 | トップページ | 宗教国家では教義に反対することは許されない。 »

2018/07/25

入管、局から庁へ。外国人単純労働者の大量受け入れを本格化か。

入管人員の大幅増も。

本格的な移民政策、日本社会への定着支援が必須。
言語、文化ともに対応力ある人が大量に必要になる。

それにしても財界の要求には本当に忠実だなあ、安倍政権。

入管局「庁」に昇格へ 政府 外国人受け入れ拡大で  :日本経済新聞
2018/7/25 1:30

 政府は2019年4月に始める外国人労働者の受け入れ拡大に備え、法務省の入国管理局を外局となる庁へ格上げする方針だ。定員を大幅に増やし、外国人労働者の受け入れを一元的に担う司令塔に位置付ける。秋の臨時国会に関連法案を提出し、来年の発足を目指す。

 入国管理局は主に外国人の在留管理を扱う法務省の部局で、技能実習制度による実習生といった労働状況の監督にもあたっている。政府は19年4月から単純労働も含めて50万人超の新たな労働者に門戸を開く計画。現在の組織では対応は難しいと判断した。

 法務省は8月末にある19年度予算案の概算要求で、定員増に必要な経費の計上を求める。新たな組織は在留管理を徹底し、外国人労働者の拡大に伴う治安悪化など受け入れ側の懸念や不安の解消につなげるのが目的だ。

 業種や職種、在留資格ごとの就労状況を把握する仕組みをつくる。受け入れ企業が在留資格の手続きをインターネットで簡単に申請できるようにする。

 急増する外国人観光客が円滑に入国できるような環境も整える。空港などの待ち時間を短縮し、観光客の増加も促す。


首相、外国人労働者受け入れへ政策総動員  :日本経済新聞
2018/7/25 0:00

 安倍晋三首相は24日の関係閣僚会議の初会合で、外国人労働者の受け入れ拡大を指示した。秋の臨時国会に入国管理法改正案を提出し、年内に日本語教育や生活支援の総合対策をつくる。法務省入国管理局を外局となる庁へ格上げし、体制を整える。2019年4月の本格受け入れを目指し政策を総動員する。外国人労働者の受け入れ政策は大きな転換点を迎えた。

 「即戦力となる外国人材を幅広く受け入れていく仕組みを構築することが…

政府:「入国管理庁」検討 外国人労働者の受け入れ拡大へ - 毎日新聞
2018年7月24日 22時39分

 外国人労働者の受け入れ拡大に向けて在留資格の新設を準備している政府が、法務省入国管理局の組織再編を検討していることが明らかになった。上川陽子法相は24日の閣議後記者会見で「『入国管理庁』のような外局を設けることも含め、組織体制・人員確保について速やかに検討を進める」と述べ、来年4月を予定する新在留資格の導入に合わせた改編を目指す意向を示した。

 政府は6月に閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)に外国人労働者の受け入れ拡大方針を盛り込んだ。新在留資格は、最長5年間の「技能実習」を終えた外国人▽一定の技能を身につけた外国人--を対象に、最長5年間の国内での就労を認めるもので、深刻な人手不足に悩む建設、農業、介護、造船、観光(宿泊)などでの受け入れを想定。秋の臨時国会に入管法改正案を提出する方針だ。

 24日は首相官邸で「外国人材の受け入れ・共生に関する関係閣僚会議」の初会合も開かれ、安倍晋三首相は受け入れ業種の速やかな選定を指示。さらに「法務省が受け入れ環境整備の総合調整を担う」と述べ、同省に組織体制の抜本的見直しも求めた。これを受け、上川法相は入管局を今より独立性の高い外局に「格上げ」することも含めて検討していく方針を明らかにした。

 閣僚会議では今後、受け入れ拡大に向けた外国人支援策として、インターネットを使った日本語教材提供▽生活・就労の一元的相談窓口の設置▽医療機関の体制整備--などについて検討する。また、在留資格手続きのオンライン申請開始や、不法滞在者への対策強化といった在留管理体制の厳格化に向けた議論も進め、年内に最終的な対応策を決定する方針。【和田武士】

外国人労働者受け入れ、外食・サービスや製造業も対象に 菅義偉官房長官が言及 - 産経ニュース
2018.7.23 23:13

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は23日のBSフジ番組で、政府が経済財政運営の指針「骨太方針」に盛り込んだ外国人労働者の受け入れ拡大に向けた新たな在留資格の創設に関し、対象業種に外食・サービスや製造業などを加える考えを示した。「都市だけでなく、地方も外国人に頼っているのが現状だ。必要な分野は対応させていこうと思う」と述べた。

 政府が検討する受け入れ策では、これまで農業、建設、宿泊、介護、造船の5分野が対象とみられていた。菅氏は製造業について「中小企業から強い要請がきている」と述べた。一方で、在留期間を区切ることなどを挙げ「移民ではない」と説明した。


« 東京オリンピック、大東亜戦争となる。 | トップページ | 宗教国家では教義に反対することは許されない。 »

外国人労働者問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83801/66985896

この記事へのトラックバック一覧です: 入管、局から庁へ。外国人単純労働者の大量受け入れを本格化か。:

« 東京オリンピック、大東亜戦争となる。 | トップページ | 宗教国家では教義に反対することは許されない。 »