« 「捜査関係事項照会」の取扱いについて、とりあえずリンク | トップページ | Tカード以外のカードの個人情報の扱い »

2019/01/28

毎日新聞、辺野古反対派リスト「国が作成依頼」との警備会社の内部文書を入手。

2015年 防衛局が反対派リスト作成、監視を警備会社に依頼
2016年 沖縄タイムスがリストの存在を報道 → 政府は関与否定の閣議決定
2019年 毎日新聞が内部文書を入手 → 当事者は曖昧証言、会社は防衛省への報告を否定

毎日のスクープ。
政府はいつものように否定。企業側も否定。まあ今の政府の言うことを信じる理由はないわけで。森友に関わった建設会社も政府の嘘に荷担していたわけだし、巻き込まれた関係者でも偽証することは十分あるし。

辺野古反対派リスト「国が作成依頼」 警備会社の内部文書を入手 - 毎日新聞(2019年1月28日 03時00分(最終更新 1月28日 09時12分))

 防衛省沖縄防衛局が発注した沖縄県名護市辺野古沖の海上警備を巡り、業務を委託された警備会社の幹部社員が、米軍普天間飛行場の辺野古への移設反対派リストを作って監視するよう、防衛局側から2015年に依頼されたとする内部文書を作成していたことが明らかになった。リストの存在は沖縄の地元紙が16年に報道。政府はリスト作成の指示を否定する答弁書を閣議決定したが、会社側が記録した内容と政府答弁は食い違いを見せている。

 この警備会社は「ライジングサンセキュリティーサービス」(東京都渋谷区)。辺野古沖で移設反対の抗議活動をする市民らが、立ち入り禁止の海域へ侵入しないよう監視するなどの業務を担っていた。

 毎日新聞は、当時の現場責任者だった幹部社員名で同社代表取締役宛ての複数の「報告書」を入手した。16年5月15日付の文書には15年2月ごろ、当時の沖縄防衛局調達部次長(文書では実名)から「『反対運動を継続的に行っている人及び船舶の傾向を把握し、より安全な作業を実施してゆくために、反対派リストのようなものを作り監視してほしい』旨の依頼があり作成した」と記載されている。

 「反対派リスト」には抗議活動する市民ら60人分が顔写真付きで一覧表になっているほか、特定の市民について年齢や経歴などの情報が記された資料もある。

 文書の日付の前日にあたる16年5月14日、「沖縄タイムス」が「辺野古沖の海上警備で、警備員が新基地建設に抗議する市民の名前を特定し、行動を記録していることが分かった」と顔写真付きのリストの存在を報じた。報道を受け、現場責任者らが同日中に沖縄防衛局を訪れ、リスト作成の経緯を同局幹部らに説明。関係者は毎日新聞に「現場責任者は『次長の指示で作成した』と説明していた」と証言した。

 一方、政府は16年8月8日、仲里利信衆院議員(当時)の質問主意書を受け、「『市民の写真撮影や氏名・顔写真のリスト作成、個人情報の収集、政府への報告』を政府として指示した事実はない」との答弁書を閣議決定している。【松浦吉剛】

防衛省は指示否定
 ライジング社の幹部社員は毎日新聞の取材に、報告書の内容について「書いたかもしれません」と語り、沖縄防衛局調達部次長からの「依頼」については「(反対派の行動の)傾向をつかみなさいという指示だった」と説明した。

 一方、防衛省は「リスト作成を指示した事実はありません」とコメントした。

普天間移設問題
 1995年の米兵による少女暴行事件をきっかけに、日米両政府は96年、沖縄県宜野湾市の市街地にある米軍普天間飛行場の返還に合意。日本政府は99年に名護市辺野古への移設を閣議決定し、沿岸部に滑走路を建設する計画を進めるが、移設に反対する沖縄県との対立が続いている。政府は昨年12月に埋め立て用土砂の投入を開始。一方、移設の賛否を問う県民投票が2月24日に実施される。

写真、職歴、家族、出身校・・・ 辺野古反対派市民の情報ズラリ - 毎日新聞(毎日新聞2019年1月28日 03時00分(最終更新 1月28日 09時15分))

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、防衛省沖縄防衛局から委託され海上警備を担っていた警備会社が、移設に反対する市民ら60人を顔写真付きで一覧表にしていた。毎日新聞は「反対派リスト」を入手。家族の名前や所属政党を記されていた人もいて、プライバシーの侵害を指摘する声も出ている。リスト作成の経緯を文書にまとめた幹部社員は防衛局への提供は否定するものの、あいまいな説明を繰り返した。【松浦吉剛、山崎征克】

リストは警備艇に備え付け
 反対派リストは、2014年8月~17年11月に海上警備業務を担当していた「ライジングサンセキュリティーサービス」(東京都渋谷区)の社員らが作成。市民らが船上で抗議活動している様子を撮影し、顔写真を2枚1組にして60人分を一覧表にしていた。

 関係者によると、リストは警備艇に備え付けられていた。顔写真には通し番号が振られてフルネームが記載。氏名を特定できなかった人物については「白髭(ひげ)のもじゃ」「ぱっとしない」「クバ笠(がさ)」など独自の呼称を記しているケースもあった。

 このリストに加え、特定の市民らについては顔写真付きで経歴などを記載した資料も作成され、ライジング社の社員らが出入りする辺野古の現地事務所に保管されていたという。毎日新聞が入手した資料には、ある名護市内の女性については年齢や職業のほか、所属政党名、出身校なども記されていた。手や足を負傷しているとの情報を書かれていた女性もいた。

 沖縄タイムスが16年5月14日に反対派リストを報じて以降、ライジング社はリストを廃棄したと説明している。報道を受け沖縄4区選出の仲里利信衆院議員(当時)は「プライバシーの侵害や違法性があると思われる」と指摘。質問主意書で政府に見解をただしたが、政府は同年8月8日に「『リスト』を保有しておらず、お答えすることは困難」との答弁書を閣議決定した。

 辺野古の海上警備業務は、普天間飛行場の辺野古移設に関連し、沖縄防衛局が14年6月に桟橋などの仮設工事を発注した際の契約内容に含まれていた。工事を受注した大成建設はライジング社に警備を委託。15年7月以降は同社が防衛局から直接請け負っていた。

 リスト作成について、沖縄防衛局の指示や依頼はなかったのか。14年7月~16年6月に局長を務めていた希望の党の井上一徳衆院議員は「やっていないと思う」と語った。

「書いたかも」幹部社員
 辺野古沖の海上警備の現場責任者を務め、リスト作成の経緯を記した報告書を作成したとされるライジング社の幹部社員は今月下旬、大阪市内で毎日新聞の取材に応じた。

 「ふーん、どうでしょうね。何が聞きたいんですか」。記者が報告書を示すと、幹部社員は書面を見つめて1分ほど沈黙した後、口を開いた。質問を重ねると「書いたかもしれませんね。こんな内容あったかもしれませんね」「(代表取締役に)出したかもしれませんね」と語った。

 当時の沖縄防衛局側から反対派リストの作成を依頼されたという記載について問うと、「本当に記憶が分からないんだけど。指示と言うか、どうだろう……」と言葉に詰まることも。「その(リスト作成の)指示ではなくて『(反対派の行動を)把握しなさい』なんですよ。反対する船長を把握しておけば(動向が)分かるよねって意味で」と説明。「結果的にリストになりますよね」と付け加え、沖縄防衛局には提供していないと繰り返した。

 60人分の一覧表の作成は認める一方で、個人情報が詳細に書かれた資料は「見た記憶がない」と述べ、「(従業員が)自発的に作った可能性は否定できない」と語った。

 リストの存在を沖縄タイムスが報じた直後、経緯を説明するため沖縄防衛局を訪ねたかを問うと、「覚えていない。毎日のように、この時期会議があったから」。質問には「かもしれない」というフレーズを何度も繰り返し、記憶が薄れていることをにじませた。

 その一方で、「調達部次長の指示でリストを作成した」と幹部社員が説明したとの証言があることを伝えると、「ない。はっきりと。そこは言っていないと思う」と否定した。

 幹部社員への取材後、改めてリスト作成の経緯を同社に質問したところ、「公表されている情報を基に警備会社として取りまとめた」とし、「リストを沖縄防衛局へ提供した事実はありません」と文書で回答があった。


« 「捜査関係事項照会」の取扱いについて、とりあえずリンク | トップページ | Tカード以外のカードの個人情報の扱い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞、辺野古反対派リスト「国が作成依頼」との警備会社の内部文書を入手。:

« 「捜査関係事項照会」の取扱いについて、とりあえずリンク | トップページ | Tカード以外のカードの個人情報の扱い »